スポンサーリンク

悲しき願い(Don’t Let Me Be Misunderstood)~Nina Simone,The Animals

A--E(T)
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

 歌手兼ピアニストのニーナ・シモンのために64年に作られた。作詞・作曲はベニー・ベンジャミン、グロリア・コールドウェル、ソル・マーカス。

 その後いくつものバージョンが生まれたスタンダード・ナンバー。原題は「Don’t Let Me Be Misundustood」

 65年にカバーしたアニマルズのバージョンはイギリスで3位、アメリカで15位、カナダで4位と大西洋を股にかけたヒットになった。

 この他に有名なカバーとしては77年のサンタ・エスメラルダによるディスコ・アレンジのバージョンがある。

オリジナルはニーナ・シモン

 元々は作曲家兼プロデューサーのホーレイス・オットが、後に妻となるガールフレンドのグロリア・コールドウェルが思いついた歌詞とメロディを、パートナーのベンジャミン、マーカスのもとに持ち込んだのが始まり。

 この曲は2人の手によって完成し、1964年のシモンのアルバム『ブロードウェイ・ブルース・バラード(Broadway-Blues-Ballads)』に提供された5曲のうちの1曲としてレコーディングされることになった。

 このバージョンは非常に遅いテンポでアレンジされ、ハープを含めたオーケストラをバックに、シモンが非常に個性的な彼女のスタイルで歌った。

 オットは作詞・作曲に関与したのみならず、アルバム全体のプロデュースとオーケストラの指揮もつとめた。ところが1964年にリリースされたシモンのシングルはチャートインしなかった。

 しかし時代が変わり、シャーリーズ・セロンが主演したクリスチャン・ディオールの香水のCMやポーランドのドラマでこの曲が使用されるようになった。

Nina Simone(ニーナ・シモン) 歌詞付

Nina Simone – Don't Let Me Be Misunderstood

当時の抑圧された黒人のスライドショー

NINA SIMONE- "DON'T LET ME BE MISUNDERSTOOD" (1964)

演奏中のニーナ・シモン

Nina Simone-Don't Let Me Be Misunderstood



アニマルズのカバー・バージョンが決定版

これをオリジナルと思い込んでいた人が殆どのはず。

 

 エリック・バードンは後年

「この曲はとてもポップとは言えなかったが、なぜか俺たちのところへやってきた。そして俺たちはすぐにこの曲と恋に落ちた。」

と述べている。アニマルズは、曲に自分たちのカラーであるリズム・アンド・ブルースの味付けを施し、曲のテンポを速くした。

 またオリジナルのシモン・バージョンのエンディングのフレーズを抜き出して発展させ、ヒルトン・バレンタインのギターとアラン・プライスのオルガンによる印象的なイントロのリフを考案した。このリフに導かれて、バードンのトレードマークである、深い情熱的なボーカルで歌がスタートする。

 当時のコンサートではレコードのアレンジを忠実になぞったが、バードンは後年のステージでシモン・バージョンのテイストを盛り込み、ボーカル・ラインが殆ど「語り」に近くなるまでテンポを落としたアレンジも披露している。

The Animals(アニマルズ)

Please Don´t Let Me Be Misunderstood- The Animals

Eric Burdon 1974

Eric Burdon – Don't let me be misunderstood (1974)

06年のジャズフェスで歌うエリック
Eric Burdon – Don’t Let Me Be Misunderstood(Lugano 2006)

Eric Burdon – Don't Let Me Be Misunderstood (Lugano, 2006) ♫♥

スポンサーリンク



サンタ・エスメラルダ・バージョン

 1977年にリリースされたサンタ・エスメラルダのバージョンは、アニマルズのアレンジを下敷きに、フラメンコ、サルサ、他のラテン・リズムを加味して装飾したディスコナンバーである。

 まず最初はアルバムの片面全体を使った18分のエピックとして発表され、その後12インチクラブ・リミックスが人気を呼びビルボードのクラブ・チャート、その他のヨーロッパ各国で1位を獲得し、その年の暮れにはポップスのシングルとしてリリースされ、1978年HOT100の15位にランクされた。

Santa Esmeralda(サンタ・エスメラルダ)

Don't Let Me Be Misunderstood – Santa Esmeralda

映画「Kill Bill」

映画「Kill Bill」で使われた

Santa Esmeralda – Don't Let Me Be Misunderstood / Esmeralda Suite [HQ & Full Version]
スポンサーリンク

その他のカバー

Elvis Costello(エルヴィス・コステロ)

Elvis Costello – Don't Let Me Be Misunderstood

Cyndi Lauper(シンディ・ローパー)

Cindy Lauper – dont let me be misunderstood




Lil Wayne – Misunderstood

Lil Wayne – Misunderstood

Joe Cocker

Joe Cocker – Don't Let Me Be Misunderstood (LIVE in Baden) HD

Lana Del Rey

Don't Let Me Be Misunderstood (Audio) – Lana Del Rey



日本語のカバー

尾藤イサオ

尾藤イサオ 悲しき願い(1) 1965 / Don't Let Me Be Misunderstood

スパイダース

布施明

布施明 悲しき願い 1966 / Don't Let Me Be Misunderstood

スポンサーリンク



<歌詞>

Baby, do you understand me now
Sometimes I feel a little mad
But don’t you know that no one alive
Can always be an angel
When things go wrong I seem to be bad
But I’m just a soul whose intentions are good
Oh Lord, please don’t let me be misunderstood

Baby, sometimes I’m so carefree
With a joy that’s hard to hide
And sometimes it seems that all I have do is worry
Then you’re bound to see my other side
But I’m just a soul whose intentions are good
Oh Lord, please don’t let me be misunderstood

If I seem edgy I want you to know
That I never mean to take it out on you
Life has it’s problems and I get my share
And that’s one thing I never meant to do
Because I love you
Oh, Oh baby don’t you know I’m human
Have thoughts like any other one
Sometimes I find myself long regretting
Some foolish thing some little simple thing I’ve done
But I’m just a soul whose intentions are good
Oh Lord, please don’t let me be misunderstood
Yes, I’m just a soul whose intentions are good
Oh Lord, please don’t let me be misunderstood
Yes, I’m just a soul whose intentions are good
Oh Lord, please don’t let me be misunderstood

スポンサーリンク

コメント