スポンサーリンク

青い影(A Whiter Shade Of Pale)~Procol Harum

A--E(T)

 「青い影」は、ボーカリストのゲイリー・ブルッカーと詩人のキース・リードを中心に結成されたブリティッシュ・ロック・バンド、プロコル・ハルムのデビュー曲であるとともに、彼らの最大のヒット・ナンバーとなった作品である。

 1967年4月にシングル・リリースされた「青い影」は、その3ヶ月後に全英チャートの第1位 へ到達、全米チャートにおいても第5位へランクインするヒットとなる。加えて、ヨーロッパ、アジアの音楽マーケットにおいてもヒットを記録するなど、世界的な規模で好調なセールスを記録する大ヒット・ナンバーとなった。

 原題は「A Whiter Shade Of Pale」邦題はこれも誤訳に近いものでShadeは影ではなく色調を意味するらしい。バンド名はラテン語で「Beyond These Things」という意味でプロデューサーの飼い猫の名をもじったものと言われている。

 また、「青い影」は、映画、TVドラマ、TVコマーシャルなどのBGMとして繰り返し使用され、曲名は知らなくてもその旋律を知らぬ 者がいないほどのポピュラリティを獲得しているほか、キース・リードの象徴性に満ちた歌詞が絵画等の美術作品のモチーフとして採用されるなど、ロック・クラシックとしての領域を越えた高い人気と評価を得ている。

 曲は、作曲者のゲイリー・ブルッカーがヒントを得たと言われるヨハン・セバスチャン・バッハのカンタータ第114番からの主題に基づくオルガン演奏によって開始される。 直後にゲイリー・ブルッカーのボーカル・パートがスタートしてオリジナルの旋律へ引き継がれるが、この部分においてもバッハ特有の下降ラインがベース・プレイによって描き続けられ、この曲が一貫してバッハのテーマに組み入れられたままで展開していくことを明らかにしている。

スポンサーリンク

 繰り返されるベース・ラインとドラムスのトラックに象徴されるように、この曲の全体の構造はイントロに登場するバッハの主題によって統合される。しかも、その統合を裏付けるはずのベースとドラムスが刻むリズムは、伝統的なクラシック音楽よりも、むしろリズム&ブルースに特有のディープなうねりに近いものであり、このリズム・トラックにオルガン・プレイを加えて生み出されるクラシカルな旋律の流れとブルース・ロックを特徴づける深いリズムの融合こそが、この曲を印象深く、また、忘れ難いものにしている最大の要因と言える。

 「青い影」は、異なる音楽ジャンルの内側へ深く踏み込みながらも、同時に、自らのオリジナリティを高いレベルで保つことによってロックの表現形式に新たな可能性をもたらすものとなった。その意味で「青い影」は、ロック史上に残るヒット・ナンバーであるとともに、クラシックのフル・オーケストラとの競演を試みたムーディー・ブルースや、フルートを中心にジャズの要素を大胆に取り入れたジェスロ・タルらの同時代のロック・バンドに強い影響を及ぼした楽曲の一つとしても評価されるべきものであろう。

 この歌は旋律と詞の落差が非常に大きい。聞いた感じはバロック調で厳かというか宗教的だが、その詞は客船で船旅をしている酔っ払ったカップルがテーマらしい。R&B的要素とクラシック的要素を融合させた独特の音作りは、70年代のプログレッシブ・ロックの先駆をなしたと評されている。

スポンサーリンク

 歌詞を理解するためのキーワード

この歌詞は意味不明として有名らしいが意欲的に訳を試みたサイトを参考に理解するうえでのキーワードを2つあげておく。
the miller(粉屋)・・・ドラッグの売人のこと
My mouth by then like cardboard(ボール紙のようなボクの口) ・・・ドラッグによる強烈な脱水症状のこと

 映画にも使われることが多く、「再会の時」「奇跡の海」「ザ・コミットメンツ」「ニューヨーク・ストーリーズ」などの他日本のTVドラマ「青春の門・筑豊編」のエンディングでSarah Brightmanが歌っていた。

またユーミンが荒井由実時代に最も影響を受けたアーティストとしてプロコル・ハルムの名を挙げていたようである。

Procol Harum

ユニオン・チャペルでのライブ

コメント