スポンサーリンク

明日なき世界(Eve Of Destruction)~Barry McGuire

A--E
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

 バリー・マクガイア(Barry McGuire)が1965年に発表したシングルで世界的なヒットとなった。P.F.スローンが19歳の時に作詞・作曲した。

 バリーは「ニュー・クリスティ・ミンストレルズ(New Christry Minstrels)」のメンバーとして1963年に「グリーングリーン」という曲を書いてヒットさせている。

 当時はベトナム戦争で北爆が本格化した時期であり、内容が強烈であるという理由で放送禁止になったが、それがかえって関心を引き全米1位を獲得した。

 1945年にニューヨークで生まれてロスアンゼルスで育った作者のP.F.スローンに関しては別記事に詳しい。

孤独の世界(From A Distance)~P.F.Sloan
P.F.スローンは米国のシンガー・ソングライターで「明日なき世界」等のヒットを連発し、自らもシンガーとしての活動を模索したが週給数ドルで雇われた地位から脱出できなかった悲運の人。この作品は日本で66年に一度発売された後、69年に配給権が移って再発売されて日本でのロングヒットとなった。

 ジェムス社から独立し、1965年にダンヒル・レコードを設立するとスローンも一緒に移った。

 それからすぐに19歳の時に一人で作詞作曲したのが「明日なき世界(Eve of Destruction)」である。初めはバーズに提供したが取り上げてもらえず、タートルズがアルバムに入れたがそれも注目されなかった。

 しかしバリー・マクガイアの歌ったヴァージョンが、シングルで発売されると全米1位の大ヒットになった。

 北爆の開始で泥沼化していくばかりのヴェトナム戦争や、アメリカとソ連の冷戦下における核戦争の恐怖を描いた内容の「明日なき世界」は原題が”Eve Of Destruction”で直訳すると「破壊の前夜」となる。

 この曲はポップスにおける歌詞の重要性を再認識させたばかりか、その後大きく発展したメッセージ・ロックを生むきっかけともなった曲である。

スポンサーリンク



バリー・マクガイア(Barry McGuire)のプロフィール

 『グリーングリーン』の原曲『Green Green』をリリースしたザ・ニュー・クリスティー・ミンストレルズ(The New Christy Minstrels)は、1961年に結成されたアメリカのフォーク音楽バンド。

 男女混成の10人組フォーク・グループで、リーダーのRandy Sparks(ランディ・スパークス)を中心に、非常に分かりやすくポピュラーなフォーク・ソングで人気を集めた。

 代表曲は、『Green Green』の他、『This Land Is Your Land』、『Today』、『Ramblin’』などがある。

 『Green Green』をリリースした頃のリードボーカルは、作曲者でリード・シンガーでもあったBarry McGuire(バリー・マクガイア)。

 力強く味わい深い歌声が人気を集め、『Green,Green』のリリース後には、ダンヒルレコード(現在はMCAの子会社)からソロデビューしている。

 ソロデビュー・シングル『Eve Of Destruction(明日なき世界)』は、当時のヒットチャートでNo.1に輝くヒット曲となった。しかしこのヒット以降はパッとせず、1970年代中盤にはクリスチャン・ミュージックに転向。数枚のアルバムを発表したものの、1980年代には音楽活動から身を引き、以後は慈善活動に身を投じている。



明日なき世界

 バリー・マクガイアの歌で大ヒットした、おなじみのプロテスト・ソング。そのショッキングな歌詞でポップス界に大きな話題を提供した。当時は日本でもフォーク・ソング集会などで歌われた。

 この曲を転機としてP.F.スローンはヒット・ソングのシンガー・ソングライターから、考える歌を作り、歌うタレントに成長。ダンヒル・レコードより、鋭いメッセージを持つフォーク・ロックのLPアルバムをいくつか発表している。

バリー・マクガイア(Barry McGuire)

Eve of Destruction * Barry McGuire 1965 HQ

TVショーで歌うバリー

Barry McGuire – Eve of Destruction (Hullabaloo – Sep 20, 1965)

P.F. Sloan~作者のセルフカバー

P.F. Sloan – Eve Of Destruction

94年バージョンでは核戦争ではなく、環境破壊について歌っている。

2006年ライブ

Eve of Destruction by P.F. Sloan
スポンサーリンク

ママス&パパスとバリー・マクガイアの関わり

 バリー・マクガイアは「ニュージャーニーメン」時代のジョン・フィリップスと親交があり、彼らがヒッピーのような放浪生活を続けながらバリーの所に転がり込んできた時にはしばらく泊めてあげただけでなく、ダンヒル・レコードに彼らを紹介している。

 そして契約できたお礼にと提供された「California Dreamin’」(夢のカリフォルニア)も、最初はバリーのリード・ヴォーカルで録音された。

 こうして、デビュー・シングルには、フィリップス夫妻がバリー・マクガイアのために書いた曲「夢のカリフォルニア」が選ばれ、1965年に発売された。

 そして、この曲はいきなり全米4位の大ヒットとなり、セカンド・シングル「マンデイ・マンデイ Monday.Monday」はいっきに一位を獲得、ファースト・アルバム”If You Can Believe Your Eye and Ears”もロング・セラーを記録し、彼らは一躍トップ・スターの仲間入りを果たした。




 時は1965年、ボブ・ディラン(Bob Dylan)がフォークからロックに転向し、フォーク・ロックの原点と言えるザ・バーズの「ミスター・タンブリンマン Mr.Tambourine Man」(ボブ・ディラン作)が6月には全米ナンバー1になっていた。

 西海岸から登場したママス&パパスは、そんなフォーク・ロックの流れともうひとつサンフランシスコを中心に盛り上がりつつあったフラワー・ムーブメントの流れの両方にのって、一気にブレイクした。

 もっと詳しくは下記参照

ママス&パパス

カバーセレクション

Bob Dylan

"EVE OF DESTRUCTION." Bob Dylan – Original version. "leonaurittsen."

The Turtles

バリーの大ヒットの前にアルバムに収録されたが注目されなかった

The Turtles – Eve Of Destruction
スポンサーリンク

コメント