スポンサーリンク

マイ・ウェイ(My Way)~Frank Sinatra

Artist(English)
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

 フランク・シナトラの代表曲とも言えるヒット曲だがチャートでは最高で全米27位と高くないのは意外。しかしイギリスでは40位以内に75週間も滞在する、とてつもない記録を作った。

 68年の年末に録音され69年のはじめに発売された。原曲は67年のフランス語の歌「Comme d’habitude」である。

 この曲を聞いたポール・アンカが原曲とは全く無関係な内容の英語の詩をつけてフランク・シナトラに贈ったのがこの曲である。

 歌詞の内容は死が近い男性が自分の人生で起こったすべての苦難に対して行ったことについて、後悔せず自信を持っているということである。

 またフランク・シナトラのシングルが世界的なヒットとなって以来、この曲が数え切れないほど世界中でカバーされているが、カバーされた回数は史上2位である。(1位はビートルズの「イエスタデイ」)

 この曲はイギリスでは最も葬儀で演奏される曲であり、一方日本では卒業式で最も歌われる曲だという。フランク・シナトラ版の成立経緯を考えると故人の輝かしい「過去」の生き方を称える曲として位置付けるのが相応しいだろう。

スポンサーリンク



フランク・シナトラ代表曲の誕生秘話

 秘話と書いたものの、あまりにも有名な話なので殆どの読者は既にご存知のことと思う。

 1967年ポール・アンカがバカンスで南仏に滞在していた時、クロード・フランソワの歌う「Comme d’habitude」を聴いて気に入り、その足でパリに行き権利交渉。その結果何故か無償で曲の版権を手に入れた。

 2007年のインタビューでは「いまいちのレコードだと思ったけど、何かを感じた」と語っている。

 2年後にフロリダでフランクシナトラと食事をした際、当時シナトラは自分の嫌いなポップスを歌わざるを得ない状況にあり、「こんな仕事は辞めてやるよ。もううんざりだ、とっとと辞めてやる」と語ったという。

 アンカはニューヨークへ戻ってから、元のフランス語の曲のメロディを微妙に変更して、シナトラの為に歌詞を書いた。

 アンカは朝5時に曲を作り終え、「フランクにネバダへ呼ばれた。彼はシーザーズ・パレスに居て、『お前のために特別だよ』と語った。」アンカはさらに語っている。「僕のレコード会社は、僕が自分自身のために曲をつくったのでないことを知ると怒った。でも僕は『ね、僕はこの曲を書くことはできるけど、この曲を歌う人ではないよ』と言った。この曲を歌うのは他の誰でもなく、フランクこそふさわしい。」

 なお、アンカはシナトラが録音した直後の1969年にこの曲を録音しており、1996年には映画『マッド・ドッグス』でガブリエル・バーンとのデュエットを、2007年にはジョン・ボン・ジョヴィとのデュエットを発表している。

 フランク・シナトラのバージョンは1968年12月30日に録音され、1969年のはじめに発売された。

 アメリカでは総合シングル・チャートのビルボード・ホット100で27位、ビルボード・アダルト・コンテンポラリー・チャートで2位を記録し、イギリスでは40位以内に75週間もランクイン(1969年4月から1971年9月まで)する、とてつもない記録をつくった。75位以内ではさらに49週間もランクインしたが、最高位は最初にランクされた5位止まりだった。


シナトラ&アンカの歌声と映像

Frank Sinatra(フランク・シナトラ)

Frank Sinatra – "My Way" –

Paul Anka(ポール・アンカ)

Paul Anka – My Way



シナトラ版英語詞と日本語訳詞の大きな差異

 マイ・ウェイを聴いたことのない日本人はまずいないだろうが、その殆どは日本語歌詞で聴いたのではないだろうか。しかもカラオケで中年オヤジが自己陶酔して高らかに歌いあげているというマイナスイメージが残念ながら定着した曲である。

 日本語訳詞のベースになっているフランク・シナトラの英語詞と比べてみると、訳詞と呼べないほど大きな差異があることに気づくはずである。

 そもそもこの英語詞は、「中年のおっさんが、今まで生きてきた人生を自己肯定して、高らかに歌い上げる歌」などではなく、「年老いた老人が、病床の死の間際に自分の人生を振り返る歌」だからである。

 歌詞は”And now, the end is near,And so I face the final curtain”で始まる。

 いきなり最初から「そして、今、死は近い。私は人生の終幕に直面している」である。どうしてこれが訳詞では正反対の「今、船出が、近づくこの時に」と変貌してしまうのか。

 また”And now”という冒頭の歌詞は、この前に主人公が既に誰かと話していて、それを受けて歌詞が始まっていることを示している。おそらくその相手は、奥さんか家族であろう。

 そして最後に自分の人生を振り返って語り始めるのが、この「マイ・ウェイ」の歌詞である。その中には、人生への自己肯定の気持ち、後悔や反省、辛かった日々も語りながら、それもすべて淡々と「自分のやり方を成し遂げただけ(I did it my way)」とシナトラは語り続ける。

 最後の方に来て、歌詞の主語が突然、Iからheに変わる。ここで”he”とはイエスキリストと考えるのが妥当であろう。自分が”kneels(ひざまずく)”対象は神であり、神の目から見て、”The record shows I took the blows(自分が嵐のような人生を選択したのは明らか)”であるとし、それが私の人生だったと締めくくっている。

スポンサーリンク

 そして、それまでの静かな”I did it my way”とは違い、最後だけ”and did it my way”と高らかに歌い上げるのだが、それは実は死の断末魔なのだ。そのことは、直後に静かなストリングスが流れ、「そう、それは私の人生だった(Yes, it was my way)」と囁くような過去形の歌詞で終わることからわかる。

 その後多数のミュージシャンがカバーした”My Way”だが、皆最後の”Yes, it was my way”の部分はなく、”and did it my way”と高らかに歌い、それで終わるバージョンが定着している。歌唱力に自信があるボーカリストが、ステージでその力量をひけらかすための歌に変貌してしまった。

 そうした影響もあって、布施明が日本語詞で歌った「マイウェイ」にも最後の”Yes, it was my way”に相当する部分はない。それにより日本語版では、本来の”My Way”の歌詞の意味が、「中年が、振り返った人生を肯定し、高らかに歌い上げる賛歌」に大きく変貌してしまった。

 なお日本語詞にはいくつものバージョンが存在するが、代表的なものは
岩谷時子
中島淳・片桐和子共作
である。本文で取り上げた布施明バージョンの作詞者は中島淳・片桐和子共作である。

史上2位のカバー曲数を誇る

Dorothy Squires(ドロシー・スクワイア)

全英シングルチャートでシナトラのロングヒットが続いてる最中に全英25位を記録

My Way – Dorothy Squires ( 1970 ) ( original hit single ) ( Frank Sinatra )

Nina Simone(ニーナ・シモン)

Nina Simone – My Way



CHARA

Chara with Yen town band – My way

Shirley Bassey(シャーリー・バッシー)

Shirley Bassey – My Way (1987 Live in Berlin)

Nina Hagen(1980年)

Nina Hagen – My Way

スポンサーリンク



Andy Williams(1969年)

Andy Williams – My Way (1969)

Bobby Solo

Bobby Solo – Perke ( My Way )

Robbie Williams

2011年10月10日にロイヤル・アルバート・ホールで「マイ・ウェイ」を演奏、DVD『Live At The Albert』に収録されている。

Robbie Williams – My Way [HD] Live At Royal Albert Hall, Kensington, London – 2001

Northern Kings

フィンランドのメタルのカバーバンド。2008年のアルバム「Rethroned」に収録

Northern Kings – My Way (2008)
スポンサーリンク

コメント