スポンサーリンク

ネイビー・ブルー(Navy Blue)~Diane Renay

A--E
スポンサーリンク

はじめに

 ロネッツの「Be My Baby」を意識したと思われる印象的なイントロから始まる曲。62年にデビューして64年3作目のこの曲で18歳のときに全米6位の大ヒットを獲得した。可愛いブロンド娘が歌うこの曲は日本でも大ヒットになった明るいアメリカンポップス。

ダイアン・リネイのプロフィール

 ダイアン・リネイ(Diane Renay)は1945年アメリカ・フィラデルフィア(South Philadelphia ,Pennsylvania)生まれ。子供の頃から女優を目指し俳優養成所等でレッスンに明け暮れる。その後自分でデモテープを作り、売り込みをしていた。学生時代には美人コンテストで優勝したり目立った存在であった。

 1962年17歳の時にプロデューサー兼シンガー・ソングライターのピート・デ・アンジェリス(Pete De Angelis)に認められ、レコード会社「Atco Record」と契約を果たしレコードデビューした。2枚出したシングルはいずれもチャート入りすることはなかった。

 翌1963年、フォー・シーズンズで有名なプロデューサー「Bob Crewe(ボブ・クリュー)」のプロデュースの下、リネイは20世紀フォックス・レコードと再契約し、本作品を吹き込んだ。ボブ・クリュー、エディ・ランボー(Eddie Rambeau)、バド・レハーク(Bud Rehak)の共作で「20th Fox」から大ヒットとなった「ネイビー・ブルー」を発表した。「彼はスーパー・ボーイ(Unbelievable Guy)」のB面として発表されるも、本作品が大ヒットとなったためA面に差し替えられた。

 1964年3月14日付のビルボード・Hot 100で6位を記録し、ビルボードのミドルロード・シングル・チャートで1位を記録した。

 「ネイビー・ブルー」の日本でのヒットを受けて、当時、日本ツアーが企画されたそうだが、彼女は大の飛行機嫌い、結局、海を渡ることはなかった。



ダイアン・リネイの歌声と映像

米国発売盤ジャケット
日本発売盤ジャケット

もう既にベトナム戦争に事実上地上戦では巻き込まれていたが65年の北爆開始前で、この曲が底抜けに明るい古き良きポップスとしては最後の頃だった。

Diane Renay(ダイアン・リネイ)

DIANE RENAY ~ "NAVY BLUE" 1963

比較的新しい彼女の映像

Diane Renay – "Appearance"

上の動画のように水兵のような衣装と錨のマークを好んで使用し、これがダイアンのイメージとして定着した。

カバーセレクション

Donna Lynn

Donna Lynn – Navy Blue (Diane Renay made it popular) STEREO

日本でも大ヒット

 世界的なヒットとなり、日本では伊東ゆかり、伊藤アイコ、九重佑三子とパラキンがカバーし、ヒットパレードを賑わせた。

九重佑三子

九重佑三子・パラ・キン  ネイビー・ブルー(1) 1964 / Navy Blue

スポンサーリンク



日本ではいち早くカバー曲をリリースしたのが伊東ゆかりであった。

伊東ゆかり ネイビー・ブルー 1964 / Navy Blue

伊藤アイコ

★伊藤アイコ 悲しき水兵さん 1964 / Navy Blue

伊東ゆかり・園まり・中尾ミエとの3人娘でメドレーを歌ってる。0:55くらいからの2曲目。

ザ・ヒットパレード 三人娘

渡辺とも子

ネイビーブルー 渡辺とも子 1996

スポンサーリンク



Wink

Wink OMV – Navy Blue

ダイアン・リネイもう一つのスマッシュヒット

一発屋という感じの彼女だが、他の曲をいくつか聞いてみた中ではこれがいい。同年に発表された「キス・ミー・セイラー」は本作品の続編であり、そのためアレンジも似せてある。全米29位。

「Kiss Me Sailor」Diane Renay

Diane Renay – 1964 TV Appearance – "Kiss Me Sailor"

<歌詞>

Blue, navy blue
I’m as blue as I can be
‘Cause my steady boy said, “Ship ahoy”
And joined the Navy (sha-la, la, la, sha-la, la)

He said he wanted to settle down
And let me be his girl
But first he had to do a little travelin’ around
And see the whole wide world

That’s why I’m blue, navy blue
I’m as blue as I can be
‘Cause my steady boy said, “Ship ahoy”
And joined the Navy (Sha-la, la, la, sha-la, la)

I got a letter yesterday from Tokyo
And a souvenir
A walky-talky wind-up little China doll
That says, “Wish you were here”

(Musical Interlude)

Blue, navy blue
I’m as blue as I can be
‘Cause my steady boy said, “Ship ahoy”
And joined the Navy (Sha-la, la, la, sha-la, la)

He’s comin’ home to see me on a weekend pass
A forty-eight hour day-ate
That boat he’s sailin’ on just better get here fast
‘Cause I can hardly wait

Till then I’m blue, navy blue
I’m as blue as I can be
‘Cause my steady boy said, “Ship ahoy”
And joined the Navy
Ah, ah, ah, ah, ah, ah


(Blue Navy blue)
(I’m as blue as I can be)
Ah, ah, ah, ah, ah, ah, ah
(Blue Navy Blue)
(I’m as blue as I can be)

<日本語詞 詞:安井かずみ>

ブルー ネイビーブルー
私はネイビーブルー
彼を乗せた船は 海の彼方
 
手紙を書くよと約束して
デッキで手を振っていた 彼はネイビー
 
ブルー ネイビーブルー
私はネイビーブルー
きのうあの人から手紙きたの
 
いつも愛しているって 書いてあるの
でも物足りないのよ そばに居たい
 
ブルー ネイビーブルー
私はネイビーブルー
遥か海に向かい 彼の名呼ぶ
 
ネイビーブルーのセーラーが よく似合う彼
早く帰ってきてね 待っているの
 
ブルー ネイビーブルー
私はネイビーブルー
あなたがいないから ひとりぽっち
 
ネイビーブルーのセーラーが よく似合う彼
早く帰ってきてね 待っているの
 
ブルー ネイビーブルー
私はネイビーブルー
ブルー ネイビーブルー
私はネイビーブルー

スポンサーリンク

コメント