スポンサーリンク

モア(More)~Andy Williams

A--E
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

 1962年のイタリア映画「世界残酷物語」(原題Mondo Cane 米題A Dog’s World)の主題歌。リズ・オルトラーニによるこの主題曲は63年のアカデミー賞にノミネートされた。

 ポップス小僧時代の自分にとり、この曲の定番はアンディ・ウィリアムスとブレンダ・リーであるが、美しいメロディが大好きになり英語の歌詞をどこかから入手してノートに書いて覚えた。数少ない英詩を暗記して歌える曲の一つである。

映画のテーマ曲から誕生した名曲

 この美しいメロディのテーマ曲は、映画が完成した後にタイトルがつけられたため、オリジナルのサントラには『MORE』という曲タイトル表記は無い。

 イギリスで公開されるにあたり、音楽面からテコ入れを図ろうという目的で、その際に曲名が後付けされたらしい。

 独立した曲として最初にレコーディングしたのは南アフリカ共和国出身でイギリスを拠点に活動していた歌手ダニー・ウィリアムス(Danny Williams)のボーカル曲であった。

 これが大ヒットとなり、その後続々とカバー盤が続くことになった。

 イタリア語歌詞はマルチェッロ・チョルチョリーニ作詞のものが存在していたのだが、あまり知られていない。伊題「Ti guardero’ nel cuore」

 リズ・オルトラーニはこの映画の為に数曲を作曲して組曲風に仕上げている。『モア』もそのうちの1曲で、クレジットではリズ・オルトラーニとニーノ・オリヴィエロとの共作となっているが、実際はリズ・オルトラーニの作品である。

 前述のように映画の完成時点ではこの曲に『モア』というタイトルは付けられていなかったものを、アメリカのノーマン・ニューウェルが英語で歌詞をつけて『モア』と命名したものである。

スポンサーリンク

作曲家リズ・オルトラーニ(Riz Ortolani)

 1926年イタリアのペーザロに生まれ、地元の音楽院を卒業後、ローマに移りRAI国立交響楽団に参加する。

 すぐに頭角を現し、ジャズ・シンフォニーオーケストラの指揮を任されると瞬く間に有名になる。その後自身のオーケストラを編成し、ロザンぜルスに移り有名なナイトクラブ”Chiro’s”で演奏を始めた。

 1961年にはローマに戻り、1962年イタリア映画「世界残酷物語」で映画音楽のキャリアをスタートさせる。アカデミー賞歌曲賞を受賞。その後11作品で受賞、18作品でノミネートされた。

 2014年1月イタリア・ローマのラツィオで気管支炎の為逝去。

もっと詳しいことは下記参照

リズ・オルトラーニ、『食人族』などイタリア映画の発展に大きく貢献した作曲家に迫る! | ciatr[シアター]
イタリア映画に貢献しただけでなく、ハリウッドにも進出し数多くの作曲をしたリズ・オルトラーニ。イタリア映画『世界残酷物語』や『食人族』などの作曲もしたリズ・オルトラーニについてご紹介します。
リズ・オルトラーニ Riz Ortolani
イタリアの映画音楽家リズ・オルトラーニの...



リズ・オルトラーニ楽団のオリジナルサウンドトラック盤

Mondo Cane(62年)

Mondo Cane(1962) – More Ti guardero nel cuore

Riz Ortolani

Riz Ortolani 映画「世界残酷物語」 More

独立した曲としてレコーディングされた最初の曲

ダニー・ウィリアムス(Danny Williams)

DANNY WILLIAMS – More (1964): Beautiful version!
スポンサーリンク

カバーセレクション

数ある中でやはり定番はアンディ・ウィリアムス

 1927年アイオワ州に生まれたアンディ・ウィリアムスは10代の頃からウィリアムス4兄弟の一人としてケイ・トンプソンのバックを務めたが、そのバンドが解散して1952年にソロとしての活動を開始。

 1950年代半ばからヒットシングルを連発し、1960年代には映画音楽集などのアルバムを次々にヒットさせ、アメリカの国民的シンガーとなった。

 日本ではCM出演をはじめ、「アンディ・ウィリアムス・ショー」(NHKで1962年から9年間放送)、紅白歌合戦にも1991年に出場するなど、甘い歌声は多くのファンを魅了した。来日公演は1967年、70年、73年、82年、88年、2004年、06年の7回行われた。

 2012年ミズーリ州の自宅で膀胱がんの治療中であったが逝去。

 「アンディ・ウィリアムス・ショー」の詳細は下記参照。

アンディ・ウイリアムス・ショー (1966) - 私的 昭和テレビ大全集
昭和時代のテレビ番組の私的大全集

 アンディ・ウィリアムスに関する膨大な情報をVol.1からVol.39としてまとめたサイト。
このうちVol.3を紹介する。

andy williams アンディウイリアムスの世界

Andy Williams(アンディ・ウィリアムス)

MORE – Andy Williams (Lyrics)

TV番組で歌うAndy Williams(1964年)



アンディ以外のカバー

Brenda Lee(ブレンダ・リー)

Brenda Lee / More

Nat King Cole(ナット・キング・コール)

Nat King Cole – More

スポンサーリンク

Frank Sinatra(フランク・シナトラ)

More – Frank Sinatra – with lyrics

Bobby Darin & Sandra Dee

シナトラの後釜を狙って売り出されたものの40代の若さで亡くなったボビー・ダーリンとサンドラ・ディーのジャズ風アレンジのデュエット

Bobby & Sandy – More

Steve Lawrence(スティーヴ・ローレンス)

イーディ・ゴーメとのおしどり夫婦として有名な彼は、アイドル歌手が歌うような「悲しき足音」を歌いたがらなかったが、皮肉にもそれが代表曲として日本では知られている。本当は彼が歌いたかったのはこのような大人の曲だったかもしれない。

STEVE LAWRENCE – MORE (THEME FROM "MONDO CANE"

The Supremes(シュープリームス)

MORE – Diana Ross & the Supremes – 1966 –
スポンサーリンク

コメント