スポンサーリンク

ロリポップ・リップス(Lollipop Lips)~Connie Francis

A--E
スポンサーリンク

はじめに

Connie Francis(コニー・フランシス)は11歳の頃からショーに出演し、1955年17歳の時に「Freddy」でレコードデビューするも3年間鳴かず飛ばずだった。1958年に11枚目のシングル「Who’s Sorry Now」が全米4位のヒットとなった。その後60年代前半までアメリカン・ポップスの女王として君臨。61年には「Together」がヒットし、『ビルボード』誌のアダルト・コンテンポラリーのシングルチャートで女性として初めて1位を獲得した。

この曲はアメリカでは発売されず日本独自のヒット曲。英語盤はイギリスでのみ発売された。ハンク・ハンターとスタン・ヴィンセントの作品。同じコンビでジョニー・シンバルにも曲を提供している。その縁なのか不明だがジョニーの曲には常連参加の印象的ベース・ヴォイス、ロニー・ブライトがこの曲でも低音の魅力を聴かせてくれている。

この頃のアメリカはまだベトナム戦争の暗い影も無く底抜けに明るい良い時代だった。

タイトルに使われているロリポップとは子供用の棒つきキャンデーのこと。

コニーの歌声と映像

Connie Francis(コニー・フランシス)

Connie Francis – Lollipop Lips

当時日本で流れていた日本語バージョン

コニー・フランシス ロリポップ・リップス(日本語)1964 / Lollipop Lips
日本発売盤のジャケット写真

キャッチコピーの「ハッスル、コニーの快調子」が面白い

何の映像かは不明だが少年たちがエアギターで歌っている

lollipops Lollipop Lips BW 1963



全米トップ100に53曲も送り込んだコニー

今回取り上げた「ロリポップ・リップス」は米国においてシングル発売すらされていないため、残念ながらランクインはしていない。しかしコニーはトップ100に53曲もの歌が掲載された音楽史上、最も活躍した女性シンガーの1人。

1958年

Stupid Cupid (チャート順位17位・#17)
Fallin’ (#30)

1959年

My Happiness (#2)
If I Didn’t Care (#22)
Frankie (#9)
Lipstick on Your Collar (#6)
You’re Gonna Miss Me (#34)
Plenty Good Lovin’ (#69)
God Bless America (#36)

1960年

Among My Souvenirs (#7)
Teddy (#17)
Mama (#8)
Jealous Of You (#19)
Everybody’s Somebody’s Fool (#1)
Malaguena (#42)
My Heart Has A Mind Of Its Own (#1)
Senza Mamma (#87)
Many Tears Ago (#7)

1961年

Hollywood (#42)
Where The Boys Are (#4)
No One (#34)
Breakin’ In A Brand New Broken Heart (#7)
Too Many Rules (#72)
Together (#6)
Dreamboat (#14)

1962年

Baby’s First Christmas (#26)
When The Boy In Your Arms (#10)
Don’t Break The Heart That Loves You (#1)
Second Hand Love (#7)
Vacation (#9)
He Thinks I Still Care (#57)
I Was Such A Fool (#24)
スポンサーリンク



1963年

Al Di La (#90)
I’m Gonna Be Warm This Winter (#18)
Follow The Boys (#17)
If My Pillow Could Talk (#23)
Drownin’ My Sorrows (#36)
Your Other Love (#28)

1964年

In The Summer Of His Years (#46)
Blue Winter (#24)
Be Anything (#25)
Looking For Love (#45)
Don’t Ever Leave Me (#42)

1965年

Whose Heart Are You Breaking Tonight (#43)
For Mama (#48)
Wishing Was You (#57)
Forget Domani (#79)
Roundabout (#80)
Jealous Heart (#47)

1966年

Love Is Me, Love Is You (#66)
Spanish Nights And You (#99)

1967年

Time Alone Will Tell (#94)

1969年

The Wedding Cake (#91)

スポンサーリンク

日本のカバー

九重佑三子がダニー飯田とパラダイスキングの専属のような形で活動していた頃。この後独立するのは九ちゃんと同じ道。
こういう曲はやっぱりパラキンっていいなぁ。

九重佑三子&パラダイスキング

九重佑三子・パラキン  ロリーポップ・リップス 1964 / Lollipop L

九重佑三子&パラダイスキングのカバーとコニーのオリジナルが連続して聴ける。

<削除された>

渡辺順子(黛ジュン)

黛ジュンの別名だと初めて知った

渡辺順子 ロリポップ・リップス 1964 / Lollipop Lips

「ロリポップ」という紛らわしいタイトルの異なるヒット曲

コーデッツ(The Chordettes)

Chordettes – Lollipop

日本語の歌詞はここにあるのでこれで我慢




<歌詞>

Lolli-lolli-lollipop lips..lolli-lolli-lollipop lips..
Orange, pineapple, cherry, lemon and lime..
(Cherry, lemon and lime.)
These are the flavours I taste when your lips touch mine.
(When your lips touch mine.)
I get a sweet-tooth when I come to grips..
(When you come to grips..with your pop-pop-pop-pop-pop-pop..
yeah, yeah..oh, yeah..lollipo lips.)

I’m in heaven every time I dig the taste.
(When I think of the taste.)
So, come on, baby, there’s not a moment to waste.
(Not a moment to waste.)
I want to take a hundred-milliom trips..
(Hundred-million trips.)
(to your..pop-pop-pop-pop-pop-pop..yeah, yeah..oh, yeah..
lollipop lips.)
(Oh, yeah)..you’re driving me crazy..(uh-huh)..I’m offa my trolley.
(Oh, yeah)..I’m daft as a daisy..(uh-huh..give me your lolli..)
(Pop-pop-pop-pop-she-pop..oh, yeah..oh, yeah..lollipop lips.)

Orange, pineapple, cherry, lemon and lime..
(Cherry, lemon and lime.)
These are the flavours I taste when your lips touch mine.
(When your lips touch mine.)
Now, every kiss you got me doin’ flips..
(Got me doin’ flips..)
For your..(Pop-pop-pop-pop-she-pop..yeah, yeah..oh, yeah..
lollipop lips.)
(Pop-pop-pop-pop-she-pop..yeah, yeah..oh, yeah..lollipop lips.)
(Pop-pop-pop-pop-she-pop..yeah, yeah..oh, yeah..lollipop lips.)
(Pop-pop-pop-pop-she-pop..yeah, yeah..oh, yeah..lollipop lips.)(Fade.)

コメント

  1. hiro より:

    楽しく拝見しています。九重祐三子盤、「ワシントン広場の夜は更けて」のB面で当時買った覚えがあります(笑)
    森山加代子が歌ってもいいかなと…
    渡辺順子は後の黛ジュンです。

    • 竜馬竜馬 より:

      hiroさん、はじめまして
      コメントを有難うございます。

      私は坂本九の大ファンでしたが、九重祐三子も好きでした。特に「シェリー」ですね。
      黛ジュンが別名で活動していたのは初めて知りました。

      どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。