スポンサーリンク

悲しき16才(Heartaches At Sweet Sixteen)~Kathy Linden

Artist(English)
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

この曲は59年に米国で発売されたレコードのB面で全くヒットしなかったらしい。
これが日本人の感性には合ったようで大ヒット。
ヤヤヤヤ♪のイントロが実に印象的。

日本盤のジャケット(本人の写真が入手できなかったのか無関係の絵画を使っている)
オールディーズの名曲として評価が確立してから


スポンサーリンク


オリジナルはKathy Linden

まずオリジナルから聞いてみる。Kathy Lindenの発音はキャシー・リンデンに近いようだが、一般的にはケイシー・リンデンが使われている。

Kathy Linden(ケイシー・リンデン)

Kathy Lindenのプロフィール

 1939年アメリカ・ニュージャージー州生まれ。1958年に19歳でレコード・デビュー。その間数十枚のシングルと、この年代のポップ・スターにしては珍しく、一枚だけだがアルバムを残している。

 彼女の歌う楽曲は、50~60年代のアメリカン・ポップスの王道を踏まえたものと、そこから大きくはずれた、非常にユニークなモノが半々といった感じ。

 ここに取り上げている 「 悲しき16才 」 は、その ”はずれ系” の典型。やはり彼女も当時の主流だったブルーグラスや、カントリー・タッチのナンバーを数多く歌っていた。しかも、すごくウマくてサマになっていた。 「 悲しき16才 」 を歌う甘いベビー・ボイスの彼女とは、まるで別人のようだった。

 当時の日本はロリータ・ボイスのシンガーは大歓迎だったから、彼女の歌声は日本人にはツボにハマった。

 アメリカでトップ20入りしたものとしては 「 Billy 」 ( 1958年度7位 ) や、自動車事故で亡くなったジミーことジェームス・ディーンとの別れを彷彿させる 「 Goodbye Jimmy Goodbye 」 ( 1959年11位 ) などあったが、その後はパッとせず、1963年くらい迄で約6年間の歌手生活にピリオドを打った。

スポンサーリンク



日本だけで売れたオールディーズの名曲

 「悲しき16才」は、本国アメリカでは59年にシングル「 Goodbye Jimmy Goodbye 」のB面として発売され、A面の”グッバイ~”は全米11位を記録したが「悲しき16才」はヒットしなかった。

 日本でも当初アメリカ同様「グッバイ・ジミー・グッバイ」のB面が「悲しき16才」だったが、センチメンタル・ポップなメロディーラインが受け「悲しき16才」のほうに注目が集まった。

 その分日本での人気の方が、本国よりも圧倒的に高いものがあった。アメリカでのケイシー・リンデンの人気代表曲と言えば、「 Billy 」 や 「 Goodbye Jimmy Goodbye 」 等がある。

 日本では今もオールディーズのライブへ行くと、「 悲しき16才 」 はだいたい定番になっている。「 悲しき16才 」 がヒットし、その後ポップス界に次々と 「 悲しき~ 」 というタイトルがつけられた。

 アメリカの16才っていうのは、どうやら成人になったような特別な年齢らしい。”16才 ( Sixteen )” という言葉ががタイトルにつけられているものとしては、チャック・ベリー 「 Sweet Little Sixteen 」、ジョニー・バーネット 「 Your Sixteen 」、クレスツ 「 Sixteen Candles 」、ニール・セダカ 「 Happy Birthday Sweet Sixteen 」、サム・クック 「 Only Sixteen 」 など多数ある。

日本語カバー

日本語バージョンでやっと見つけた。
60年の紅白歌合戦にはこの曲で出場した。

ザ・ピーナッツの日本語バージョンジャケット

ザ・ピーナッツ

ザ・ピーナッツ 悲しき16才 1960 / Heartaches At Sweet Sixteen




ザ・ピーナッツ オールディーズメドレー

しかしメドレーの中でこの曲を歌っている動画を見つけた。10分経過くらいから始まる。

ザ・ピーナッツ オールディーズメドレー

スリー・グレイセス

スリー・グレイセス 悲しき16才(1) 1960 / Heartaches At Sweet Sixteen

かまやつヒロシ

記憶になかったがアップされていた

かまやつヒロシ 悲しき16才 1960 / Heartaches At Sweet Sixteen

当時の記憶にはなかったがこんなカバー曲もあった。

桜田淳子

<追記:削除された>

スポンサーリンク

山口百恵

これが一番オリジナルに忠実。当時14歳らしいがもう懐メロだったはず。
<追記:削除された>
ところがメドレーの2曲目で歌っている動画を見つけた。2:27から

60'S オールディーズ・メドレー ✨ 山口百恵

本田美奈子・三田寛子・水谷麻里

見覚えのあるアイドルが3人で歌っている。1:40から

オールディーズメドレー チェッカーズ他

テレサ・テン

1977年新橋ヤクルトホール 48分の長編動画 「悲しき16才」は20:52から

作業中についつい聞きこんでしまった。

鄧麗君 Teresa Teng テレサ・テン 新橋演唱會 Shimbashi Concert, April 22,1977



<歌詞>

Ya ya ya ya, ya ya ya ya
Ya ya ya ya, ya ya ya ya

I’m sitting all alone and feeling blue
I’m wondering if he found somebody new
Whoever thought that I’d be going through
Heartaches at sweet sixteen
Ya ya ya ya, ya ya ya ya

He wouldn’t speak to me at school today
He made real sure to look the other way
What did I do to him, what did I say
Oh these heartaches at sweet sixteen

Can I make him care at all
No matter how my parents tease and laugh
I’ll wear his ring and kiss his photograph
They just don’t understand or know the half of
Heartaches at sweet sixteen

Ya ya ya ya, ya ya ya ya
Ya ya ya ya, ya ya ya ya

No matter how my parents tease and laugh
I’ll wear his ring and kiss his photograph
They just don’t understand or know the half of
Heartaches at sweet sixteen

Ya ya ya ya, ya ya ya ya
Heartaches at sweet sixteen

日本語歌詞

詞 : 音羽 たかし
Ya,Ya,Ya,Ya, Ya,Ya,Ya,Ya,
Ya,Ya,Ya,Ya, Ya,Ya,Ya,Ya,
 
ひとりぼっちお部屋で
夢見るわあの人
なぜか悲しこの頃
あたしは16
Ya,Ya,Ya,Ya, Ya,Ya,Ya,Ya,
 
今日もそっと校舎で
呼んでみてもしらんぷり
それが悲しこの頃
そんなあたしなの
 
どうすれば いいんでしょ
ほんとうに 悲しいわ
 
  *
こんな気持ち誰にも
わかるはずがないのよ
パパもママもあたしを
ただ笑うだけ
Ya,Ya,Ya,Ya, Ya,Ya,Ya,Ya,
Ya,Ya,Ya,Ya, Ya,Ya,Ya,Ya,  *
 
*

スポンサーリンク

コメント