スポンサーリンク

夜霧のしのび逢い(La Playa)~Claude Ciari

A--E
スポンサーリンク

はじめに

 日本では1965年同名のギリシャ映画のサウンドトラック盤で大ヒットとなった。スペイン語の原題「La Playa」は「浜辺」の意味である。

曲の由来

 1964年ベルギーのバンド「ロス・マヤス」のリーダーであるジョー・ヴァン・ウェッター(Jo Van Wetter)の作曲。映画のために作曲されたものではなく、この映画が封切りされる前には「ひとりぼっちの浜辺」というタイトルでラジオからよく流れていたヒット曲であった。同年ロス・マヤスは来日している。

 同年当時若手のギタリストとして注目されていたクロード・チアリのカバーが45か国でヒットし、フランスのACCディスク大賞を受賞するなど世界的にヒットした。

 さらに同年女優のマリー・ラフォーレが歌う3か国語のバージョンが作られた。
①フランス語バージョン「La plage(浜辺)」ピエール・バルー作詞 海辺の恋の物語
②スペイン語バージョン「La playa」フランシスコ・カレーラス作詞 浜辺での恋の物語
③イタリア語バージョン「E se qualcuno s’innamorera di me」ダニエレ・パチェ作詞 まだ見ぬ恋人を待ちわびるギタリストの話

 このような状況のもとに、輸入された映画フィルムにはこのテーマ曲は影も形もなかったのだが、1965年の本邦公開にあたってタイトルバックとエンディングにクロード・チアリのギター演奏をサウンド・トラックに貼り付けたため、「夜霧のしのびあい」という邦題でレコードがリリースされた。

 そのため原曲の「ひとりぼっちの浜辺」というタイトルのすべてのレコードが強引に「夜霧のしのびあい」に改名されてしまった。



クロード・チアリ

 哀愁のギタリストとして世界を演奏旅行するうち、日本が気に入り日本人と結婚し神戸に落ち着く。やがて日本に帰化し、智有蔵上人に改名した。

映画「夜霧のしのび逢い」

 1963年にギリシャで製作された映画で、原題は”τα κοκκινα φαναρια”で英語題名が「The Red Lanternes」、監督はヴァシリス・ジョルジアデス(Vassilis Giorgiadis).。アレコス・ガラノスの戯曲を彼自身が脚色。公娼制度が廃止される前後のギリシャの港町を舞台に、娼婦たちのさまざまな恋や生活を描いた風俗ドラマ。
 同年のアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた。

映画のチラシ

クロード・チアリの演奏

クロード・チアリ(Claude Ciari)

クロード・チアリ(Claude Ciari)のギターが冴え渡っている。

Claude Ciari-La playa 1964
Claude Ciari – La playa -1964

オリジナル

Los Mayas 「ひとりぼっちの浜辺」

作曲者のグループが演奏しているこちらがオリジナルと思われる

Los Mayas – La Playa

Τα Κόκκινα Φανάρια (1963) 

こちらが本来の映画の主題歌と思われる

"Κόκκινα φανάρια (Το καλντερίμι)" – Πόλυ Πάνου (1963)

スポンサーリンク



マリー・ラフォレのカバー

マリー・ラフォレ(Marie Laforet)

フランス語バージョン「La plage」

Marie Laforêt – La plage – 1964

スペイン語バージョン「La playa」

上の仏語から翻案されたようで内容はかなり異なってるらしい。

MARIE LAFORET – La playa

イタリア語バージョン「E se qualcuno s’innamorera di me」

Marie Laforet – E se qualcuno s'innamorerà di me (1965)

その他のカバー

カテリーナ・ヴァレンテ(Caterina Valente)

<削除された>

グラシェラ・スサーナ(Graciela Susana) 日本語

グラシェラ スサーナ Graciela Susana 夜霧のしのび逢い LA PLAYA
スポンサーリンク

日本語カバー

伊東ゆかり

日本語カバーではこれ。しっとりとした歌い方がピッタリ。

伊東ゆかり 夜霧のしのび逢い 1966 / La Playa

越路吹雪

越路吹雪 夜霧のしのび逢い Fubuki Koshiji

和田弘とマヒナスターズ

YouTubeでは削除されたが見つけた。リンクでどうぞ

三根信宏

三根信宏 夜霧のしのび逢い

サムテイラー

サックス演奏でも聞かせてくれる。

サムテイラー(SAM TAYLOR)/夜霧のしのび逢いLA PLAYA

スポンサーリンク



<歌詞>

作詞:ピエール・バルー、作曲:ジョー・ヴァン・ウェッター
日本語詞:岩谷時子

雨に濡れながら 夜ごとに心求めあう街角
切なくひと夜の夢結ぶ はかない恋よ
降り注ぐ雨 手のひらに 唇をつけて吸おうよ
静かにほほえみ浮かべては 交わそう 愛を
胸の乾きいやして また別れる街角
名も知らずに抱き合う あすのない街角

雨は恋を運んでくる 貧しい女の胸にも
口づけはいつも ほろ苦い涙の雨よ
ほろ苦い涙の雨よ

La Plage (La Playa)

Quand sur la plage tous les plaisirs de l’été
Avec leurs joies venaient à moi de tous côtés
L’amour offrait l’éternité
A cette image de la plage ensoleillée

C’est bien dommage mais les amours de l’été
Bien trop souvent craignent les vents en liberté
Mon coeur cherchant sa vérité
Vient faire naufrage sur la plage désertée.

Le sable et l’océan
Tout est en place
De tous nos jeux pourtant
Je perds la trace
Un peu comme le temps
La vague efface
L’empreinte des beaux jours
De notre amour.

Mais sur la plage le soleil revient déjà
Passe le temps le coeur content reprends ses droits
A l’horizon s’offre pour moi
Mieux qu’un mirage une plage retrouvée
Mieux qu’un mirage c’est la plage ensoleillée.

コメント