スポンサーリンク

ヘイ・ポーラ(Hey! Paula)~Paul & Paula

Artist(English)
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

 作詞・作曲共にポール(Paul)ことレイ・ヒルデブランド(Ray Hildebrand)がアネット・ファニセの「トール・ポール」という歌にインスパイアされて2ヶ月かかって作り、当初「Paul and Paula」の題名をつけた。

思いがけないデビュー

 当時大学生だったレイの住む下宿屋の主人の姪のポーラ(Paula)ことジル・ジャクソン(Jill Jackson)が全米がん協会のチャリティーに出るから一緒に歌ってくれないかと誘った。

 こうして「ジル・アンド・レイ」として出演したラジオのチャリティショーで歌ったこの歌が地元のDJに気に入られ、半分の長さに編集されレコーディングされた。その後マーキュリー・レコードがマスター・テープを買い取り、デュエット名を「ポール&ポーラ(Paul & Paula)」、そして曲名を「ヘイ・ポーラ(Hey! Paula)」と変えて発表したのが1962年の暮れ。

 すぐに全米トップ100に入るや、その6週間後の63年2月には全米第1位に上り詰めてしまう。

 しかしレイはレコード業界に馴染めずシンガーとしての人生より、クリスチャンとしての平凡な人生を選び、学生時代からのガールフレンドと結婚してカンザスに普通の家庭を築いている。ジルも結婚して南カリフォルニアに住んでいて、時々レイに電話を入れて歌の仕事に戻る気はないかと聞くそうだが、その度にレイは戻る意思は無いと断言しているという。

米国盤ジャケット

 日本でのカバー盤は田辺靖雄・梓みちよ(MYカップル)と九重祐三子・ダニー飯田とパラキンの競作となった。後日談として皮肉なことに田辺靖雄と九重祐三子が結婚し、その後は夫婦でこの曲を歌っているため錯覚している人が多いようである。

日本発売盤ジャケット
田辺靖雄・梓みちよのカバー盤ジャケット
 
 



ポールとポーラの歌声と映像

Paul & Paula(ポールとポーラ)

Paul And Paula – Hey Paula

絶頂期にTVショーで歌う二人

Paul & Paula – 'Hey Paula' and other songs

スポンサーリンク



 このヒットで来日もしており、お決まりの日本のヒット曲を日本語で録音という置き土産を残している。

二人の星をさがそうよ

二人の星をさがそうよ/ポールとポーラ

大ヒットの後のポテンヒット けんかでデート

けんかでデートFirst Quarrel/ポールとポーラPaul & Paula

日本語カバー

田辺靖雄&梓みちよ

田辺靖雄・梓みちよ ヘイ・ポーラ 1963 / Hey Paula

競作盤を出していた二人が今では夫婦になって歌ってる

ヘイ・ポーラ~ミスター・ベースマン 九重佑三子・田辺靖雄 1996

 日本での2大競作盤以外にも多数のカバーがあった

田代みどり 三原綱木

田代みどり 三原綱木 ヘイ・ポーラ 1970 / Hey Paula



<歌詞>

[Paul:]
Hey, hey Paula, I wanna marry you
Hey, hey Paula, no one else will ever do
I’ve waited so long for school to be through
Paula, I can’t wait no more for you
My love, my love

[Paula:]
Hey Paul, I’ve been waiting for you
Hey, hey, hey Paul, I want to marry you too
If you love me true, if you love me still
Our love will always be real
My love, my love

[Both:]
True love means planning a life for two
Being together the whole day through
True love means waiting and hoping that soon
Wishes we’ve made will come true
My love, my love

スポンサーリンク

コメント