スポンサーリンク

ムーン・リバー(Moon River)~Andy Williams

A--E
スポンサーリンク

はじめに

 この曲はアンディ・ウィリアムスのバージョンで良く聞いていた頃から古いスタンダードと思っていたら61年に作られたと知ってちょっと意外であった。

 61年に公開された映画「ティファニーで朝食を」の主題歌であり作詞はジョニー・マーサー、作曲はヘンリー・マンシーニ、歌ったのは主演女優のオードリー・ヘプバーンであった。その中で、ヘップバーンがギターを弾きながら歌った。同年のアカデミー歌曲賞の他、グラミー賞3部門を獲得している。

 歌詞の内容に関してはTV番組で歌っているアンディ・ウィリアムスでさえ良くわからない部分があると語っていたそうである。

スポンサーリンク

難解な歌詞の内容

 「Moon river wilder than a mile」
(ムーンリバーの幅は1マイル(1.6km)以上だよ)で始まるこの歌詞。

 「揺れる水面に月光の筋が映りこんだ様子を、ムーン・リバーという」という意味もあるらしいが、この曲のイメージとは違う。

 毎日新聞社の米国特派員が疑問を持ち、米国人に聞いたところ、「Moon riverと大文字になっているから固有名詞だ」と教わり、色々調べたという。

 結局、作詞したJ.マーサ(作曲者、H.マンシーニ等と組み良い作品を沢山書いている)の故郷にある実家の裏に「バックリバー」という川があり、それがムーンリバーとよばれているとのことを発見したというのである。

 インターネットを検索してみると、アメリカのサイトに、なんと作詞者の名前JOHNNY MERCER Websiteがあって、新聞記事のとおり、彼の実家と「バックリバー」の写真が載っていたそうである。

 本当に大きい川。ただし、写真で見る限りあまりロマンチックな川ではない。ティファニーのあるニューヨークにはハドソン川とイースト川があるが、そんなに川幅は広くない。ニューヨークでロマンティックな曲の作詞するときに故郷を思い出して、その情景を描いたと思われる。

スポンサーリンク



「my huckleberry friend」

 直訳すると「私のコケモモ友達」だが、そのままでは意味不明である。

 「 huckleberry(ハックルベリー)」は「コケモモの実」のことだが、ジョニー・マーサーはこのことについて次のように語っている。

『“my huckleberry friend”という言葉を思いついた正確な理由は、じつは僕にはないんだ。
たぶん子供のときに野原に出て野性の木の実をつんだりした思い出からきた言葉だと思う。
当時は木の実なんかどこにでもあったからね。
僕はこの歌で南部のことを連想していたんだ。
主人公のホリー・ゴライトリー(オードリー・ヘップバーン)は南部から来たことになっていたからね。
最初はしばらくこの曲を「Red River(レッド・リヴァー)と呼んでいたよ。
というのは、南部の川はみんな泥がまじっていて赤い色をしていたからね。
季節は春で彼女はニューヨークにいるんだけれど、故郷の子供のときのことを思い出している。
それで「huckleberry」という単語が浮かんだんだとき、これだと思ったんだ。
そう、何か変な言葉だけれど、だからこそ何かひきつけられたんだ』

「rainbow’s end」

 ”虹の端っこ”というのは、古いことわざから来ているようだ。どうやら、虹の端っこには、宝物が隠されているって、いうような・・

 聖書的に云うと、「虹」というのは、「神様と人間との約束の印」というような解釈が有るので、西洋人にとって、「虹」とは、東洋人には理解しにくい、特別な意味が有るのだろう。

http://blog.goo.ne.jp/wakorie/e/24d9bd4697c9f258856b34225193c25d

スポンサーリンク

映画の中で3回使われた

 この「ムーン・リバー」は3回流れる。冒頭ティファニーの前で朝食を食べながらオードリーがウィンドウショッピングする場面、窓際でオードリーがギター片手に歌う場面、ラストで二人が結ばれる場面。

 オードリー・ヘプバーンとアンディ・ウィリアムスの「ムーン・リバー」に関する逸話。以下はCDの解説より引用。

『’61年に、アカデミー賞・主題歌賞に輝いた「ムーンリバー」は、もともとは映画
「ティファニーで朝食を」の中で、オードリー・ヘップバーンが歌った歌なのだから、
アカデミー賞受賞式会場でもオードリーが歌うのが筋だが、自分の声に嫌悪感を持ち、
オリジナル・サウンドトラック盤レコードにすら歌の部分の収録を拒否したオードリー
に、会場で歌う意志などあるはずが無い。
仕方なく、作曲者マンシーニは親交のあったアンディーに代役を頼み、これが大喝采
を浴びた。これに気を良くしたアンディーは、「アンディー・ウイリアムス・ショー」
のテーマ曲にも使い、ビッグ・ヒットとなった。
…アンディ永遠のテーマ曲として輝き続ける曲と言えよう。』

余談だがマンシーニはオードリーの声域に考慮して、ほぼ1オクターブの中にメロディーを
収め、これだけの美しい曲に仕上げたという。

スポンサーリンク



Andy Williamsの歌声と映像

視聴回数1千万回超

Moon River – Andy Williams

Henry Mancini

Moon River…Henry Mancini…
スポンサーリンク

その他のカバー

Louis Armstrong

LOUIS ARMSTRONG ~ Moon River ~

Sarah Brightman

YouTube

Elton John

Elton John – Moon River

 Frank Sinatra

Moon River Frank Sinatra

スポンサーリンク



Willie Nelson

WILLIE NELSON – MOON RIVER.wmv

Morrissey

Morrissey – Moon River.wmv

R.E.M.

R.E.M. Moon River

Judy Garland

Judy Garland – Moon River
スポンサーリンク

Shirley Bassey

Shirley Bassey – Moon River (1967 Recording)

Katie Melua

KATIE MELUA (Moon River)

Aoi Teshima

moon river – Aoi Teshima

スポンサーリンク



 日本のカバー

BEGIN

<削除された>

純名里沙

純名里沙 ムーン・リバー
Junna Risa - Moon River

松田聖子

松田聖子/MOON RIVER

平井堅

Ken Hirai 平井堅 -Moon River
スポンサーリンク

映画「ティファニーで朝食を」

Breakfast at Tiffany's(1961) – Moon River

オリジナル・サウンドトラック

Henry Mancini 映画「ティファニーで朝食を」 Moon River

オードリーの歌声

BREAKFAST AT TIFFANY´S-MOON RIVER

窓辺で歌うオードリー

ムーン・リバー【訳詞付】- オードリー・ヘップバーン

スポンサーリンク



<歌詞>

Moon river, wider than a mile
I’m crossing you in style some day
Oh, dream maker, you heart breaker
Wherever you’re going, I’m going your way

Two drifters, off to see the world
There’s such a lot of world to see
We’re after the same rainbow’s end, waiting, round the bend
My Huckleberry Friend, Moon River, and me

Moon river, wider than a mile
I’m crossing you in style some day
Oh, dream maker, you heart breaker
Wherever you’re going, I’m going your way

Two drifters, off to see the world
There’s such a lot of world to see
We’re after that same rainbow’s end, waiting, round the bend
My Huckleberry Friend, Moon River, and me

 
 
 
 

スポンサーリンク

コメント