スポンサーリンク

ナオミの夢(Ani Holem Al Naomi)~Hedva & David

A--E(T)
スポンサーリンク

はじめに

イスラエル軍出身のデュオグループとして65年プロデビュー。ヘドバは女性でダビデは男性。原曲のヘブライ語題名は「Ani Holem Al Naomi(I Dream of Naomi)」

作曲デビッド・クリボシェ(DAVID KRIVOSHEI)、作詞Tirzah Atar(ティルザー・アタール)

A

Hedva & David(ヘドバとダビデ)

イスラエル軍の音楽隊で知り合い、退役後の1965年にデュオグループとしてプロデビュー。1967年B面のみという変則シングル(A面は同曲のハーモニカ演奏)という「哀愁のイエルサレム」を出している。

女性はヘドバ・アムラニ (1944年3月24日 – )でイスラエル生まれ。祖父母はイエメンからの移民。解散後はヨーロッパを中心にソロ歌手として活躍。医師ダドリー・ダノフと結婚。現在はアメリカ在住。

男性はダビデ・タル(1942年2月24日 – 1999年?月?日)でロシア人の父とポーランド人の母の間にフランスで生まれる。後に麻薬中毒で死去。

「ナオミの夢」の大ヒットでその後、「幸せは夢でなく」(71年5月発売)、「朝もやのなか」(同10月)をリリースしたが、それぞれ2万枚の売り上げにとどまり、いわゆる“一発屋”として、日本の芸能界からは姿を消していった。1970年代後半に解散。

時折、懐かしの歌番組のゲストとして登場することもあったが、ダビデは99年に麻薬中毒で急死したという一報が日本にも伝えられた。歌手として一世を風靡した時代が忘れられず、さまざまな商売にも手を出したがうまくいかなかったという。

スポンサーリンク

オリジナル曲の誕生

70年11月に行われた第1回東京国際歌謡音楽祭(後の世界歌謡祭)でイスラエル代表として出場した男女2人組が見事グランプリを獲得した。

26歳のヘドバ・アムラニ(女性)と2つ年上のダビデ・タルが歌ったのは、イスラエルのコーヒーのCM用にデビッド・クリボシェが作曲し、ティルザー・アタールがヘブライ語の歌詞を付けたもの。しかし当初は本国でヒットしなかった。

グランプリを獲得したことで、レコード会社が発売を決め、帰国直前の2人を引き止め、ほとんど意味を教えずに日本語の歌詞を覚えさせて1週間そこそこでレコーディング。

片桐和子が日本語の歌詞をつけた。B面にイスラエルで歌っているヘブライ語バージョンを入れることを条件に、翌71年1月25日に「ナオミの夢」としてリリースした。

これが見事60万枚を超える大ヒットとなり、オリコンチャートで1971年4月から5月にかけ4週連続1位を獲得した。ちなみに71年の年間オリコンチャートで5位に入っている。この年の第1位は小柳ルミ子の「わたしの城下町」

なお「ナオミ」は日本人の名前ではなく旧約聖書にも登場するヘブライ語で「幸せ」を意味する言葉で、欧米ではポピュラーな名前らしい。



Hedva & David(ヘドバとダビデ)

חדוה ודוד – חולם על נעמי

音楽祭の映像と思われるヘブライ語バージョン、画質・音質不良

דוד קריבושי-אני חולם על נעמי-חדווה ודוד

ヘブライ語バージョン

אני חולם על נעמי.wmv

日本語バージョン

Hedva & David / ナオミの夢 (日本語)

英語バージョン

I Dream Of Naomi – HEDVA & DAVID

スポンサーリンク



タイトルはヘブライ語でヘドバとダビデのようだが、声がどうも違うような気がする。気のせいかもしれないが女声は由紀さおりの声に似てるものの未確認。由紀さおりが2013年にこの曲をレコーディングしていることは確認。

אני חולם על נעמי – חדוה ודוד (הגרסה היפנית)

デュオ解散後の活動

1993年となっているので解散後に何かのイベントに二人が出演して歌っている映像。2:40から日本で1970年の音楽祭でグランプリを獲得し、その後の日本のTVで活躍した頃の映像が使われている。6:28からは「ナオミの夢」を歌っている。

דוד קריבושי-חדוה ודוד רבקה מיכאלי

1978年頃のユーロビジョンと思われる。同じ曲をペレス元大統領の87歳の誕生日でも歌っている。この動画のようにChedvaと表記される場合もあるようだが、これはヨーロッパ(特にフランス人?)向けだろうか。

Chedva Amrani – Belev Echad

2011年LAでのヘドバ単独ライブ

I Dream of Naomi – אני חולם על נעמי – Hedva Amrani – "My Israel" concert

スポンサーリンク



コメント