スポンサーリンク

ノックは3回(Knock Three Times)~Dawn

A--E
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

73年の「幸せの黄色いリボン」と並ぶドーンの71年のヒット曲。原題は「Knock Three Times」

アルバムCandidaからシングルリリースしたところ全米1位の大ヒットとなった。作者はアーウィン・レヴィン(Irwin Levine)とL・ラッセル・ブラウン(Russel Brown)

幸せの黄色いリボン(Tie A Yellow Ribbon Round The Ole Oak Tree)~Dawn
この曲の内容はニューヨーク・ポスト紙のコラムに掲載された話を元にしている。刑期を終えて出所した男がバスに乗って妻のいる家に帰ろうとする。もし妻が待っているなら庭の木に黄色いリボンを結んでくれるはずだが、なければ・・・という内容である。親しみやすいメロディーとともに、この歌詞が人々の共感を呼び大ヒットにつながった。日本でも山田洋次監督の映画「幸福の黄色いハンカチ」のモチーフとなったことは有名である。

歌詞の内容 

歌詞の内容はアパートの上下に住む男女2人のお話で3回のノックはデートの申し込み、
そしてパイプの音が2回帰ってきたら答えはNG。

そのため曲中でサビはコーラスとスネアで3回トントントンとなり、そのあと、パイプっぽい音でコンコンと2回入っている。



トニー・オーランド

毛皮商のギリシャ人を父に持ちニューヨークのスラムで生まれた。幼少の頃から街頭で歌を歌って家計を助け、13歳で音楽出版社に雇われデモ歌手になった。アイドル歌手を目指し61年17歳で自身もレコードデビューしいくつかのヒットを出したがが上手くいかずに断念。

結婚して生活のために音楽出版社に勤めるようになった。69年にはWindというバンドのボーカルとしてヒットを飛ばす。70年に「恋するキャンディダ(Candida)」のボーカルをとるシンガーがいないということで、「歌ってくれ」と要請されしぶしぶ引き受けてレコーディング。

しかもアーティスト名は”トニー・オーランド&ドーン”というグループを引き連れて歌ってるシンガーという設定だった。まだメンバーも決まっていない架空のグループ。

女性バックコーラスは”テルマ”と”ジョイス”。コーラスはあとで被せて録音されたのでトニーは2人に実際に会ったこともなかった。このDawnの歌手として吹き込んだアルバムCandidaが3位のヒットとなった。

 「ノックは3回」のシングルジャケットに載っている男性4人グループ。当時は”ドーン”をグループで売ろうとしてたので、こんなメンバーの写真が使われた。ほんとは、トニーがボーカルで、女性コーラス2名という実態であるのに…。

別人の写真が使われたジャケット写真

スポンサーリンク



誰もが「売れないだろう」と思っていたが

曲は大ヒット。このとき一緒に録音された「ノックは3回」は全米第一位!になった。

アメリカやイギリスでのドーンのライヴを待ちわびる声にこたえ、トニーは”テルマ”と”ジョイス”に直接会って交渉。これでようやくファンの前に”ドーン”として登場できることになった。

こうして覆面歌手をやめ、バックコーラスを集めて再デビューを果たしたのがDawnであった。

即ち存在していなかったグループの曲がヒットしてしまったために急遽メンバーを集めて活動を始めたというわけ。

Dawnはそのキャリアの中でDawn以外にDawn Featuring Tony OrlandoさらにTony Orlando & Dawnという3つの名義を使っている。

しかし日本でのレコード発売では厳密に使われておらず、Dawnの表示のままということもあった。

スポンサーリンク



まずは音と映像で

Dawn 歌詞付アニメ

Knock Three Times With Lyrics

PVと思われる

Knock Three Times – Dawn
スポンサーリンク
ノックの回数(余談)

基本的なノックのマナーは4回、2回はトイレ、3回は友人・知人と使い分けられている。 

カバーセレクション

Dolly Parton

Dolly Parton – Knock Three Times On The Dolly Show with Kenny Rogers 1976/77

Billy ‘Crash’ Craddock

Billy 'Crash' Craddock "Knock Three Times"



Deborah Gibson

Knock Three Times – Deborah Gibson ( Featuring Tony Orlando )

Lynn Anderson

Knock Three Times – Lynn Anderson

Pat Kelly

KNOCK THREE TIMES- PAT KELLY**LYRICS**

スポンサーリンク



<歌詞>

Hey girl what ya doin’ down there
Dancin’ alone every night while I live right above you
I can hear your music playin’
I can feel your body swayin’
One floor below me you don’t even know me
I love you
Oh my darling
Knock three times on the ceiling if you want me
Twice on the pipe if the answer is no
Oh my sweetness
Means you’ll meet me in the hallway
Twice on the pipe means you ain’t gonna show
If you look out your window tonight
Pull in the string with the note that’s attached to my heart
Read how many times I saw you
How in my silence I adored you
Only in my dreams did that wall between us come apart
Oh my darling
Knock three times on the ceiling if you want me
Twice on the pipe if the answer is no
Oh my sweetness
Means you’ll meet me in the hallway
Twice on the pipe means you ain’t gonna show
I can hear your music playin’
I can feel your body swayin’
One floor below me you don’t even know me
I love you
Oh my darling
Knock three times on the ceiling if you want me
Twice on the pipe if the answer is no
Oh my sweetness
Means you’ll meet me in the hallway
Twice on the pipe means you ain’t gonna show

スポンサーリンク

コメント