スポンサーリンク

カリフォルニアの青い空(It Never Rains In Southern California)~Albert Hammond

A--E
スポンサーリンク

はじめに

イギリス出身のシンガー・ソングライター、アルバート・ハモンド(Albert Hammond)の72年全米5位を記録したヒット曲。息子はザ・ストロークスのアルバート・ハモンドJr.原題は「It Never Rains In Southern California」

アメリカでは1972年の暮れから1973年初頭にかけてヒットした。この曲を歌っていたアルバート・ハモンドは、若いファンなら「おや」と思うかもしれない。そう、ストロークスのメンバーを経てソロとなって音楽活動を続けるアルバート・ハモンドJr.は彼の息子である。

歌の内容は爽やかな曲調と裏腹に彼の不遇な時代を歌っている。ロサンジェルスに来る前のスペインでの下積み時代を作詞担当のマイケルに話したことが元ネタとなった。

食べる金に困り駅前で物乞いのようなことをしている時に、従兄弟とは気づかずにアルバートは彼にも金を無心した。これを歌詞では俳優らしき人物が南カリフォルニアにやってきて苦労しているというシチュエーションにしている。

「カリフォルニアの青い空」は1973年の洋楽ヒットの代表的なもののひとつとなり、アルバート・ハモンドの名を洋楽ファンに知らしめることになった。

「カリフォルニアの青い空」のヒットが一段落つく頃になると次のシングルとして「カリフォルニアへ愛を込めて」が発売され、これもなかなかのヒットになった。夏には「フリー・エレクトリック・バンド」がスマッシュ・ヒットを記録、

そして同じ年の秋、「落ち葉のコンチェルト」という大ヒットが生まれる。こうしてアルバート・ハモンドの名は洋楽ファンの記憶に刻まれることになった。

歌詞の内容

あらためて歌詞を読めばわかるようにこの歌には「青空」という言葉は出てこない。”南カリフォルニアでは雨は降らないらしい そんなことを噂で聞いた気がする 。

“Seems it never rains in southern California Seems I’ve often heard that kind of talk before”といったサビの部分から、雨が降らない→晴れ→青空という連想で「カリフォルニアの青い空」という邦題はつけられたようだ。

この邦題のせいか、この曲を聴くとウエスト・コーストの透き通るような青い空を思い描いてしまうが、実際はスターになる夢を描いてロサンジェルスへ来たものの中々チャンスがなくて腐っている、そんな歌で爽やかさみたいなものとは程遠い世界が歌われている。

アルバート・ハモンドのプロフィール

アルバート・ハモンドは1942年にロンドンで生まれている。直後に一家がスペインのジブラルタルに移住したため、幼少期をジブラルタルで過ごした。60年にはジブラルタルでThe Diamond Boysというロックバンドを組んでいた。

バディ・ホリーを聞いて音楽の道を志し、十代半ばの頃に家出をしてモロッコのカサブランカで音楽活動を始めた。

13歳の時家出してモロッコに渡り音楽家デビューはモロッコのうらぶれたストリップ小屋だった。そこにいた20人ものストリッパー嬢に様々な音楽を聴かせてもらい1年半後スペインに帰郷。

家には戻らずレコード会社のオーディションをいくつも受けるが断られ16歳でようやくRCAと契約することが出来た。

はりきってバディ・ホリースタイルの曲を書くもお前の仕事はアメリカイギリスのヒット曲をスペイン語に直して歌うことだと言われがっくし。

しかたなし従ったらそれが何と本家よりヒットしてしまったという。

そんな毎日に嫌気がさしてまた放浪の旅に。今度はビートルズ旋風吹き荒れる英国へ。

とりあえずレコード出したりTVに出たりしたものの全てがうまく行かず皿洗い、運転手、工場労働者とバイトに明け暮れる始末。

女性関係でももめてしまって、そんな時に出会ったのが曲作りのパートナー、マイケル・ヘイゼルウッド氏。彼と作詞作曲のコンビを組んでソングライターのチームとして活動を始めてからは幸運に恵まれる。

テレビ番組の挿入歌として作った彼らの楽曲が大ヒットとなったのだ。1968年のことだ。

69年にはイギリスのボーカルグループThe Family Doggに参加して全英トップ10ヒットを出した。

作曲者としてもイギリスのコメディアンのリービー・リーが歌って世界中で400万枚を超える大ヒットとなった「リトル・アロー」を出している。

1970年代になってハモンドとヘイゼルウッドのふたりはアメリカ進出を目指してロスアンジェルスに移住。

スポンサーリンク




しかし、この曲がヒットするまで2年以上の月日がかかっているわけで、歌詞のように”食べるパンすらなく”とまではいかないまでも、それなりに成功はしていただけに”プライドもなくなり”という状態は何度も味わったのではないだろうか。

やっとソングライター・チームとしてもチャンスを掴み、さらにハモンドはシンガーとしてもデビューを果たすことなる。そうして1972年に発表されたアルバート・ハモンドのデビュー・アルバムが本作「It Never Rains In Southern California」である。

だから「カリフォルニアの青い空」の歌詞はハモンドにとって私小説なものだったと言えるが、自分の境遇を愚痴ったような歌がヒットして(シンガーとしてはその後大きなヒットはなかったが)、ソング・ライターとして大成功するきっかけとなったわけだから世の中皮肉なものである。

次のシングルでは本国ではB面だったバラード「For the Peace of All Mankind」をA面に変更し、歌詞とは全く関係ない「落ち葉のコンチェルト」という世紀の名邦題とハモンドのセピア色のプロフィール写真をジャケットに使い日本だけの大ヒットにしている。これも曲を聴くたびに落ち葉が降り積もった舗道の風景なんていうのを思い出してしまう。(最後の歌詞の手前で紹介している)

 

デビュー・アルバム「It Never Rains In Southern California」

アルバムの制作には当時のウエスト・コーストの一流のセッション・ミュージシャンが名を連ねている。トム・スコットやラリー・カールトン、ジョー・オズボーン、ジム・ゴードンらの名もあり、その豪華さに少しばかり驚くが、中でも目を引くのは「Album Arranged & Conducted」としてもクレジットされているキーボード奏者、マイケル・オマーティアンの存在だろうか。

マイケル・オマーティアンは1970年代初期からウエスト・コーストでセッション・ミュージシャンとして活躍、この頃はちょうどロギンス&メッシーナのファースト・アルバムへの参加で注目を浴びていた頃だろう。

この後、プロデューサーとしても頭角を現し、1970年代の終わり頃になってクリストファー・クロスを世に送り出すことになるのは、ウエスト・コースト・ミュージックのファンなら知っている人も多いだろう

マイケル・オマーティアン

だからこのアルバムの演奏は1970年代初期のウエスト・コースト・サウンドそのものと言っていい。そのサウンドはすっきりと乾いて明るく軽やかだ。

しかし、全体の印象として、このアルバムの音楽には「ウエスト・コースト・ミュージック」特有の香りが感じられない。ウエスト・コーストのミュージシャンによる演奏に支えられた音楽であるにも関わらず、「ウエスト・コースト・ミュージック」の持つ特有の空気感が、このアルバムの音楽にはない。

例えば「Anyone Here in the Audience(哀しみのミュージシャン)」では演奏はカントリー・ミュージック風に仕立てられているのだが、楽曲全体の印象はまるでカントリー・ミュージックではない。

その要因はもちろん言うまでもなく、アルバート・ハモンドの音楽性のバックボーンにあるのだろう。ロンドンに生まれ、ジブラルタルで育ち、バディ・ホリーに触発されて音楽の道を志し、カサブランカで音楽活動を始めた彼が、アメリカ西海岸の風土に根ざした「ウエスト・コースト・ミュージック」の空気感を携えていないのは当然のことだろう。

そのようなところに、このアルバムの個性が生まれているとも言える。バックの演奏を支えているのは当時のウエスト・コーストの一流のセッション・ミュージシャンたちで、その演奏は紛れもない「ウエスト・コースト・ミュージック」だが、その一方で、シンガーであり、ソングライターであるアルバート・ハモンドの音楽は地域的な特徴を持たない、どこか無国籍な香りを漂わせている。その両者が融合した作品であるところにも、このアルバムの面白みと魅力がある。



ヒットの要因

軽やかな中に哀感の漂う曲調、その親しみやすく覚えやすいメロディ。

この曲が大ヒットになったのには、楽曲そのものの素晴らしさももちろんだが、イントロと間奏、エンディングでフルートが奏でる特徴的なメロディの魅力によるところも大きいに違いない。こうしたアレンジの巧みさも、この曲を大ヒットに導いた大きな要因である。

アルバム作品としての「It Never Rains In Southern California」を聴いていて思うのは、収録された楽曲の素晴らしさだ。

シングルとして発売された三曲以外の収録曲も、どれもが親しみやすいメロディを持った、魅力的なものばかりだ。どの楽曲をシングルとして発売してもヒットする可能性があるのではないかと思えるほどだ。

「Brand New Day(新たなる日)」や「Anyone Here in the Audience(哀しみのミュージシャン)」などの軽やかな曲調の楽曲以外にも、「The Road to Understanding(和解への道程)」や「The Air That I Breathe(安らぎの世界へ)」といったバラードも甲乙つけがたい。

どの楽曲も、親しみやすく覚えやすいメロディを持ち、特にサビの部分は印象深い特徴を持ち、軽やかなウエスト・コースト・ミュージックに支えられて素晴らしいポップ・ソングとしての魅力を放っている。

親しみやすいメロディと軽やかな曲調を持つそれらの楽曲は、しかしその中に何とも言えない哀感が漂っているのも特徴と言えるだろう。

実はアルバムに収録された楽曲のどれもが、その演奏やメロディの印象とは裏腹にかなりヘヴィでシリアスな内容の歌詞を持っている。

「It Never Rains In Southern California(カリフォルニアの青い空)」や「From Great Britain to L.A.(カリフォルニアへ愛を込めて)」の二曲もその例に漏れない。

この二曲はタイトルや曲調からは「カリフォルニア賛歌」とでもいうべき印象を受けてしまうが、実はまったく逆の内容を持つ楽曲で、「カリフォルニア幻想への失望」とでも言うべきテーマが歌われている。

「Down by the River(ダウン・バイ・ザ・リバー)」は、工場の廃液で川の生き物たちが死んでゆくというテーマだ。

「Anyone Here in the Audience(哀しみのミュージシャン)」では聴衆の中に路上生活してきた自分を泊めてくれる人はいないかと問いかける。

「Listen to the World(世界に平和を)」ではもっと直截に「世界を聴け、人々の嘆きを聴け」と歌われる。

すべての楽曲がそうした社会風刺や問題提起を含んだもので、単純なラヴ・ソングなどはひとつもない。その楽曲の印象の中に哀感や悲壮感のようなものが感じられても当然のことなのだ。

スポンサーリンク

コメント