スポンサーリンク

誰かが誰かを愛してる(Everybody Loves Somebody Sometimes)~Dean Martin

A--E
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

64年に全米1位を記録したディーン・マーティンの代表曲

47年作詞アーヴィング・テイラー(Irving Taylor)作曲ケン・レーン(Ken Lane)により作られた。

何故作られてからヒットするまで17年?

この曲が作られてから17年も後にヒットしたという経緯について調査をしたが結論は不明のままである。

誰かがオリジナルとして歌っていたがヒットしなかったものをディーン・マーティンがカバーした。

もしくは17年間温めていた曲をディーン・マーティンが提供されてオリジナルソングとして歌った。

この二つのどちらかであると思ったのだが48年ラジオ番組でディーン・マーティンが歌っているファイルが見つかった。

48年ラジオ番組

Dean Martin – Everybody Loves Somebody (1948)

ヒットした64年バージョンに比べるとゆったりと歌っている。

従ってディーン・マーティンが従来から歌ってきた曲のアレンジを変えてレコーディングしたものが大ヒットになったと考えるのが妥当であろう。

邦題は誤訳?

原題は「Everybody Loves Somebody Sometimes」で邦題について内容を正確に表現してないとか誤訳に近いという批判がある。

歌詞の流れからいうと、誰しもいつかは恋をする。僕は正に今がその時だ。今こそ運命の時だというニュアンスが伝わってこない。

そして誰かとは君のことだと熱く迫っているのが歌詞の内容である。

ディーン・マーティン略歴

ディーン・マーティンは17年オハイオ州生まれのイタリア系アメリカ人。ジェリー・ルイスとの「底抜けコンビ」で人気を博した俳優でもあった。

15歳からボクサーや違法な商売に関与するなど波乱万丈の人生についてはここに詳しい。

27歳から2年間陸軍に召集され除隊後ニューヨークのクラブで歌っていた頃、ジェリー・ルイスと知り合い二人でコンビを組む。

このコンビは評判を呼び32歳の時、パラマウント映画で最初のコメディ映画が撮影された。48年には「底抜け」シリーズの主題歌を吹き込むなど歌手としての活動も本格化する。こうして大スターの仲間入りを果たす。

NBC-TVで65年から78年まで毎週ディ-ン・マーティン・ショーのホストを務めたが、この曲がタイトル曲に使われ、作曲のケン・レーンが番組のピアノを担当した。

またラスベガスのカジノホテルでワンマンショーを行い、映画で同じイタリア系のフランク・シナトラと共演するなどシナトラ一家とも呼ばれた。

映画の代表作は59年ジョン・ウェイン、リッキー・ネルソンと共演した「リオ・ブラボー」や83年バート・レイノルズ、ジャッキー・チェンと共演した「キャノンボール」などがある。

晩年は74歳でアルツハイマー病となり闘病生活を続けたが78歳で亡くなった。

スポンサーリンク



Dean Martinの歌声と映像

65年ライブ、芸達者な彼の面目躍如

Dean Martin – Everybody Loves Somebody Sometime 1965

ラブラブな映画のシーンを集めてバックにこの曲が流れてる

Everybody Loves Somebody Sometimes-Dean Martin 誰かが誰かを愛してる

ディーン・マーティン・ショー(TV)でタイトル曲を歌ってる

Dean Martin – Everybody Loves Somebody Sometimes

TVディーン・マーティン・ショー(John Wayneとの息の合った掛け合い)

Dean Martin John Wayne Everybody loves somebody Sometime



カバーセレクション

The King Sisters

The King Sisters Everybody Loves Somebody Sometime King Family Special 1964

 Ray Conniff

RAY CONNIFF Everybody Loves Somebody

Jerry Vale(66年)

Jerry Vale Everybody loves somebody

Frank Sinatra(57年)

"Everybody Loves Somebody" Frank Sinatra

Brenda Lee

Brenda Lee – Everybody Loves Somebody (1965)

101 Strings Orchestra

101 Strings – Everybody loves somebody

Teresa Brewer

テレサ・ブリューワーのこのカバー曲についてのブログがある。

Teresa Brewer – Everybody Loves Somebody (1964)

Vera Lynn

Everybody Loves Somebody Sometime (Vera Lynn)

Christer Sjogren(ドイツTV番組)

CHRISTER SJÖGREN "Everybody Loves Sombody Sometimes"/"What A Wonderful World"




<歌詞>

Everybody loves somebody sometime
Everybody falls in love somehow
Something in your kiss just told me
My sometime is now

Everybody finds somebody someplace
There’s no telling where love may appear
Something in my heart keeps saying
My someplace is here

If I had it in my power
I’d arrange for every girl to have your charms
Then every minute, every hour
Every boy would find what I found in your arms

Everybody loves somebody sometime
And although my dream was overdue
Your love made it well worth waiting
For someone like you

If I had it in my power
I’d arrange for every girl to have your charms
Then every minute, every hour
Every boy would find what I found in your arms

Everybody loves somebody sometime
And although my dream was overdue
Your love made it well worth waiting
For someone like you

コメント