スポンサーリンク

恋のダウンタウン(Down Town)~Petula Clark

A--E(T)
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

 1964年11月に英米でリリースされたイギリスの女性歌手兼女優ペトゥラ・クラークの世界的大ヒットで全米1位、全英2位。

 グラミー賞ベスト・ロックンロール・レコード部門まで獲得したこの曲を出した時には32歳だったという遅咲きであった。

 原題は「Down Town」、作詞作曲はトニー・ハッチ(Tony Hatch)。米国ビルボード年間ランク1965年第6位。

快進撃データ

 「ビルボード」誌ベスト100では64年12月19日に初登場87位、それが41→12→5→4位と破竹の勢い、ついに1965年1月23日と30日の二週にわたって全米第一位を手中に収めた。

 65年にはヨーロッパでも彼女が歌い分けたフランス語盤(”Dans le temps”)、イタリア語盤(”Ciao ciao”)、ドイツ語盤(”Geh in die Stadt — Downtown”)もそれぞれベストセラーを記録した。

 なおフランス語に翻案した「Dans le temps」は、英語版オリジナルと内容の全く違う過去を懐かしむ暗い内容の歌詞の曲となっている。

フランス語盤ジャケット

 日本でも大ヒットして四六時中町中にこの曲があふれていたような記憶がある。音楽的な知見が殆ど無い少年であったが、英語の発音が明瞭であることや若いアイドルにはないしっかりした音楽性のバックグランドを感じ取った。

 わが国でも1965年3月にテイチク・レコードから邦題「恋のダウンタウン」としたシングル盤が発売され(US-105)、垢抜けないジャケット・デザインにもかかわらず、目覚ましいヒットを記録した。ラジオのベストテン番組でも連日のようにこの曲がかかり、少年時代の自分をトランジスタ・ラジオに釘付けにした。



ペトゥラ・クラーク(Petula Clark)の歌声と映像

オリジナル

Petula Clark ~ Downtown (1964)

ミュージックビデオ

Petula Clark Downtown. original version

スポンサーリンク



ペトゥラ・クラーク(Petula Clark) イギリスのシャーリー・テンプルと呼ばれた子役時代

 彼女の出世作は64年の大ヒット“Downtown(恋のダウンタウン)”だが、地元のイギリスではその遥か以前の1940年代から国民的なスターとして知られていた。

 1932年11月15日、イギリスはサリー州エプソムに生まれたペトゥラは、ソプラノ歌手の母親に歌を習い始めた。 小さい時から歌や演技がうまく、聖歌隊などで歌っていた。

 初めて人前で報酬をもらって歌ったのは7歳のとき。Bentalls(デパート)の入り口でオーケストラをバックに歌ったという。

 1942年10月10歳の誕生日直前にBBCラジオに出演したことをきっかけに少女スターとして注目を集めた。

 当時、アメリカではシャーリー・テンプル(Shirley Temple)が天才子役タレントとして一世を風靡していたのもあって、たちまち“イギリスのシャーリー・テンプル”として人気を集めるようになり、第二次世界大戦中にBBCラジオに出演したり、軍を慰問していた。

 子役として映画出演も相次ぐ。スクリーン初登場は十二歳のときの1944年。40年代後半には“Petula Clark”という自分の名前を冠したテレビ番組まで持つほどのスターとなっていた。

子役スター時代のペトゥラ

スポンサーリンク



1949年のレコードデビュー、そして子役スターからの脱皮まで

 レコード・デビューは1949年。当時はまだイギリスにはヒット・チャートというものが存在しなかったために、どれだけ売れたのかは定かではないが、1954年にリリースされたシングル“The Little Shoemaker”(シャンソン歌手のフランシス・レマルクやジャクリーヌ・フランソワの歌で有名、邦題『小さな靴屋さん』、アメリカや日本ではエームス・ブラザース盤が大ヒット)が全英7位を記録していることから推察されるように、既に歌手としてもトップ・スターの地位を確固たるものにしていたようだ。

 ただ、後のインタビューでペトゥラ自身が語っているが、イギリスの一般大衆にとって彼女は戦時中の厳しい時代に人々の心を和ませた少女アイドルであり、それこそ誰もが我が子のように愛した存在だった。

 それだけに、彼女が大人の女性に成長していく事に違和感を感じる人も少なくなく、子役スターからの脱皮にはかなり苦労したようだ。

50年代の頃のペトゥラ

スポンサーリンク



フランスを拠点に活躍

 イギリスの国民的子役スターからティーン歌手へと成長したペトゥラは、1958年にフランスに招かれてフランス音楽界の聖地であるオランピア劇場に出演を果たす。

 これが大変な評判となり、フランスのヴォーグ・レコードと契約を結んだ。そして、当時ヴォーグの広報担当だったフランク・ウォールフと1961年に結婚し、しばらくはむしろパリを拠点に活動するようになった。

 フランスではフランス語で吹き込んだレコードを次々とヒットさせる一方、イギリスでも好調にヒットを放ち、61年にリリースされたシングル“Sailor”は彼女にとって初の全英チャートナンバー・ワン・ヒットとなった。

 フランスでは“Romeo”や“Ya Ya Twist”、“Chariot”がヒット・チャート1位を記録。さらに、ドイツでは“Monsier”が、イタリアでは“Chariot”が1位をマークし、その人気は次第に国際的になっていく。

 フランスは、歌手ぺトゥラ・クラークに新しい道へ歩ませてくれた場所でもあった。フランスにくる前、ぺトゥラは歌う事に喜びを感じられなくなっていた。みんなが求めるのは、愛らしくて清純な女の子のイメージ。年を重ねても、大人の女性として見てもらえない。

 そんなぺトゥラにとって、フランスはおどろくことばかりだった。まず歌手たちが、アーティストとして自分を殺さず誇りをもって振るまい、ファンにも支持されていること。

 たとえば、一緒にツアーをしたジャック・ブレル。ステージに立つ彼はまさに詩人であり、自分の中の激情を隠そうともしない。

 また歌そのものも違った。歌詞に深みがある。人生について掘り下げた内容の歌が人々に愛され、ピアフやシャルル・アズナブールといった実力のある大人の歌い手が心からの拍手をもらっている。

 私らしくしていいんだ、表現者として自分の心にひびく歌を自由に歌えばいいんだ…歌手ぺトゥラ・クラークの第2幕の幕開けであった。「わたしはフランスで大人になった」と公言してはばからないペトゥラの所以である。

スポンサーリンク

トニー・ハッチとのコンビでアメリカの扉をこじ開ける

 彼女のレコードはヨーロッパでは売れても、それ以外のテリトリーでは全くと言っていいほど売れなかった。アメリカでは1951年にシングル“Tell Me Truly”がリリースされているが、話題にすらならなかった。

 そんな折、彼女の作品のアレンジ等を手掛けていたイギリスの敏腕プロデューサーで作曲家のトニー・ハッチが、ある曲を持ってパリのペトゥラの自宅を訪れる。ちょうどアメリカへ行ったばかりだったハッチは、当時アメリカを席巻していたソウル・ミュージックに強い影響を受けていた。

 トニー・ハッチはサーチャーズ、デヴィッド・ボウイなど数多くのアーティストを世に送り出していた。

 その活躍ぶりから、しばしば“イギリスのバート・バカラック”などと言われている。ビリー・ヴォーン楽団の演奏で有名になった“Look For A Star”(邦題『星を求めて』、当ブログの別記事参照)は彼が18歳のときの作品である。

星を求めて(Look For A Star)~Garry Mills
60年の英国映画「殺人鬼登場」の主題曲であり、イギリス人歌手のゲイリー・ミルズが歌い全英7位、全米26位を記録したのがオリジナル。同年60年にカバー曲として米国のビリー・ヴォーンがリリースし、これが日本では定番となっている。トニー・ハッチ作。

 ハッチは手持ちの新曲をいくつか持参してパリのペトゥラの許を訪れたのだが、あいにく彼女のお気に召す楽曲はひとつもない。

 苦し紛れにハッチは、別の用途で書きかけていた未完の曲を弾いて聴かせると、彼女はこう言ったという。「そのメロディ、悪くないワ。うまく詞をつけたらどう?」。こうして出来上がったのが「Down Town」なのだった。

 ポップな曲調の中にもロック・ビートを巧みに取り入れたこの曲はぺトゥラ・クラークの個性にぴったりフィットした。「君じゃなきゃ歌えない」とピアノ演奏して説得したトニーハッチの熱意の賜物でこの曲が出来た。



 ぺトゥラにとってトニー・ハッチとの出会いは大きな幸運となり、『恋のダウンタウン』の世界的ヒットに続き、このコンビで『マイ・ラヴ』(全米NO.1)や『天使のささやき』などのヒットを連発する。

ぺトゥラ・クラークとトニー・ハッチ

ぺトゥラ・クラークの『マイ・ラヴ』(全米1位)

日本発売盤ジャケット

Petula Clark – My love is warmer than the sunshine

スポンサーリンク



”Down Town”で新境地を開拓

 それまで、どちらかというと古めかしいポップ・ミュージックばかりを歌っていたペトゥラにとっても、“Downtown”は全く新しい挑戦だった。

 当時、たまたまパリのヴォーグ・レコードを訪れていたワーナー・レコードの重役ジョー・スミスは、この曲を耳にしたその場でヒットを確信して全米のディストリビュート権を得たという。

 その読みは見事に当たり、“Downtown”は見事全米チャート1位を記録。アメリカだけで300万枚以上を売り上げるメガ・ヒットとなり、グラミー賞まで受賞した。イギリスでも2位を記録し、ヨーロッパ各国はもとより日本やアジア各国でも大ヒットとなり、これ1曲でペトゥラは世界的なスーパー・スターとなった。

 翌1965年には“I Know A Place”が全米3位、“My Love”が全米1位(1966年)をマーク。

 ビートルズやストーンズと並んで、ブリティッシュ・インベージョンを代表する存在となる。

スポンサーリンク

グレン・グールドの愛した歌手

 その頃、ひとりのカナダ人男性が荒涼たる大地を自家用車でひた走りながら、カーラジオから流れるペトゥラの歌声にうっとり聴き惚れていた。それが若き日のカナダの天才ピアニスト、グレン・グールドだった。

 彼はまず “Downtown”(’64年11月) で彼女にぞっこん惚れ込み、続く “My Love”(’65年10月)、”A Song of the Times”(’66年3月)、”Who Am I?”(’66年11月)と連打されるシングル・ヒットを追い続け、それらの感想を雑誌『ハイ・フィデリティ』に「ポップ・ミュージック歌手 ペトゥラ・クラーク探求」と題して寄稿した。

 グールドによれば、この四つの歌はそのまま十代の若者が「親鳥の巣から急角度で飛び立つ」巣立ちを表しており、それを体現しているのがペトゥラ自身なのだという。(『グレン・グールド著作集2』みすず書房、1990)。



人種差別に毅然とした行動

 彼女はNBCに『PETULA』というテレビショーの番組を持っていた。

 1968年、ゲストのハリー・ベラフォンテが歌っているとき、ペトゥラは彼の傍に寄り添って彼の腕を取ったのである。

 ベラフォンテはジャマイカの血を引く「褐色の肌」であり、テレビ画面で白人女性が有色人種の腕に手をやったということを、番組スポンサーが問題にし、放映するなら番組を降りると言い出したのである。

 公民権法が制定されたのは1964年のことであったが、テレビという当時の先端的なメディアにおいても人種差別的行為が公然と行われていたことの方がショッキングなことである。

 しかし、ペトゥラは問題のシーンをカットするよう求めるスポンサー側の強い要求に屈することなくオン・エアさせた。

 ペトゥラ・クラークをはじめ、ペギー・リー、バーブラ・ストライサンド、ダスティ・スプリングフィールドなど、いかにも白人の女性シンガーが人種差別的行為に対して毅然とした態度をとったかを知るにつけて深い感動を覚えるのである。

スポンサーリンク

コメント