スポンサーリンク

ミスター・ロンリー(Mr.Lonely)~Bobby Vinton

A--E
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

 1964年に全米1位を獲得したBobby Vinton(ボビー・ヴィントン)の代表曲。

 62年に彼と彼の親友ジーン・アラン(Gene Allan)によって作られた。

 

日本発売盤ジャケット

スポンサーリンク



Bobby Vinton(ボビー・ヴィントン)のプロフィール

 ボビー・ヴィントンは1935年4月16日 生まれ、米国ペンシルベニア州キャノンズバーグ出身のポーランド系アメリカ人。父親は音楽に関心を持ってもらおうと練習する度に25セントを与えた。

 高校時代のバンドでは、クラリネット、オーボエ、サクソフォン、ピアノ、ドラム、トランペットの楽器を演奏。メンバーの要請で歌を始めた。彼のニックネームは“ポーランドの王子”。

 デュケイン大学では音楽を学んだ。その後2年間、米軍の軍楽隊に入りトランペットを演奏。

 1960年エピック・レーベルと契約。1960年にハイスクールのバンド仲間とLPをリリース、1962年には歌手として“涙の紅バラ”(本記事の最後で紹介)を発表し、同年夏にはチャート第1位を記録した。

 この年、ドリーと結婚し、5人の子供に恵まれた。長男のロビーは、のち俳優となる。

 その後、”ブルー・ベルベット““ミスターロンリー””こんなに愛しているのに””涙のくちづけ”などコンスタントにヒット曲をリリースした。

 なおボビーヴィントン・ブルーベルベット劇場を彼は所有していたが、現在は売却されている。またブルー・ベルベットは1986年にデヴィッド・リンチ監督の映画『ブルーベルベット』が制作された。1990年には英国のテレビCMに起用され大ヒットを記録した。

涙のくちづけ(Sealed With A Kiss)~The Lettermen
「フォー・ボイシズ」により60年5月に録音されたが不発、62年ブライアン・ハイランドがカバーして全米3位のヒット、更にレターメンがB面でカバーするも不発。しかしこれが日本で69年に大ヒット。それにしては日本のカバーはネット上に見当たらない。

 自作のジョンレノンを追悼した「ジョンに捧げる歌」(1981年)は、映画「アメリカン・バイオレンス」の主題歌としても注目された。



最盛期の実績

「涙の紅バラ (Roses are red)」62年7月1位
「ブルー・オン・ブルー」63年6月3位
「ブルー・ベルベット」63年9月1位
「ブルー・ファイア There I’ve said it again」64年1月1位
「ミスターロンリー」64年12月1位を1週間

1975-78年にTV放映されたヴァラエティショウBobby Vinton Showに出演していた。

ミスター・ロンリーの誕生

 この曲はベトナム戦争に従軍する孤独な兵士の気持ちを表した曲。ケネディ大統領がベトナムからの撤収を決定後に暗殺されたため、さらに終戦が遠のいた。1964年に彼が歌い、大ヒットさせた。自分の意思とは無関係に戦場に送られた若い兵士の孤独な心を切々と歌っている。

 当時ボビー・ヴィントンは所属していたエピック・レコードから高い評価を得ていなかったようで、鳴かず飛ばずの中1962年の「涙の紅バラ」を最後に解雇の方針だったという。ところがこれが全米1位の大ヒットという皮肉な結果になった。

 ミスター・ロンリーを書いたのはボビー・ヴィントンが軍隊にいた時。「涙の紅バラ」を録音したとき、他に自作曲は無いかと尋ねられ、この曲を披露して気に入られた。ところがこの曲はエピックの他のアーティストBuddy Grecoに歌わせることになり、ボビーの音源はシングルリリースされることはなく、お蔵入りに。そのBuddy Grecoのオリジナル・バージョンは全米64位の結果となり、そのまま忘れ去られる運命のはずだった。

 ところが大ヒット連発のボビーのベストアルバムが企画され、ボビー自身が「Mr.Lonely」を入れることを強く主張したという。このアルバムを聴いたファンにとっては初めて聴く曲であり評判となって、結局シングルリリースされた。その結果ボビーとしての4番目のNo.1ヒットとなった。

スポンサーリンク



Bobby Vintonの歌声と映像

画像はアルバムジャケット

Bobby Vinton – Mr. Lonely

Bobby Vinton(ミスター・ロンリーと涙の紅バラのミックス)

Bobby Vinton – Mr. Lonely and Roses are Red…

02年ライブ

BOBBY VINTON MR LONELY LIVE IN 2002 YouTube
スポンサーリンク

映画の中で度々使われた

映画「グローイング・アップ」1978年で使われた

「グローイングアップ」”Lemon popsicle”では”Mr.lonely”が効果的に使用され、日本でもこの曲のよさが再認識された。

映画「アメリカン・グラフィティ2」1978年でも使われた

”More American Graffitti”(アメリカン・グラフィティ2)(1978)でも使われた。

スポンサーリンク



イスラエル映画「Lemon popsicle」で使われた

Mr lonely

忘れられたオリジナル

 ボビー・ヴィントンが大ヒットを飛ばす前に同じレコード会社のアーティストに提供し、リリースされたものが全米64位の結果であった。ボビー自身の音源は既にあったようでどちらがオリジナルと呼べるかは微妙なところ。

 しかし現在は殆ど知られることも無く忘れられた存在となっているバージョンを紹介する。

Buddy Greco(バディ・グレコ)

Buddy Greco – Mr Lonely
スポンサーリンク

コメント