スポンサーリンク

カラーに口紅(Lipstick On Your Collar)~Connie Francis

A--E
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

 コニー・フランシス(Connie Francis)はもう既に何回も取り上げている。1938年12月ニュー・ジャージー州ニューアーク生まれのイタリア系アメリカ人。

 3歳の頃から地元のクラブやイベントに参加して歌っていたが、11歳の時にTV番組に出演するようになり、タレントスカウトショーに優勝してプロデビューした。

58・59年の快進撃

 17歳の時MGMから念願のレコードデビューを果たすがヒットに恵まれずMGMから最後通告を受けて録音した58年「Who’s Sorry Now?(フーズ・ソリー・ナウ)」が全米4位の大ヒットとなった。その後の快進撃は周知の通りである。

58・59年のトップ40だけに限定してもこのようにヒットを飛ばした。
58年4月発売「アイム・ソーリー・アイ・メイド・ユー・クライ」36位
58年7月発売「間抜けなキューピット」14位
58年11月発売「マイ・ハピネス」2位
59年5月発売「カラーに口紅」5位
        「フランキー」9位
59年11月発売「想い出の中に」7位

間抜けなキューピッド(Stupid Cupid)~Connie Francis
コニーのデビューは55年で、しばらくの低迷後58年にリリースした11枚目のシングル「Who’s Sorry Now」が、あっという間にミリオンセラーを記録。同年立て続けにヒットを飛ばした中の1曲がこの曲。この頃日本ではコニーはまだ無名で殆ど注目されていなかった。

 このようにヒットを連発しながらナンバー1ヒットがなかなか出なかった彼女の最初の全米ナンバー1ヒットは「エヴリバディーズ・サムバディーズ・フー(Everybody’s Somebody’s Fool)」(60年)だということを、知ってる人は少ないであろう。



日本のアメリカンポップス女王に

 ところで日本でのコニ^・フランシスのイメージは日本語で当時のティーンエイジ・アイドルが歌ってヒットした曲が多いため、アイドル歌手とされることが多い。しかし本国では様々なジャンルの曲を歌う実力派歌手と見られており、ヒット曲も多彩なジャンルにわたっている。

 また日本でのヒット曲のうち本国では全くチャートインしなかったり、逆に本国での大ヒット曲が日本では全く知られていないものと明確に分かれているのが特徴的である。

 従って日米共にヒットしたのはこの「カラーに口紅」を嚆矢として「ボーイ・ハント」、「バケイション」、「想い出の冬休み」、「渚のデイト」くらいであることはあまり知られていない。

ボーイ・ハント(Where the Boys Are)~Connie Francis
「間抜けなキューピッド」同様ニール・セダカから提供された曲。コニーFは同名映画に出演している。当初映画のサウンドトラックで使うオリジナル曲の予定で作られたが採用されず、別途レコーディングされリリースされたものである。営業戦略として6か国語でレコーディングされた。
ヴァケイション(VACATION)~Connie Francis
歌詞の中には「砂に書いたラブレター」の歌詞の一部や当時流行していたダンス「マッシュポテト」がちりばめられて、若者に受け入れられやすくなっている。日本では弘田三枝子、青山ミチ、伊東ゆかり、金井克子等多くのカバーが作られたが弘田三枝子盤が20万枚と大ヒット、青山ミチ盤が3万枚であった。
想い出の冬休み(I'm gonna be warm this winter)~Connie Francis
この曲の歌詞の内容は「冬休みに、彼氏と出会って恋をして・・・」という乙女心を歌っている。健康的なお嬢さんが心の中で「さあ、恋をするわよ!」というような、願望を秘めたパワフルさを感じさせる。米国では現在もクリスマスソングの一つとして歌われている。

 この「カラーに口紅」は作詞エドナ・ルイス(Edna Lewis)作曲ジョージ・ゴーリング(George Goehring)

 59年5月に発売され全米5位を獲得している。「マイ・ハピネス」に続く4枚目のゴールド・ディスクを獲得した。なおカップリングの「Frankie」も同年7月全米9位を獲得した。日本では59年年間ラジオ・ヒット20位となり、カテリーナ・ヴァレンテ「情熱の花」と並ぶこの年の女性歌手ビッグヒットとなった。

 この曲が日本でのコニー・フランシス最初のビッグ・ヒットとなり、続いて日本語で歌った「ボーイ・ハント」も大ヒットとなり、一気に日本でのアメリカンポップス女王の地位を獲得した。

 

スポンサーリンク



楽曲解説

 出だしの「ヤヤヤヤ、ヤーヤ」とオチャラケたバックコーラスから始まるとつい聞き耳を立ててしまう。続くギターがなかなかカッコ良い演奏で心地良いイントロになっている。またブレークのところのギターがこれまたカッコいい。というのもこの曲のセッションにはジョージ・バーンズやバッキー・ビザレリといったニューヨーク近辺のジャズギタリストが参加していたらしい。ブルージーでメロディアスなプレイはカッコいいだけでなく存在感のある秀逸なギターソロと言える。

コニー・フランシスの歌声と映像

コニー・フランシス(Connie Francis)

Lipstick On Your Collar by Connie Francis 1959

 その頃はこのような映像に接する機会は全く無かったので今回初めて見た。当時はこのような口パクが普通だったのか。当時のTV番組で歌っているが、歌いながらリズムを取っている動作を称して「幽霊ダンス」と表現しているブログがあった。

当時のTV番組

CONNIE FRANCIS ON TV LIPSTICK ON YOUR COLLAR 1959




カバーセレクション

Helen Shapiro

Lipstick on Your Collar

Lippenstift am Jacket ドイツ語

Lippenstift am Jacket (Lipstick On Your Collar)
スポンサーリンク

日本でもヒット

懐かしい歌声を発見。少し上の世代だがまだ活躍していた。

スリー・グレイセス(英語)

スリー・グレイセス カラーに口紅(1) 1960 / Lipstick On Your Collar

日本では60年森山加代子、かまやつひろし、スリー・グレイセス等がカヴァーした。

森山加代子(日本語)

森山加代子 カラーに口紅 1960 / Lipstick On Your Collar

伊東ゆかり

伊東ゆかり – カラーに口紅



中尾ミエ・森山加代子・伊東ゆかり

カラーに口紅 中尾ミエ・森山加代子・伊東ゆかり 1996

スパーク3人娘(中尾ミエ、伊東ゆかり、園まり)

中尾ミエ・伊東ゆかり・園まり カラーに口紅

いしだあゆみ(英語)

いしだあゆみ カラーに口紅 1970 / Lipstick On Your Collar

スポンサーリンク



かまやつヒロシ

かまやつヒロシ カラーに口紅 1960 / Lipstick On Your Collar

辺見マリ

辺見マリ カラーに口紅 1970 / Lipstick On Your Collar

小山ルミ

小山ルミ カラーに口紅 1973 / Lipstick On Your Collar




<歌詞>

作曲:G.Goehring
作詞:E.Lewis
When you left me all alone
At the record hop
Told me you were goin’ out
For a soda pop
You were gone for quite a while
Half an hour or more
You came back and man oh man
This is what I saw

Lipstick on your collar
Told a tale on you
Lipstick on your collar
Said you were untrue
Bet your bottom dollar
You and I are through
‘Cause lipstick on your collar
Told a tale on you yeah

You said it belonged to me

Made me stop and think
And then I noticed yours was red
And mine was baby pink
Who walked in but Mary Jane
Lipstick all a mess
Were you smoochin’ my best friend
Guess the answer’s yes

Lipstick on your collar
Told a tale on you
Lipstick on your collar
Said you were untrue
Bet your bottom dollar
You and I are through
‘Cause lipstick on your collar
Told a tale on you boy
Told a tale on you man
Told a tale on you year
Told a tale on you

スポンサーリンク

コメント