【自殺予告ソング】アローン・アゲイン|ギルバート・オサリバン

A--E(T)
スポンサーリンク

はじめに

 アイルランド出身イギリス育ちのシンガー・ソングライターであるギルバート・オサリバン(Gilbert O’Sullivan)の代表曲がこの「アローン・アゲイン(Alone Again “Naturally”)

 72年6週連続で全米1位となった大ヒット曲である。メロディが耳に心地良いのだが歌詞の内容は自殺予告ソングであった。

曲調からかけ離れた自殺予告ソング

 「またひとりぼっちになっちゃったよ」というこの曲は、ズバリ「自殺予告ソング」である。

 あの耳を優しくくすぐるような、眠りさえ誘いかねないふんわりとしたメロディからは、まるで想像もつかない悲惨な内容なのである。

 もう何年も前から「アローン・アゲイン(Alone Again “Naturally”)」はここ日本でCMソングやTVドラマのテーマ曲などに引っ張りだこなのだった。

 フンイキだけが先行してしまう洋楽ナンバーを安直に使用するとトンデモないことになる、というお手本になりそうな曲、それがこの「アローン・アゲイン(Alone Again “Naturally”)」だと言っても過言ではない。

スポンサーリンク

予期せぬ大ヒットの背景

 全米チャートで6週間にもわたってNo.1の座を死守したこの”自殺予告ソング”が、何故にそんなに大ヒットしたのか。

 一説には、この曲はシンガー自身の実体験に基づいている、と言われているが、彼自身はそれを否定している。

 曲の主人公は、先に父を、後に母を失い、あまつさえ、結婚式の当日に花嫁に逃げられてしまうという、これ以上ないというほどの不幸を味わう男性。

 が、この曲がリリースされた1972年当時、彼の母親は健在だった。この動かし難い事実ひとつをとってみても、曲の主人公がシンガー自身を投影した人物である、という説は一瞬にして覆ってしまう。

 但し彼は、次のような言葉を残している。

 曰く「幼い頃に父が亡くなったので、父の記憶はほとんどありません。ただ、父が母に辛く当たっていたことは記憶しています」。ギルバート・オサリバン(Gilbert O’Sullivan)は、必ずしも幸せな幼少時代を過ごしたとは言えないようだ。

 では、何故に彼はここまでミもフタもない歌詞を綴ったのか? その理由の真相(或いは深層)は、直接、本人に訊ねでもしない限り判らない。

 ひとつだけ言えるのは、この曲の主人公が、とにもかくにも“塔のてっぺんから飛び降りて自殺してやる”と不特定多数の人々に向かって宣言している、ということだ。

 結婚式の当日に花嫁に逃げられた、という設定であるから、その心情は察するに余りある。

 当時、この曲が6週間も全米No.1の座に君臨したのは、メロディの美麗さも然ることながら、歌詞に共鳴した人々が大勢いたからではないか、と推測される。そしてその大半は男性だったに違いない。

 遠回しの表現が所々で顔を出す歌詞の行間を読むようにして、当時の哀しき殿方たちは、ここに綴られた言霊に涙したことだろう。

オリジナル・アルバム収録曲の差し替えなどレコード会社は大慌て

 ギルバート・オサリバン(Gilbert O’Sullivan)最初のNo.1 ヒットだが、この曲はオリジナル・アルバムには収められていなかったので、ファースト・アルバムの 「Himself 」に後からプラスされたり、日本ではセカンド・アルバムの「バック・トゥ・フロント」に収録の「クレア」(これもNo.1 ヒット)と差し替えられアルバム・タイトルも「アローン・アゲイン」とされるなど、当時のレコード会社の慌てぶりがうかがえる。

 この曲のヒットを皮切りに「クレア」、「ゲット・ダウン」などヒット曲を連発し、ビートルズが解散した後のミュージック・シーンでエルトン・ジョンと並ぶメロディ・メーカーと言われていたこともあった。

 でもMAMレコードを主催しプロデューサーでもあるゴードン・ミルズとの関係が悪化し始めた頃から失速してしまった。

スポンサーリンク

時間の流れが逆の歌詞

 この曲の歌詞は時間の流れが逆で、3番目の歌詞で父と母を既に亡くして一人ぼっちということが判り、2番目の歌詞で昨日までは割りと陽気で明るい普通の若者だった人物が、1番の歌詞では教会の結婚式で花嫁を待ちくたびれて、彼女にすっぽかされたのと周りの形ばかりの知り合いの人たちに苛立ち、自棄(やけ)を起こして身投げでもしてやろうかと考えている・・・

 でも実際には自分に無関心な人たちが教会から段々と居なくなってしまい、結局自分もまた一人ぼっちに戻る・・・といった内容である。

 歌詞の内容から言えば、TV のコマーシャルや結婚式向けではない。

 この曲はゆったりとしている割には早口で歌われ、歌詞が延々と続いて切れ目が見つけにくく、訳すのも歌うのも難しい。

 lurch と churchmuch とtouchyears と appearstaken と broken と spoken など、似たような発音の単語を並べて韻を踏んでいるので、言葉の流れを楽しめる。

ギルバート・オサリバン

デビューまで

 英国人というイメージが強いのだけれど、実はアイルランド出身

 大学在学中にバンド活動を始めた彼は60年代半ばから自分の作詞作曲した作品のデモテープをあらゆる音楽出版社に売り込んだ。

 67年にはCBSよりシングルデビューした。その2年後の69年にはトム・ジョーンズのマネージャーとして知られるゴードン・ミルズの主宰するMAM レコードと契約した。

アローン・アゲインから大ヒット連発

 翌70年にはシングル「ナッシング・ライムド」 (Nothing Rhymed)が 全英8位のヒットとなり、アルバム『ヒムセルフ~ギルバート・オサリバンの肖像』 (Himself) も全英5位になるなど一躍スターダムにのし上がった。

 そして72年シングル「アローン・アゲイン」 (Alone Again – Naturally) の大ヒットを飛ばした。

 同年グラミー賞にノミネートされた。とりわけアメリカではビルボードで6週連続1位、同年の年間シングルチャートでは2位を記録するほどの大成功を収めた。

スポンサーリンク


 同時期に発売されたアルバム『バック・トゥ・フロント』も全英で№1を獲得し、その後彼は「ゲット・ダウン」 (Get Down)や「クレア」、「ウー・ベイビー」 などをはじめ、主に欧米と日本を中心に1970年代前半に、次々とヒットを連発した。

プロデューサーとの関係悪化が転機となる

 プロデューサーであったゴードン・ミルズとは家族ぐるみの親交があった(代表曲のひとつ「クレア」で歌われているのはミルズの末娘の事である)が、その後、音楽的な方向性や、さらにロイヤルティーの分配などをめぐって関係が悪化していき、ミルズとの間に決定的な亀裂が生じてしまった。

 最終的にはオサリバンがミルズを相手取って訴訟を起こす事態にまで発展してしまう。裁判自体は1984年にオサリバン側の勝訴という結果となったが(その後ミルズは1986年に51歳で死去している)、数年にわたる裁判のために音楽活動は停滞。

 人気にも翳りが見えはじめ、またオサリバン自身も半ば人間不信に陥っていしまい、1985年あたりからはチャンネル諸島のジャージー島という人里離れた島で静かに暮らしながらもマイペースに音楽は作り続けていた。

 1990年代からは音楽シーンに復帰を果たし、自らの半生をモチーフとしたミュージカルのスコアを書いたり、サッポロビールのCMのために新曲 (Taking a Chance on Love) を書き下ろしたりと、マイペースながらオサリバンらしい創作活動を続けている。

ギルバート・オサリバンのオリジナル

Gilbert O’Sullivan(ギルバート・オサリバン)

Gilbert O'Sullivan – Alone Again (Naturally)

当時のTV映像

Gilbert O'Sullivan – Alone Again (original version)

リマスター盤

Gilbert O'Sullivan Alone Again Naturally Super HQ Remastered Super Extended Version
スポンサーリンク

カバーセレクション

Sarah Vaughan

Alone Again Naturally – Sarah Vaughan

Shirley Bassey

Alone Again Naturally – Shirley Bassey

Nina Simone

NINA SIMONE Alone Again Naturally.wmv

Van Kooten en De Bie「1948」

1948 – Toen was geluk heel gewoon – Van Kooten en de Bie

スポンサーリンク


Gerard Cox 「1948」

Gerard Cox – 1948 (Alone Again Naturally)

Blue Mitchell

Alone again, naturally. Blue Mitchell

Andy Williams

Andy Williams……..Alone Again. (Naturally)

Jazz Chill

Alone Again (Naturally)

スポンサーリンク


John Lennon

Alone Again

Diana Krall

Diana Krall Alone Again (Naturally) (feat. Michael Bublé) Lyrics

Elton John and Pet Shop Boys

Elton John and Pet Shop Boys "Alone Again (Naturally) www.eltonjohnscorporation.com

Vonda Shepard

Vonda Shepard – Alone Again, Naturally
スポンサーリンク

日本では根強い人気

 彼が一時表舞台から去っていた時期にも日本では彼の人気が根強くCMやTVドラマのテーマとして使い続けられていた。

 そんな関係もあって彼の復帰後は日本市場を重視する戦略だったようである。日本で彼を愛するアーティストは多いが、なかでも有名なのは来生たかおである。

 86年には映画『めぞん一刻』のラストで『Alone Again』が使われたり、88年に日本信販のCMにも使われた。ギルバートの去就とは関係なく、日本では『Alone Again』の再ブームが起こっていた。

 来生たかおや杉真理をはじめとしてオサリバンに影響を受けた日本のミュージシャンは数知れない。また来生たかおや久保田利伸らとは曲をデュエットしている(前者とは共作も実現)。

 彼自身日本には思い入れが強いようで、先述の日本のアーティストたちとのコラボレーションや日本の企業のCMソングへの楽曲提供、更には数年間隔で来日ツアーを行うなど、近年の彼の仕事はやたらと日本がらみのものが多い。

 1993年発表の唯一のライブ盤およびLDや2005年発売の初のライブDVDも、日本で記録されたものである。テレビドラマやCM、映画などに楽曲が使用されることも多く、その都度その時点の契約レコード会社から新しいベスト盤が発売されている(原盤権は彼の会社が管理している)ためコンピレーションの類は日本国内のみで発売されたものを含め数多い。

 92年のTBSドラマでの『Tomorrow Today』のヒットや、93年の住友生命のCMのために書下ろされた新曲『Anytime』、01年のサッポロの発泡酒のCMのために書下ろされた『Taking a Chance on Love』、同年のネスレ・ヨーグルトには72年の名曲『Clair』(ゴードン・ミルズの末娘の名前)が使われた。03年には三菱自動車のEKワゴンにも『make My Day』が使用されている。そして記憶に新しいのが、04年の堂本剛くん主演の『ホームドラマ!』に『Alone Again』が使用された。

来生たかお

来生たかお – Alone Again, Naturally(1990, Nagano)

草刈正雄

草刈正雄 アローン・アゲイン 原曲キー(歌詞付き)

Maison Ikkoku OPENING

Maison Ikkoku OPENING – Alone Again

日本のTVCMー日本信販

日本信販 柴田恭兵 ♪ギルバート・オサリバン Alone Again (Naturally)

伊集院光の「おバ歌謡」に取り上げられた九重佑三子盤

 なかにし礼作詞で九重祐三子がカバーした曲については、ちょっと変わった意味でマニアの間で有名らしい。

 タモリ倶楽部でも話題になり、また「伊集院光選曲おバ歌謡」に収められているらしい。

 ここでその話題に触れている。邦題はなかにし礼による「また一人」

九重佑三子

九重佑三子 また一人(1) 1971 / Alone Again Naturally

<歌詞>

In a little while from now
If I’m not feeling any less sour
I promise myself to treat myself
And visit a nearby tower

And climbing to the top
Will throw myself off
In an effort to
Make clear to whoever
Wants to know What it’s like when you’re shattered

Left standing in the lurch At a church
where people saying My God, that’s tough
She stood him up
No point in us remaining

We may as well go home
As I did on my own
Alone again, naturally

To think that only yesterday
I was cheerful, bright and gay
Looking forward to, well, who wouldn’t do
The role I was about to play

But as if to knock me down
Reality came around
And without so much as a mere touch
Cut me into little pieces

Leaving me to doubt
Talk about God in His mercy
Oh, if He really does exist
Why did He desert me?

And in my hour of need
I truly am, indeed
Alone again, naturally

It seems to me that there are more hearts
Broken in the world that can’t be mended
Left unattended
What do we do?
What do we do?

Alone again, naturally

Now, looking back over the years
And whatever else that appears
I remember I cried when my father died
Never wishing to hide the tears

And at sixty-five years old
My mother, God rest her soul
Couldn’t understand why the only man
She had ever loved had been taken

Leaving her to start
With a heart so badly broken
Despite encouragement from me
No words were ever spoken

And when she passed away
I cried and cried all day
Alone again, naturally
Alone again, naturally

キーワード

leave (person) in the lurch: (人を)見殺しにする
She stood him up (stand up:すっぽかす、待ちぼうけを食わす):教会での結婚式をすっぽかされて、花嫁(彼女)がいつまで待ってもやって来なくて、花婿(自分)は一人取り残され、集まった人たちも所在なさそうにして・・・それで自棄(やけ)を起こして塔のてっぺんから飛び降りようと考えている
you’re shattered (shatter: 打ち砕く、害する 英話:ぐったりする、くたくたになる):ここは意味の判りにくいところだが、身投げすることで形だけ結婚式に集まっている無関心な人たちを見返してやろうということ。

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
【30日で弾ける初心者向けピアノレッスン 3弾セット】
【楽器つき初心者向けウクレレ講座】
オンラインレッスンに特化して10年!経験と実績で選ばれ続けるギター教室です!

スポンサーリンク

コメント