/** * GoogleMaps jsを追加 footer * * License: GPLv2 or later */ function add_footer_enqueue_scripts_googlemaps_js() { wp_enqueue_script( 'googlemapapi', 'https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=AIzaSyAeiwYAm_GDfPBjidr2ZVz7IF6SuqNZGJs', array(), '', true ); } add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'add_footer_enqueue_scripts_googlemaps_js', 99 );
スポンサーリンク

哀愁のアダージョ(Adagio Cardinal)~Raymond Lefevre

A--E(T)
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

 Adagio Cardinalというクラシックの曲をポピュラーソングとしてレーモン・ルフェーブルが編曲したものである。日本では69年にシングル盤として発売された。

 この頃はクラシックをポピュラーにリメイクした曲が結構ヒットしている。レーモン・ルフェーブルには他にも沢山のクラシックをポップス化した曲がある。

 スペインのクラシック音楽が原曲

 原曲はスペインのミカエル・バケス(Michael Vacquez)作のクラシック音楽。

「Adagio Cardinal」M.Vacquez

Adagio Cardinal – M. Vacquez 哀愁のアダージョ

 66年のフランス映画「寄宿舎/悲しみの天使Les amities particulieres」の主題歌にも使われた。この曲をマルティーヌ・クレマンソーがフランス語で歌っている。



マルティーヌ・クレマンソー

 マルティーヌ・クレマンソーは1949年生まれで、1967年にラジオの新人コンテストに入賞したのち、ミュージカル「その子は私だったJe fus cet enfant」の主演女優に抜擢されて華々しくデヴュー。

 ジョー・ダッサンJoe Dassinが、国内の演奏旅行のパートナーに選んだこともあり、1971年には、「恋はみずいろL’amour est bleu」の作曲者として知られるアンドレ・ポップAndré Poppが、その透きとおるように美しい声と並外れた歌唱力に惚れこんでヤマハ世界歌謡祭に出場させ、みごとグランプリを得た。

 その直後にポップは受賞曲の曲名を冠したアルバムをプロデュース。この曲の日本語歌唱も収録され、日本でもたいへん評判になった。

Martine Clemenceau

マルティーヌ・クレマンソー 「哀愁のアダージョAdagio cardinal」

スポンサーリンク



最大の功績はやはりレーモン・ルフェーブル

 やはりこの曲を広く知らしめた功績はレーモン・ルフェーブルのヒットに尽きる。

 

Raymond Lefevre(レーモン・ルフェーブル)の演奏

哀愁のアダージョ レーモン・ルフェーブル Adagio Cardinal
スポンサーリンク

その他のカバー

Danielle Licari(スキャット)

Danielle Licari – Adagio Cardinal

NINI ROSSO

NINI ROSSO THE JEWELS OF THE MADONNA 1988 05 ADAGIO CARDINAL

マルティーヌ・クレマンソー 第2回世界歌謡祭グランプリ受賞曲

ただ愛に生きるだけ(Un Jour L’amour)

Martine Clémenceau / Un Jour L'amour

スポンサーリンク



<歌詞>    Martine Clemenceau

Ah ! qu’il est doux,
De rester près de vous,
Car mon cœur ne bat plus que pour vous.
Ah ! qu’il est doux,
De marcher avec vous,
Par ici et par là, n’importe où.
Je n’ai jamais eu peur,
De montrer ce bonheur,
Et rien ne pourra m’en empêcher.
Je n’ai jamais eu peur,
De perdre ce bonheur,
Aide-moi à nous le préserver.


Ah ! qu’il est doux,
De rêver avec vous,
Au soleil des tendres rendez-vous.
Ah ! qu’il est doux,
D’oublier avec vous,
Les instants solitaires, loins de nous.


Ah ! qu’il est doux,
De chercher avec vous,
La réponse à vos mots les plus doux.
Ah ! qu’il est doux,
De rester près de vous,
Que c’est doux! Que c’est doux! Que c’est doux!

スポンサーリンク

コメント