スポンサーリンク

可愛いあの娘(Next Door to an Angel)~Neil Sedaka

Artist(English)
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

 原題「Next Door to an Angel」のこの曲は出だしのスキャットがあまりにも印象的。ニール・セダカ62年全米5位のヒット。

 この頃の彼は全盛期で出す曲が全てヒットする感じだった。58年の「The Diary」(14位)から66年「Answer To My Prayer」までRCAから発表した20曲をTOP100に送り出した。その後74年にRocketレーベルから出した「Laughter In The Rain」(1位)で見事なカムバックを果たし、そのキャリアの中で2つのピークを持つこととなった。この曲はその第1のピークで最後の大ヒットとなった曲である。

恋の日記(The Diary)~Neil Sedaka
この曲は元々他のグループに提供したものをセルフカバーしたものである。名実ともにシンガー・ソングライターとしての出発点となった曲。日本でもこのメロディは愛されて持ち歌にしていた歌手は数多かった。中でもハイ・ファイ・セット(山本潤子)が出色の出来栄え。
雨に微笑を(Laughter In The Rain)~Neil Sedaka
50年代後半から60年代初頭にかけ大ヒットを連発していたNセダカだが、64年のビートルズ旋風以降は過去の人状態。止む無く英国に活動の場を移し精力的に曲作りに励み発売するアルバムは英国で高い評価だが米国発売無し。ここから米国凱旋上陸を果たしたのがこの曲。
米国発売盤ジャケット
日本発売盤のジャケット

なお日本発売盤のジャケットを見ると邦題は「かわいいあの娘」とひらがな表記になっている。



曲の概要

 62年にハワード・グリーンフィールドとニール・セダカの名コンビによる最後のヒット曲。全米5位にまでランクされた明るく楽しい楽曲なのだが、日本では全く受け入れられず、「今週のベスト・テン」でもランクインしたという記録はない。

 ニールの大ヒット曲「おお!キャロル」は、近所に住んでいたキャロル・キングに想いを寄せて、その気持ちを歌にしたという話は有名だ。

おおキャロル(Oh! Carol)~Neil Sedaka
タイトルの「キャロル」とは友人のシンガーソングライター 「 キャロル・キング 」ことであることは有名。二人はブルックリンの幼馴染で、学生時代に後輩のキャロルに捧げたもの。発表当時彼女は人妻であったばかりか彼女はこの曲に対して「オー・ニール」というアンサーソングを作った。

 この曲もやはり彼女のことを歌にしたようで、彼のキャロル・キングに対する想いは相当なものだったのだろう。残念ながら片想いで終わってしまったようだが、いったい、彼女に対してどのくらい曲を書いたのだろうか?

スポンサーリンク



ニール・セダカの歌声と映像

Neil Sedaka(ニール・セダカ)

NEIL SEDAKA-NEXT DOOR TO AN ANGEL.

ヒット当時のTVショーで歌ってる

TV映像とレコード音源の合成か?

Neil Sedaka – Mi Vecinita [Next Door To An Angel] STEREO

カバーセレクション

Sha Na Na

Sha Na Na ~Next door to an Angel
スポンサーリンク

Bob Mitchell 1962

[Teener] Bob Mitchell – Next Door To An Angel (Big C-14-B) 1962

Teen Queens of the 50s

この曲をバックに、50年代アイドルのスライドショーが楽しめる。

Teen Queens of the 50s

日本では冒頭のスキャットをそのまま使った曲がヒット

ケメ子の歌/ザ・ダーツ

出だしのスキャットは68年ザ・ダーツの「ケメ子の歌」で使われている。ザ・ジャイアンツとの競作となったがこちらがオリコン2位の大ヒットとなった。

YouTube



私がケメ子よ 68年

YouTube

 「ケメ子の歌」は映画化された。主演のケメ子には当時のアイドル小山ルミが。

 ザ・ダーツは京都のバンドで「ケメ子の歌」のコミカルな詞は、その前年に大ヒットした「帰ってきたヨッパライ」(フォーク・クルセダーズ)を意識したもの。“ムシ声”を使っているところも同じ。

 この「ケメコの歌」はいくつかのバンドにカヴァーされた。また「私がケメ子よ」松平ケメ子 というアンサーソングがでたり、「キナ子の歌」(東京ぼん太)、「ダブ子ちゃん」(Wけんじ)とお笑い界からも参戦組が出て盛り上がった。
カヴァー組のザ・イーグルスは「好きだったペチャ子」をリリースしている。

 日本では歌謡曲で「可愛いあの娘」という梶光夫などが歌ってヒットした同名邦題曲があるが、これはインドネシア民謡をモチーフとした全く別の曲である。

スポンサーリンク



<歌詞>

Do do do, doobie bop bop bop, Oh do bop she don don
Do do do, doobie bop bop bop, Oh do bop she don don
Do do do, doobie bop bop bop, Oh do bop she don don
Do do do, doobie bop bop bop, Oh do bop she don don

I’m living right next door to an angel and I just found out today
I’m living right next door to an angel and she only lives a house away
She used to be such a skinny little girl
But all of a sudden she is out of this world
I’m livin right next door to an angel
And I’m gonna make that angel mine

Since I saw her this morning, I’m on cloud number nine
Found a garden of eden at the house next door to mine
I took a look and oh what a shock
To find a little bit of heaven right on my block
I’m livin right next door to an angel
And I’m gonna make that angel mine

I can’t believe that this is the girl next door
That funny little face isn’t funny no more
Sicteen and oh what a dream
Ain’t it strange how she changed
Into such a lovely angel
Saw her walking down main street and I couldn’t believe my eyes
It used to be such a plain street but now it’s paradise
I’m feelin happy I’m feelin so good
I’m the luckiest devil in the neighborhood
I’m livin right next door to an angel
And I’m gonna make that angel mine

Do do do, doobie bop bop bop, Oh do bop she don don
Do do do, doobie bop bop bop, Oh do bop she don don
Do do do, doobie bop bop bop, Oh do bop she don don
[Fade]

スポンサーリンク

コメント