スポンサーリンク

カレンダーガール(Calendar Girl)~Neil Sedaka

A--E(T)
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

 61年ニールセダカの全米4位のヒット曲。この曲も作詞のハワード・グリーンフィールドとのコンビでニール・セダカの作曲。

 日本でも星加ルミ子訳詞、ダニー飯田とパラダイス・キング(メインボーカルは坂本九)の歌唱で大ヒット。「今週のベスト・テン」において、1961年4月から8月にかけてランクイン、5月にベスト・ワンに輝くと8週連続トップに輝きニール・セダカとしては『恋の片道切符』以来の爆発的な大ヒットになった。


カレンダーガールとは

 シナトラやドリス・デイなどの大人のスンダード的なポップスに対してニール・セダカやコニー・フランシスの登場により、どちらかといえばローティーン向けの能天気な楽曲が多くなって、ポップスのターゲットが低年齢とへ進んでいくことになる。 (悪く言えば幼稚化)

 カレンダーのピンナップ・ガールといえばちょっとセクシーなモデルを想像してしまうが、歌詞にもあるように16歳の可憐な女の子のようで、これもまさに低年齢狙いなのだろう。

 戦後アメリカの大衆文化である「ピンナップ」に取材したもので、カレンダーの理想の恋人であるピンナップ・ガールのようなセクシーな恋人との明るい恋愛を歌ったもの。あるいは単純に空想の世界での願望としての恋愛感なのかもしれないが、1950年代後半から1960年代初めの、時代の気分を作品にしたニール・セダカの豊かな感性が素晴らしい作品。



Neil Sedaka(ニール・セダカ)

プロフィール

 ニール・セダカ(Neil Sedaka)はアメリカのロックンロール、ポップスの歴史に大きな足跡を残しているシンガー・ソングライター。

 1960年代のブリティッシュ・インヴェイジョン(The British Invasion)によりアメリカの50年代のロックンロール、ポップスは大きく影響を受けた。これにより既存のロックンロール、ポップスの歌手は一時代前の流行として、急激に人気を失った。

 第二次世界大戦後の1950年代は、祖国に帰還した若い従軍兵士たちが新しい価値観を持って社会に影響を及ぼした時代で、それらの人たちが新しい音楽であるロックンロールを世代の音楽として流行させた。

 1958年にコニー・フランシスに提供した 「 間抜けなキューピッド ( Stupid Cupid ) 」 が14位のヒットとなり注目される。同年にRCAレコードとソロ歌手として契約を結び 「 恋の日記 ( The Diary ) 」 (14位) ・「 おゝ・キャロル 」 (9位) ・ 「 カレンダー・ガール 」 (4位) ・ 「 すてきな16才 」 ・ 「 小さい悪魔 」 (全米11位) ・「 悲しき慕情 ( Breaking Up Is Hard To Do ) 」 (1位) ・ 「 可愛いあの娘 ( Next Door To An Angel ) 」 (6位) などをチャート・インさせ、ポール・アンカと並ぶ、誰もが忘れられない全米のオールディーズ・トップアイドルとなった。

間抜けなキューピッド(Stupid Cupid)~Connie Francis
コニーのデビューは55年で、しばらくの低迷後58年にリリースした11枚目のシングル「Who’s Sorry Now」が、あっという間にミリオンセラーを記録。同年立て続けにヒットを飛ばした中の1曲がこの曲。この頃日本ではコニーはまだ無名で殆ど注目されていなかった。
恋の日記(The Diary)~Neil Sedaka
この曲は元々他のグループに提供したものをセルフカバーしたものである。名実ともにシンガー・ソングライターとしての出発点となった曲。日本でもこのメロディは愛されて持ち歌にしていた歌手は数多かった。中でもハイ・ファイ・セット(山本潤子)が出色の出来栄え。
おおキャロル(Oh! Carol)~Neil Sedaka
タイトルの「キャロル」とは友人のシンガーソングライター 「 キャロル・キング 」ことであることは有名。二人はブルックリンの幼馴染で、学生時代に後輩のキャロルに捧げたもの。発表当時彼女は人妻であったばかりか彼女はこの曲に対して「オー・ニール」というアンサーソングを作った。
すてきな16才(Happy Birthday Sweet Sixteen)~Neil Sedaka
16才になった幼なじみの女の子が、驚くほど素敵なレデイになっていたという内容のローティーン向けの陽気な楽曲。日本においては62年4月から5月にかけてのランクインで、最高位は8位。ニール・セダカ&ハワード・グリーンフィールドの才能の結集。
小さな悪魔(Little Devil)~Neil Sedaka
作曲ニール・セダカ、作詞ハワード・グリーンフィールドのコンビ作品。好きになった小悪魔のような彼女を天使にするんだというような内容。日本では藤木孝、飯田久彦、斉藤チヤ子等がカバー。かなり後になってキャンディーズもカバー。
悲しき慕情(Breaking Up is Hard To Do)~Neil Sedaka
ニール・セダカは60年代初頭と70年代半ばにキャリアのピークを二つ持っているが、そのそれぞれの時期に同じ曲を異なるアレンジで全米TOP10に送り込むという離れ業を達成している。ところが日本では彼の作品の中でも認知度が低く、むしろカーペンターズのカヴァーの方が知られている。
可愛いあの娘(Next Door to an Angel)~Neil Sedaka
62年にハワード・グリーンフィールドとニール・セダカの名コンビによる最後のヒット曲。全米5位にまでランクされた明るく楽しい楽曲なのだが、日本ではヒットしなかった。日本では印象的なスキャットがそのまま使われたザ・ダーツの「ケメ子の歌」がヒット。

スポンサーリンク



 それからのニール・セダカはシンガーとしてもソングライターとしても大活躍する事となる。この時期の彼は日本での人気もとても高く、日本だけのヒット曲としては 「 恋の片道切符 」 ・ 「 悲しきクラウン 」 ・「 恋の一番列車 」他多数。

恋の片道切符(One Way Ticket)~Neil Sedaka
60年「おお!キャロル」のカップリング用B面曲として作られた。作詞作曲はハンク・ハンターとジャック・ケラーの共作。歌詞中に当時の全米ポップヒットの題名を織り込んでいる。日本で大ヒットしたため、多数の日本語カバー競作盤が出た中で平尾昌晃のものが定番となった。
悲しきクラウン(King of Clowns)~Neil Sedaka
全米では最高45位だったが日本では大ヒット。これも名コンビによる作品だが、珍しくちょっと自嘲的な楽曲。愛する女性に去られ、涙を隠してピエロを演じている自分を「道化の王様」と自嘲気味な男心を歌った失恋ソング。日本では伊東ゆかりが定番。
恋の一番列車(Going Home To Mary Lou)~Neil Sedaka
アメリカでは61年にリリースされたアルバムに収録されていたもののシングル発売はされなかった。日本の「今週のベスト・テン」においては、61年12月から翌年4月にかけてランクイン、最高位は3位のヒットであった。愛しい恋人の待つ故郷へ胸を弾ませて帰っていく内容。

 1960年代は戦後のベビーブーマー世代がティーン・エイジャーとなり、新たな音楽として好んだのが、より複雑となったロックンロールであるブリティッシュ・ロックだった。ブリティッシュ・インヴェイジョンによって多くのロックンローラーやポップス歌手がその人気を失った時代が1960年代だった。

 ニール・セダカは、ブリティッシュ・インヴェイジョン前の1960年代を代表するシンガー・ソングライターだが、その豊かな才能を以ってしても、長い間ナツメロ・シンガーとして受け取られることになった。しかし本国アメリカとは別に、日本やイギリスでは彼の明るく健康的なメロディ・ラインは変らぬ人気を維持した。彼は日本の歌謡曲を多く作曲し、日本のポップスに貢献した人でもあった。

 不遇の時代を迎えたニールにとって比較的温かかったイギリスに活動の場を移し、地道に音楽活動を続けていた。そんなニールがやがて復活の日を迎え米国に凱旋したのが、「雨に微笑みを」の大ヒットだった。

雨に微笑を(Laughter In The Rain)~Neil Sedaka
50年代後半から60年代初頭にかけ大ヒットを連発していたNセダカだが、64年のビートルズ旋風以降は過去の人状態。止む無く英国に活動の場を移し精力的に曲作りに励み発売するアルバムは英国で高い評価だが米国発売無し。ここから米国凱旋上陸を果たしたのがこの曲。
スポンサーリンク

ニール・セダカの歌声と映像

Neil Sedaka(ニール・セダカ) オリジナル

Calendar girl-Neil Sedaka-original song-1961

ミュージックビデオ版

Neil Sedaka Calendar Girl

カバーセレクション

Petula Clark – 仏題Tout Au Long Du Calendrier (Calendar Girl)

YouTube

Sylvie Vartan – 仏題Tout au long du calendrier (Calendar girl) – 1962

Sylvie Vartan – Tout au long du calendrier (Calendar girl) – 1962

Sven-Ingvars Kvartett 1961 スウェーデンのグループ

Sven-Ingvars Kvartett – Calendar Girl 1961



日本のカバー

 日本語カバーを歌って人気が出た坂本九をとても好きだった。素敵なタイミング・悲しき50歳等毎週TVで見ていた。森山加代子とのコンビが懐かしい。

坂本九 ヒットアルバム 37:01から

坂本 九 Kyu Sakamoto's Sukiyaki and other Japanese Hits

スリー・グレイセス

スリー・グレイセス カレンダー・ガール 1961 / Calendar Girl

ミッキー・カーチス

★ミッキー・カーチス カレンダー・ガール 1961 / Calendar Girl




佐川満男

佐川満男 カレンダー・ガール 1970 / Calendar Girl

サーカス

サーカス = カレンダー・ガール ~ 恋の片道切符

西田ひかる(2曲目)

西田ひかる:カレンダーガール、西城秀樹:ラブミーテンダーなど



<歌詞>

I love, I love, I love my calendar girl
  Yeah, sweet calendar girl
  I love, I love, I love my calendar girl
  Each and every day of the year

  (January)
  You start the year all fine
  (February)
  You’re my little Valentine
  (March)
  I’m gonna march you down the aisle
  (April)
  You’re the Easter bunny
  When you smile

  Yeah, yeah
  My heart’s in a whirl
  I love, I love, I love my little calendar girl
  Every day (every day)
  Every day (every day)
  Of the year (every day of the year)

  (May)
  Maybe if I ask your dad and mom
  (June)
  They’d let me take you to the junior prom
  (July)
  Like a firecracker
  I’m aglow
  (August)
  When you’re on the beach you steal the show

  Yeah, yeah
  My heart’s in a whirl
  I love, I love, I love my little calendar girl
  Every day (every day)
  Every day (every day)
  Of the year (every day of the year)

  Whoo!

  Yeah, yeah
  My heart’s in a whirl
  I love, I love, I love my little calendar girl
  Every day (every day)
  Every day (every day)
  Of the year (every day of the year)

  (September)
  I light the candles at your sweet sixteen
  (October)
  Romeo and Juliet on Halloween
  (November)
  I’ll give thanks that you belong to me
  (December)
  You’re the present ‘neath my Christmas tree

  Yeah, yeah
  My heart’s in a whirl
  I love, I love, I love my little calendar girl
  Every day (every day)
  Every day (every day)
  Of the year (every day of the year)

  I love, I love, I love my calendar girl
  Yeah, sweet calendar girl
  I love, I love, I love my calendar girl
  Yeah, sweet calendar girl

スポンサーリンク

コメント