スポンサーリンク

ビキニスタイルのお嬢さん(itsy bitsy tennie weenie yellow polka dot bikini)~Brian Hyland

A--E
スポンサーリンク

はじめに

オリジナルはもちろんブライアン・ハイランドが歌って60年に全米1位になった。ポール・ヴァンス&リー・ボクリス作。

子供心に何となくこの曲を聞くと嬉しくなった記憶がある。それほど町中に流れていた。日本語でのカバー曲もオリジナルに混じってラジオで流れていたと思う。

ブライアン・ハイランド

プロフィール

ブライアン・ハイランドは1943年ニューヨーク州クイーンズ生まれ。小さい頃から父親からギター、母親からピアノを習い教会の聖歌隊で歌い始める。12歳の頃にはデルフィスというバンドを結成し、学園祭やダンスパーティで歌うようになる。高校時代にはプロを目指し音楽事務所に売り込みを始めた。16歳の時キャップレコードに認められ「Rosemary(いとしのローズマリー)」でデビューするがヒットしなかった。

続いて8月にポール・ヴァンス&リー・ポクリス作のセカンド・シングル「ビキニスタイルのお嬢さん」で大ヒットを飛ばし、一躍スターダムにのし上がった。日本では本国アメリカ以上に人気を誇り、「Baby Face」(テレビ番組『タモリ倶楽部』の名物コーナー「空耳アワー」のエンディング・テーマとしておなじみ)が61年にヒット。

1962年には全米3位 「 Sealed with a Kiss ( 涙のくちづけ ) 」 もヒット。1964年以降はブライアン・ハイランドにこれと云ったヒットはなかったが、1966年 「 Joker Went Wild 」 が全米20位となり再度チャートに戻った。

日本には1960年秋頃に 「 ビキニスタイルのお嬢さん 」 が入ってきて、若干下火となっていた洋楽ポップスを再び盛り上げる一助となった。他に 「 Gypsy Woman 」 (1970年・全米3位) 等数曲のヒットがあるが、ビートルズ時代を乗り切った数少ない歌手と言える。

レコードジャケット



ブライアン・ハイランドの歌声と映像

Brian Hyland(ブライアン・ハイランド)

ビキニスタイルのお嬢さん ブライアン・ハイランド 1960

TV番組で歌っている(レコード音源との合成)

Brian Hyland "Itsy Bitsy Teenie Weenie Yellow Polka Dot Bikini"

ブライアン・ハイランドの他の曲

さてブライアン・ハイランドの日本でのヒット3曲についてイントロクイズ形式の面白いものを発見したので紹介する。

Brian Hyland Intro Quiz

Brian Hyland Intro Quiz

さてこの曲の大ヒットで来日したブライアン・ハイランドに合わせる様にヒットしたというが記憶に無い「オンボロ・カーでスッ飛ばせ!(Lop Sided Over Loaded)」という曲があるのを初めて知った。後で紹介する「16個の角砂糖」が二番煎じならこれは三番煎じというところだろう。イントロクイズでもわかるがこれでは本国で全くヒットしなかったことがわかる。

オンボロ・カーでスッ飛ばせ!(Lop Sided Over Loaded)

BRIAN HYLAND – Lopsided overloaded

気まぐれデイト(Every Other Night)

これも日本向けのシングル

Brian Hyland Every Other Night




カバーセレクション

コニー・フランシス

ITSY BITSY TEENIE WEENIE … SINGER, CONNIE FRANCIS AND THE KIDS NEXT DOOR (1966)

Lill-Babs – スウェーデンの女性歌手リル・バブス

Lill Babs – Itsy bitsy

Dalida – Itsi bitsi petit bikini – Paroles フランス語カバー

Dalida – Itsi bitsi petit bikini – Paroles (Lyrics)

The Gaylords イタリア語カバー

The Gaylords – Itsy bitsy teenie weenie yellow polka dot bikini. (Italien)

Bombalurina 90年の夏にイギリスで3週連続№1

Bombalurina – Itsy Bitsy Teeny Weeny Yellow Polka Dot Bikini
スポンサーリンク

日本のカバー

日本では九ちゃんや田代みどりのカバーがヒットした

ダニー飯田とパラダイスキング

ダニー飯田とパラダイス・キング   ビキニスタイルのお嬢さん

坂本九

KYU SAKAMOTO- Itsy Bitsy Teenie Weenie Yellow Polkadot Bikini

坂本九ヒットアルバム 32:21から

坂本 九 Kyu Sakamoto's Sukiyaki and other Japanese Hits

田代みどり

田代みどり ビキニスタイルのお嬢さん(1) 1960 / Itsy Bitsy Teenie Weenie Yellow Polka-

おまけ テキヤスタイルのお兄さん・ダニー池田とパラゾールキング

タモリ3 23 テキヤスタイルのお兄さん・ダニー池田とパラゾールキング

スポンサーリンク



<歌詞>

She was afraid to come out of the locker
She was as nervous as she could be
She was afraid to come out of the locker
She was afraid that somebody would see
One, two, three, four, tell the people what she wore

It was an itsy, bitsy, teenie, weenie, yellow polka-dot bikini
That she wore for the first time today
An itsy, bitsy, teentie, weenie, yellow polka-dot bikini
So in the locker she wanted to stay
Two, three, four, stick around we’ll tell you more

She was afraid to come out in the open
And so a blanket around she wore
She was afraid to come out in the open
And so she sat bundled up on the shore
Two, three, four, tell the people what she wore

It was an itsy, bitsy, teenie, weenie, yellow polka-dot bikini
That she wore for the first time today
An itsy, bitsy, teentie, weenie, yellow polka-dot bikini
So in the blanket she wanted to stay
Two, three, four, stick around we’ll tell you more

Now she is afraid to come out of the water
And I wonder what she’s gonna do
Now she is afraid to come out of the water
And the poor little girl’s turning blue
Two, three, four, tell the people what she wore

It was an itsy, bitsy, teenie, weenie, yellow polka-dot bikini
That she wore for the first time today
An itsy, bitsy, teentie, weenie, yellow polka-dot bikini
So in the water she wanted to stay
(From the locker to the blanket)
(From the blanket to the shore)
(From the shore to the water)
Yes, there isn’t any more

コメント