スポンサーリンク

恋心(L’amour C’est Pour Rien)~Enrico Macias

A--E
スポンサーリンク

はじめに

「恋心」をYouTubeで検索したら、B‘z?相川七瀬?何じゃこりゃ!えーかげんにせんかい!検索エンジンよ!!!!!!!!
というわけで本流の「恋心」とはエンリコ・マシアスの曲の事じゃー!!!

原題は「L’amour C’est Pour Rien」で1964年の曲。直訳すれば「愛、それは何ものにも代えられない」となる。作詞はパスカル・ルネ・ブラン(Pascal Rene Blanc)、作曲はマシアス自身。

エンリコ・マシアス(Enrico Macias)

他の記事と重複するかもしれないが、彼のことについて改めておさらいする。1938年アルジェリアで生まれたユダヤ人歌手。

1930年のフランスのアルジェリア侵攻から1962年7月5日のアルジェリア独立までの間フランス領アルジェリアに居たヨーロッパ系植民者、いわゆるピエ・ノワール(Pieds Noirs)の家系で、アルジェリア戦争の終わる少し前に家族でパリに移り住み、小学校の先生をしていた。

戦争終結後の1962年から活動を始めた。ギターとウードを弾き、アラブ訛りのフランス語で歌う。「さらば祖国よ(Adieu mon pays )」という曲は、独立戦争によって本国に帰還したピエ・ノワール達のシンボルとなった。

日本でも人気があり、1964年のこの曲の他には、1962年の「想い出のソレンツァラ」がよく知られている。

活動を始めた当初、ジルベール・ベコー(Gilbert Becaud)の前座歌手をつとめた後、「さらば祖国よ」でレコードデビューしたのが奇しくもアルジェリア独立の年、1962年マシアス24歳の時であった。

マシアスの成功の影には初期の頃から作詞の面で支えたジャック・ドマルニ(Jacques Demarny)や作曲・編曲の面で支えたジャン・クロードリック(Jean Claudric)が有名だがこの他にも多数いた。

アルジェリア独立戦争の影

エンリコ・マシアスの青春時代は丁度アルジェリア独立戦争の時代に重なっている。この戦争は様々な図式を含んでいて、コロンと呼ばれたヨーロッパ系入植者と抑圧された先住民(アンディジェーヌ)との民族紛争でもあった。多くのコロンはフランス本国に引き揚げることになるが、後に今度は本国においてピエ・ノワール(黒い足)と呼ばれ、差別的扱いを受ける。

エディット・ピアフの恋人だったマルセル・セルダンや世界的に有名なデザイナー、イヴ・サンローランもピエ・ノワールである。サッカーでフランス代表司令塔だったジェディーヌ・ジダンはアルジェリアからの移民2世である。

歌詞の内容に関する考察

65年永田文夫作詞による「恋心」での「恋なんてむなしいものね/恋なんて何になるの」の箇所の原詩対応部分では「愛、それは何ものにも代えられない/お前はそれを売ることはできない/愛、それは何ものにも代えられない/お前はそれを買うことはできない」と愛の価値を直裁に歌っている。

また原詩に使われている「売る」とか「買う」が消されており散文的要素は削ぎ落とされて、いかにも日本でいう「シャンソン」に仕上げられている(「わっかっているよ」で紹介した名古屋大学の論文から引用)

即ち本来の歌詞はアルジェリア独立闘争の中で作られた、人間の「至上の愛」を歌ったものだが、日本語訳詩では男女の「恋」の歌にしてヒットした。

輸入する際に本来のものとはかけ離れた歌詞になる例は多いがこれはまるで違った感じの歌になっている。

スポンサーリンク



エンリコ・マシアスの歌声と映像

この曲は発売当時フランス本国ではそれほどヒットせず、日本でのほうが好まれてヒットした。中でも岸洋子の日本語バージョンもヒットしている。

Enrico Macias(エンリコ・マシアス)

Tango (L'amour C'est Pour Rien) – Enrico Macias (avec paroles)

カバーセレクション

Alfred Hause(アルフレッド・ハウゼ楽団)

ALFRED HAUSE – Lamour cest pour rein 恋心

Fausto Papetti

Fausto Papetti – L'amour c'est pour rien

Yvette Giraud(イベット・ジロー)もアルバムの中でカバーしている

このアルバムの11曲目に収録されている。

Claude Ciari(クロード・チアリ)もアルバムの中でカバー

このアルバムのDisc-1  8曲目に収録されている。

Claude Ciari – L'amour, C'est Pour Rien



日本での大ヒット

日本では岸洋子のカバーが先行し、レコード発売は1965年、東芝からであった。その後すぐにいくつもの日本語詞のカバーが競作となる。

キングから岸洋子 作詞 永田文夫
ポリドールから菅原洋一 作詞 なかにし礼(「知りたくないの」のB面)
東芝から越路吹雪 作詞 岩谷時子

これらの中で定番となったのが岸洋子のバージョンであった。

競作の中で定番となった岸洋子バージョン

岸洋子 恋心 1965 / L'amour C'est Pour Rien

越路吹雪

越路吹雪 恋ごころ 1965 / €€L'amour C'est Pour Rrien

西田佐知子

西田佐知子     恋心

菅原洋一はB面で発売

菅原洋一&ペギー葉山

恋 心  菅原洋一&ペギー葉山 UPC‐0311

高橋真梨子

<削除された>

独自の曲調に変えて歌っていて秀逸

収録されたアルバム「No Reason~オトコゴコロ~」のジャケット写真

Graciela Susana(グラシェラ・スサーナ)

<削除された>

由紀さおり 2012年5月に出したシングルがあることを初めて知った。ジャケット写真のみ。

スポンサーリンク



<歌詞>

Sur la plag’ de Solenzara
Nous nous sommes rencontrs,
Un pecheur et sa guitare
Chantaient dans la nuit d’t
Cette douce mlope.
Sur la plag’ de Solenzara
Chaque soir on a dans
Et le jour de ton dpart
J’ai compris que je t’aimais
Et je ne t’ai plus quite
[Refrain:]
Solenzara
Oh ! chi dolce felicita
Solenzara
Pi bnum si posta….
Quand j’entends la mlodie
Qui m’a donn tant de joie
Je sais que cette nuit-l
Notre amour a pris sa vie
Au cur de Solenzara
[Instrumental]
Solenzara
J’y reviendrai tous les ts
Solenzara
Pi bnum si posta….
Pi bnum si posta….

<翻訳> 日本で歌われる歌詞では本来の意味が伝わらないので朝倉ノニー氏による翻訳

歌詞の中に出てくる「サラマンダー」とは、燃える炎の中や溶岩の中に住んでいて、火や炎を自由に操るトカゲまたはドラゴンのような姿をしている架空の生き物のこと。

まるでサラマンダーのように
恋は摩訶不思議だ
そして灰となったのちに再生する
まるで火の鳥のように
それにいのちを与えようと
何人も無理強いすることはできない
またそれを消すことは
忘却の水にしかできないことだ

恋、それはなんのためでもない
君はそれを売ることはできない
恋、それはなんのためでもない
君はそれを買うことはできない

君の身体が目覚めたとき
君は震え慄きはじめる
だがもしも君のこころが目覚めると
君は夢を見はじめる
誰かの告白と
通じあっているという夢を
なぜならこの妙な慄きは
二人によってしか存在しえないから

恋、それはなんのためでもない
君はそれを売ることもできない
恋、それはなんのためでもない
君はそれを買うことはできない

恋、それは希望だ
ゆえなくもさだめもない
恋は運不運のように
当てにならないものだ
地上にはこんな男がいる
そいつは狂おしいほど君を愛し
君のことを知らなくても
いのちを捧げるつもりだ

恋、それはなんのためでもない
君はそれを奪うことはできない
恋、それはなんのためでもない
だが君はそれを与えることができる
恋、それはなんのためでもない
恋、それはなんのためでもない

スポンサーリンク

コメント