スポンサーリンク

アズ・ティアーズ・ゴー・バイ(As Tears Go By)~Marianne Faithfull,The Rolling Stone

A--E(T)
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

 50周年を記念してライブツアーをするという報道があったからという訳ではないが、今回はローリング・ストーンズのミック・ジャガーとキーズ・リチャーズ共作の作品。

 当時ミック・ジャガーの恋人であったマリアンヌ・フェイスフル(Marianne Faithfull)に贈ってヒットし、後にセルフカバーもした。

 「涙あふれて」という邦題もあるが、僕の記憶には残っていなかったので採用しない。

マリアンヌ・フェイスフルのデビュー曲

 64年マリアンヌ・フェイスフルのデビュー曲で全英9位全米22位のヒットとなった。

 父親が大学講師、母親がオーストリアの貴族出身という家系、修道院付属の女学校寄宿舎育ちの彼女は、16才の時ケンブリッジ大学の学生ジョン・ダンバーと恋仲になる。ジョン・ダンバーの友人ピーター&ゴードンの誘ったパーティに二人で出席したところ、ローリング・ストーンズのマネージャ兼プロデューサー、アンドリュー・ルーグ・オールダムが一目でアイドル性を見出し彼女をデビューさせるために二人を口説き落とした。

 その結果、64年6月にこの曲でデビュー、2作目のシングルは不発だったが65年1月のサード・シングルが全英4位全米28位のヒットとなりトップアイドルの仲間入りを果たす。

 65年5月にはジョン・ダンバーと結婚。その後もヒットを飛ばし11月には子供を生んだ。しかし翌66年にはミック・ジャガーと恋仲であることが発覚、67年2月には麻薬不法所持で逮捕と続き人気が急落する。あまりにドラッグに手を出す彼女にミック・ジャガーも手を焼き、ついに70年には破局を迎える。もっと詳しくはここ。

BYRD'S SELECT MUSIC:"Marianne Faithfull" Marianne Faithfull

 

 映画界からも声がかかっていくつか出演したが、特に68年のアラン・ドロン主演映画「あの胸にもういちど」ではドロンと不倫に身を投じるヒロインを演じた。全裸に黒のライダースーツでバイクに乗るシーンがあり、これが「ルパン三世」峰不二子のモデルになったといわれる。

Girl on a Motorcycle (1968) Trailer

スポンサーリンク



初オリジナル曲誕生経緯

 初めてのオリジナル曲をミック・ジャガーとキース・リチャーズに作らせるために、マネージャーのオールダムがこの悪ガキ二人をキッチンに鍵をかけて閉じ込めた話は有名。

 この時に作った最初のオリジナル曲の一つがこの曲で、ビートルズのイエスタディと対比される名曲が生まれた。

 リチャーズ曰く「作った時はひどい出来だったけど、でもやってみれば出来るってことがわかったよ」

Marianne Faithfullの映像

65年TV(Hullabaloo London)

Marianne Faithfull As Tears Go By Hullabaloo London 1965

足がガタガタ震えながら歌ってたと自分で回想した頃のTV

Marianne Faithfull – As Tears Go By (1965)

アイドル時代のスライドショーが充実

As Tears Go By Marianne Faithfull
スポンサーリンク

デビューから最近までのスライドショー

As Tears Go By, Marianne Faithfull (lyrics on the right)

黒のライダースーツ姿もあるスライドショー

YouTube

66年の映画「Made In U.S.A.」の中でアカペラで歌っている

Made in U.S.A. (Jean-Luc Godard) – Marianne Faithful

73年TV

marianne faithfull – as tears go by

スポンサーリンク



底辺からの復活

 酒とドラッグのスキャンダルによるイメージの崩壊、薬物依存症の悪化により大きな人生の暗転を迎えた彼女が、芸能界からの凋落の底辺においても歌うことを忘れず、再び静かに復活する。彼女の半生の経験によって歌に深みを与え、彼女の人生を反映した歌になっていると述べているブログがある。

涙あふれて – マリアンヌ・フェイスフル特集:As Tears Go By – Marianne Faithfull – マジックトレイン・ブログ
一緒に歌える 洋楽ブログ (FC2) 244. As Tears Go By 涙あふれて ('87 ヴァージョン)
少し懐かしい洋楽を、YouTubeで聴けるようにしました。 歌詞と対訳付きで一緒に歌えます。

 実はこれを書くまではアイドル時代の彼女しか知らなくて、復活後の歌唱を今回初めて聞いたのだが、あまりのイメージ落差に拒否反応があった。しかしお世辞にも歌唱力があるとは思えない歌であるが、何回か聞いているうちに心に訴えるものを感じるようになった。

 好みは分かれるであろうが復活後の彼女の歌唱をどうぞ

酒とドラッグで焼けた喉で歌う90年セルフカバー

YouTube

05年ライブ

Marianne Faithfull – As tears go by [Live, 2005]

09年ロンドンでのライブ

Marianne Faithfull – As Tears Go By
スポンサーリンク

コメント