スポンサーリンク

虹と共に消えた恋(Gone The Rainbow)~Peter,Paul&Mary

Artist(English)
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

PPMと書いて何の説明が無くても通じるだろうか。他に「ブラフォー」とか「キントリ」なんかもあった。

当時は単にハーモニーの美しさに惹かれて内容も理解せずに歌っていたが、この曲は明らかに反戦歌。原題は「Gone The Rainbow」

この曲は1962年、最初セカンドシングル”If I Had A Hammer”のB面に入っていたもので、翌年セカンドアルバムにも収録された。しかしシングルカットされたのは日本だけである。ベスト盤でもこの曲が収録されているのは日本盤だけで、それだけ日本での人気が高かった。

原曲は17世紀アイルランドで歌われていたもの

この曲のオリジナルは17世紀のアイルランドで歌われていた”Siuil A Ruin”(シューラールゥ)という曲をベースにしている。歌詞は英語でコーラスの部分だけがアイルランド語(ゲール語)で歌われていて、タイトルを機械翻訳で英語にすると”Walking Secrets”となるらしい。

当時イングランドとフランスで戦争があり、イングランドに虐げられてきたアイルランドの人たちもその戦争に駆り出され、愛する人を戦争で奪われた女性たちがイングランドの人たちにはわからないゲール語でコーラスの部分を歌っていた。

その後アイルランド移民の人達によってアメリカにも伝わり、”Johnny Has Gone for a Soldier”とか”Buttermilk Hill”というタイトルの歌となって独立戦争の頃に歌われた。

Johnny Has Gone for a Soldier

Johnny Has Gone for a Soldier

Buttermilk Hill – The Weavers

The Weavers- Buttermilk Hill



PPMのアレンジによりこの曲が世界に広まった

PPMがこの曲を歌った頃はヴェトナム戦争の時代で、やはり反戦歌として歌われていた。彼らの曲は声高に戦争反対を叫ぶのではなく、静かな曲に乗せてその悲しみを歌うというスタイルであった。

 

同年代(と思われる人)のPPMに関する真摯なコメント
なかのさんち ピーターポールアンドマリー

ピーターポールアンドマリー(Peter, Paul & Mary) | なかのさんち
当時はPPM(ピーピーエム)と略してましたけど、いまじゃPPMといったら何かの単位としか思ってくれないんでしょうね。他に、ブラザースフォー(ブラフォー)、キングストントリオ(キントリ)あたりがフォーク少年の定番

原曲と思われるアイルランド民謡に関する詳しい解説が参考になる
世界の民謡・童謡 シューラ・ルーン

シューラ・ルーン 歌詞の意味 アイルランド民謡
世界の民謡・童謡

PPMの場合はゲール語の発音をアルファベット表記にしているので、歌詞だけ読んでも意味は分からない。わざと意味が分からないように歌うのがこの曲のポリシーだとすれば、あまり詮索しない方が良いのかもしれない。

スポンサーリンク



PPMの歌声と映像

Peter,Paul&Mary(PPM)

Peter, Paul, & Mary – Gone the Rainbow

日本ライブ盤 1967

Gone the Rainbow (Live in Japan 1967)




カバーセレクション

日本では多くのアーティストがカバーしていたが、アップされているのは非常に少ない

山本潤子、坂崎幸之助、吉川忠英

<削除された>

山本潤子を聴きたい方は500マイルも離れてをどうぞ

500マイルも離れて・山本潤子・Best コレクション 鈴木康博・細坪基佳・

Wee Gee

Wee Gee – Gone the Rainbow

スポンサーリンク



The Overlanders

The Overlanders / Gone the Rainbow

ハニー・ナイツ

ハニー・ナイツ 虹とともに消えた恋 1967 / Gone the Rainbow
スポンサーリンク

コメント