スポンサーリンク

別離(わかれ)(C’est Irreparable)~Nino Ferrer,Mina

A--E(T)
スポンサーリンク

はじめに

 この曲と同じ題名で別の曲がいくつかある。サザンにもあるし、他にもいくつかあるようだ。しかし今回取り上げるのはミーナが歌ってヒットした曲である。ミーナは今まで「月影のナポリ」や「砂に消えた涙」で取り上げている。

月影のナポリ(Tintarella di luna)~Mina
オリジナルの歌詞にはどこにも「ナポリ」なんて出てこないのに「月影のナポリ」。原詩では白い月の光を浴びて肌を白く焼くという何とも珍妙な歌を岩谷時子の訳詩はお得意の翻訳というより翻案だが日本でも大ヒット。森山加代子はこの曲でデビューし、いきなりの50万枚ヒット。
砂に消えた涙(Un Buco Nella Sabbia)~Mina
40年北イタリア名門の家に生まれたミーナは58年にレコード・デビューし人気歌手となった。日本では「月影のナポリ」や65年の「別離(Un anno d’amore)」と共にこの曲がヒット。イタリア本国でこの曲はシングルでは日本ほどのヒットとはならなかったものの、65年イタリアのLP売り上げではこの曲が収録されたアルバムが堂々の1位となる。

 今でもイタリアではトップスターの座にあるようだが、78年のコンサートを最後に一切TV出演等人前に出ることはなくなり、年に1,2枚のアルバム制作活動のみとなっている。

 ミーナの曲として知られるこの曲はフランスのシンガー・ソングライター、ニノ・フェレール(Nino Ferrer)の63年の作品である。フランス語の題名は「C’est Irreparable」同じくフランス語でダリダも歌っている。今回初めて聞いたのだがミーナのバージョンには無い別の味があって好きになった。

スポンサーリンク

オリジナル(フランス語)「C’est Irreparable」

作者自身の歌唱

 ニノ・フェレールは’60年代の中ごろからロックン・ロール調の曲を歌い活躍していた。彼もこの『別離(わかれ)』を自らの作詞でフランス語で歌っている。BEL-AIRに録音した最初の録音がミーナの録音のようなジャズ風のアレンジですばらしいのだが未だにCD化はされていない。バックもジャック・リューシェ・トリオが行っている

 あまり知られていない貴重な作者自身のオリジナル。フランス語の素養が無い僕には無理だがこれを聞いてると僕も是非フランス語で歌いたいと思える歌唱である。

Nino Ferrer – 「C’est Irreparable」

Nino Ferrer – C'est irreparable

ダリダも歌っている

 Dalida – 「C’est Irreparable」

Dalida – C'est irréparable

スポンサーリンク



イタリア語「Un anno d’amore」

 この曲を65年にイタリア語でミーナが題名「Un anno d’amore」として歌ったのが大ヒットとなり、日本でも越路吹雪がカバーした。当時日本では越路吹雪の持ち歌として広く知られた。僕もミーナのバージョンが元歌だと知ったのはかなり時間が経過してから。

 

Minaの大ヒットが日本に伝わった

イメージ写真スライドショーのバックにミーナのオリジナルが流れる

Un anno d'amore-Mina

迫力のある目線に圧倒される映像

Mina – Un anno d'amore – remastered stereo HQ – 1965
スポンサーリンク

日本語バージョン

ミーナ 別離・わかれ(日本語)1965 / Un Anno D'Amore

 Mina と Dalidaの歌をつなぎ合わせているが、そもそも曲調がまるで異なるので企画が成功したとは言えない。

Mina と Dalida

Mina e Dalida un anno d'amore

スポンサーリンク



日本のカバー

肝心の越路吹雪がアップされていないのはガッカリだ。

ジュディ・オング

<削除された>

長谷川きよし

長谷川きよし 別離c – Separation Kiyoshi Hasegawa

 弘田三枝子

弘田三枝子 別離 1965 / Un Anno D'amore

岸洋子

わかれ (別離)/岸洋子(本人歌唱ステージ) Yoko Kishi
スポンサーリンク

布施明

布施明 別離 1969 / Un Anno D'Amore

中村晃子

中村晃子 – 別離(わかれ)

山本リンダ

<削除された>

黒木憲

黒木憲 – 別離(わかれ)

スポンサーリンク



<歌詞>

「C’est Irreparable」

Je sais que c’est fini
Je sais mais je t’en prie
Ecoute-moi quand même
Ecoute-moi car je t’aime
Depuis qu’on s’est quittés
Je suis seul étonné
Mes jours sont tellement lents
Et vides et obsédants
Je suis seul, la nuit vient
Et je me souviens
D’un an d’amour
Les matins indolents
Les soirs de pluie
Les vacances et le vent
Et ton corps blond
De soleil et de sable
Un an d’amour
C’est irréparable
Un an d’amour
C’est irréparable
 
Maintenant c’est plus moi
Un autre est avec toi
Et toi, tu lui souris
Comme tu m’avais souri
Et ce sourire, tu vois
Je te hais pour cela
Je te hais, mais je t’aime
Au fond ça revient au même
Je t’aime, le comprends-tu ?
T’ai-je vraiment perdue ?
Un an d’amour.
Des années de regrets
Des feuilles mortes
Et le temps passé
L’automne emporte
Les rêves et les fables
Un an d’amour
C’est irréparable
L’automne emporte
Les rêves et les fables
Un an d’amour
C’est irréparable.
 
「Un anno d’amore」
Si può finire qui
ma tu davvero puoi
buttare via così
un anno d’amore
se adesso te ne vai
da domani saprai
un giorno com’è lungo e vuoto senza me.
E di notte
e di notte
per non sentirti solo
ricorderai
i tuoi giorni felici
ricorderai
tutti quanti i miei baci
e capirai
in un solo momento
cosa vuol dire
un anno d’amore
cosa vuol dire
un anno d’amore.
Lo so non servirà
e tu mi lascerai
ma dimmi, tu lo sai
che cosa perdiamo
se adesso te ne vai
non le ritroverai
le cose conosciute
vissute
con me.
E di notte
e di notte
per non sentirti solo
ricorderai
i tuoi giorni felici
ricorderai
tutti quanti i miei baci
e capirai
in un solo momento
cosa vuol dire
un anno d’amore
cosa vuol dire
un anno d’amore.
E capirai
in un solo momento
cosa vuol dire
un anno d’amore
cosa vuol dire
un anno d’amore
 
 
スポンサーリンク

コメント