スポンサーリンク

慕情(Love is A Many Splendored Thing)~The Four Aces

Artist(English)
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

いうまでもなく、この曲は55年に公開された香港を舞台にした映画「慕情」の主題歌である。原題は「Love is A Many Splendored Thing」。映画音楽史上の名作といわれる。作曲者サミー・フェインは歌劇「蝶々夫人」のアリア「ある晴れた日に」を参考にしたという。第28回アカデミー賞歌曲賞受賞作品。

音楽「Love is A Many Splendored Thing」

 

作詞はポール・フランシス・ウェブスター。原題の「Love is A Many Splendored Thing」はイギリスの詩人フランシス・トムスンの詩「神の御国」の一節からとられた「A Marry – Splendored Thing」に由来すると言われている。

作曲者サミー・フェインはユダヤ教の牧師で歌も歌っていた父親の影響を受け、音楽家への道に進んだ。当時ユダヤ系の音楽家には親が教会の歌い手だったという人はかなり多かった。

サミー・フェインの作品は『That old feeling』『Secret Love』『April Love』『A Very Precious Love』『A certain smile』などジャズからポップスにまたがって数多い。作詞のウェブスターも作品は多く70本の映画に作詞してそのうち40本がヒットした。『Black Coffee』『Invitation』『I got it bad and that ain’t good』などのスタンダードがあり、サミー・フェインとのコンビではこの曲の他、『Secret Love』でもアカデミー賞を受賞している。



April Roseとは

普通は「4月の薔薇」と訳すことが多い。殆どの薔薇は5月以降から11月までが咲く時期であるのに対して、「木香薔薇」だけが4月ごろに他の薔薇に先がけて咲き誇るという。

上の写真のように春先に輝かんばかりに咲く、甘く美しい薔薇。しかもバラ科に属していながら棘が無い蔓薔薇だからこそgolden crownにも出来るわけだろう。この黄金の冠を身に付けた恋の輝きに満ち足りた王の姿を思い浮かべたのかもしれない。だからこそ単にroseではなく、わざわざApril Roseと表現したのではないだろうか。この花言葉は「あなたにふさわしい人」ということで、映画に合っている。

スポンサーリンク



The Four Aces オリジナル

THE FOUR ACES ~ Love Is a Many Splendored Thing ~

彼らの最近のライブ映像

The Four Aces – Love Is A Many Splendored

スポンサーリンク



カバーセレクション

以下のように錚々たる大物が競ってカバーしているのは名曲の証でもある。

Andy Williams(アンディ・ウィリアムス)

Andy Williams – Love Is A Many Splendored Thing

 

映画の名シーンに乗せて

Love Is A Many Splendored Thing – Trailer with Andy Williams

Nat KIng Cole(ナット・キング・コール)



Connie Francis(コニー・フランシス)

Connie Francis – Love Is A Many Splendored Thing

Engelbert Humperdinck(エンゲルベルト・フンパーディンク)

Engelbert Humperdinck – Love is a many splendored thing

Frank Sinatra(フランク・シナトラ)

Love Is A Many-Splendored Thing (1955)

Matt Monroe(マット・モンロー 映画のハイライト)

Matt Monro – Love is a many splendored thing (慕情 / マット・モンロー)
スポンサーリンク

コメント