スポンサーリンク

ツイストNo.1(The Twist)~Chubby Checker,Hank Ballard & The Midnighters

A--E
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

 チャビー・チェッカーがビルボードで60年9月に週間ランキング1位を獲得し、この曲からツイストブームが起こった。

 作詞作曲はポール・ディー・クローヴァー(Poal Dee Clover)原題は”The Twist”、邦題は”ツイストNo.1”だが”ザ・ツイスト”が用いられることもある。

 もともとは1958年ハンク・バラード&ザ・ミッドナイターズ(Hank Ballard & The Midnighters)のカヴァー曲だった。

 

日本発売盤



チャビー・チェッカー(Chubby Checker)

 サウスカロライナで生まれフィラデルフィアで育ったChubby Checker(’41年10月3日生)ことErnest Evans(本名)は、後のティーン・アイドルFrankie Avalon

Frankie Avalon

やFabianと同じSouth Philadelphia High Schoolに通っていた頃にピアノを習い始めた。

 しかしチャビー・チェッカーのデビューのきっかけとなったのは、音楽的才能というよりも学校でも人気者だった彼のユニークなキャラクターによるものであった。

 チャビー・チェッカーのひょうきんぶりはバイト先の鶏肉店(Fresh Farm Poultry)でも変わらず、物まねで歌を歌ったり冗談を飛ばしたりして大いに客を楽しませていた。

 そんなチャビー・チェッカーのキャラクターに目を付けたのが、彼に目をかけて可愛がっていたバイト先のオーナーHenry Coltだった。

 Henry Coltは友人のソングライターKal Mann(Cameo/Parkway Recordsの創立者の1人)と共に、チャビー・チェッカーが色々な人気スターの物まねで歌った「Jingle Bells」のプライヴェート録音を行なった。

 この曲は人気音楽番組『American Bandstand』の司会者Dick Clarkのために録音されたもので、ディック・クラークがクリスマスの挨拶用に業界関係者に配った所かなりの評判を呼んだという。

 そのためKal Mannがチャビー・チェッカーと契約し、’59年にめでたくParkwayからデビューを飾る事になる。当然デビュー曲はチャビー・チェッカーお得意の物まねを活かしたノベルティ・ナンバー「The Class」( 全米38位 )。

スポンサーリンク



 1960年ハンク・バラード&ミッドナイターズ ( Hank Ballard & The Midnighters ) が1958年に歌ったカバー曲、「 The Twist ( ツイストNo.1 )」 ( 全米1位 ) が大ヒット。

 その後、
「 The Hucklebuck 」 ( 全米14位 )、
「 Pony Time 」 ( 全米1位 )、
「 Dance The Mess Around 」 ( 全米24位 )、
「 Let’s Twist Again 」 ( 全米8位 )、
「 The Fly ( ブンブン・ツイスト )」 ( 全米7位 )
など次々とヒット。

Let's Twist Again~Chubby Checker
60年と61年の2度全米1位に輝いたThe Twistには及ばないが、ツイストブームが最高潮に達した61年に発売されたこの曲は全米8位を獲得した代表曲。62年グラミー賞を受賞し66年までに32回もチャートイン。いくつもの映画に出演している。

 彼のヒット作は殆どがツイスト曲であり、 おまけにツイスト物の映画を2本も撮っている(後述)。

 1962年には他のアーティストも続々とツイストを取り入れ始め、ツイストブームが最高潮になると、「 The Twist ( ツイストNo.1 )」 が再び全米No.1を獲得。

 彼の他の曲も殆どがツイストに関係したものばかりで「キング・オブ・ツイスト」「ミスター・ツイスター」の称号を与えられている。

 その後は
ボビー・ライデル ( Bobby Rydell ) とのデュエット曲 「 Jingle Bell Rock 」 ( 全米21位 )、
ディー・ディー・シャープ ( Dee Dee Sharp ) とデュエット曲 「 Slow Twistin’ 」 ( 全米3位 )、
「 Dancin’ Party 」 ( 全米12位 )、
「 Popeye The Hitchhiker 」 ( 全米10位 )、
新しいリズム Limbo=リンボ を取り入れた 「 Limbo Rock 」 ( 全米2位 )、
「 Let’s Limbo Some More 」 ( 全米20位 )、
「 Birdland 」 ( 全米12位 )、
「 Twist Up It Up 」 ( 全米25位 )、
「 Loddy Lo 」 ( 全米12位 )、
「 Hooka Tooka 」 ( 全米17位 )
などを1964年までに次々にヒットさせ、不動の地位を築いた。

 しかしツイスト・ブームも下火となって、ビートルズを中心とする新しい波が押し寄せてくると、ヒット曲が出なくなったが、彼は’62年度ミス・ワールドに輝いたオランダ人の美人妻、Catharina Lodders(’64年結婚)と幸せな生活を送りつつ現在もライヴを中心に活動を続けている。

https://ryoumablog.work/blog/peppermint-twistjoey-dee-starliters/

スポンサーリンク

映画でも活躍

 一方、映画での活躍も目覚しくJimmy Clantonの主演映画『The Teenage Millionaire』(’61年)への出演を皮切りに、自ら主演を務めた『Twist Around The Clock』(’61年)と『Don’t Knock The Twist』(’62年)、Helen Shapiro主演のイギリス映画『It’s Trad, Dad!』(’62年)、果てはオーストリア映画『Rote Lippen soll man küssen』(’63年)とスクリーンの中でもエネルギッシュにダンス・ナンバーを歌っている。

名前の由来

 声もルックスもファッツ・ドミノそっくりだから彼にちなんで付けたということ。つまり、次のようになる。

・fats(太っちょ) = chubby(ぽっちゃり)
・domino (ゲームのドミノ) → checker (ゲームのチェッカー)

2回も全米1位を獲得した唯一の曲

 61年にチャビー・チェッカーがアメリカCBSのバラエティ番組「エド・サリバン・ショー」に出演してこの曲を歌ったことからラジオ局が再びかけ始めた。

 カメオ・パークウェイ・レコードはすぐにこの曲を再発売したところ、ビルボードで62年1月に再び週間ランキング1位を獲得した。

 1位になった曲がチャートから消えて再び1位になった例はこの「The Twist」以外にない。ビルボード1962年年間ランキングでも1位になっている。



オリジナル

 チャビー・チェッカーChubby Checker:1941-)のザ・ツイスト(The Twist)は、1990年にロックの殿堂入りした、ハンク・バラード(Hank Ballard:1927–2003), が彼のバンド「ザ・ミッドナイターズ」(The Midnighters)とともに歌ったフィンガー・ポピン・タイム(Finger Poppin Time)のカバーである。

 歌詞を変え、それに伴ってツイストのダンスが1960年から61年に大流行し、その余波は62年まで続いた。

Finger Poppin Time – Hank Ballard & The Midnighters

Hank Ballard and The Midnighters – Finger Poppin Time

「あの人は今」のTV番組に出演したハンク・バラード

61年11月にはハンク・バラードの名前が忘れ去られていた証拠にこのTV番組がある。日本も類似番組を作っていたが3人の中から彼を当てるクイズ番組である。

Hank Ballard on "To Tell the Truth" (November 13, 1961)

Hank Ballard & The Midnighters

Hank Ballard & The Midnighters – "The Twist" ORIGINAL VERSION (1959)
スポンサーリンク

世界中にツイスト・ブームを巻き起こしたチャビー・チェッカー

 黒人ギタリストである、ハンク・バラードが《ザ・ツイスト》という曲を作り1959年にレコードを出したが,そのときはあまり流行せず,1年あまり後に黒人の新人歌手チャビー・チェッカー(Chubby Checker)が同じ曲をレコードにし,彼が《ザ・ツイスト》を歌いながら体を捻る独特なダンスを披露したことにより、テレビ司会者ディック・クラークが彼の番組で大いに感動し、宣伝しだし、流行し始めた。

 それがすぐパリに伝わり,パリでの流行ぶりがアメリカで大きく報道されて,62年,本格的なツイスト・ブームに火がついた。

 当時のツイストブームを92年に回想風にまとめた映像があったが、リアルタイムでその渦中にあった者としてはセピア色に扱われていることに複雑な心境になる。

Twist (1992) Trailer

スポンサーリンク



Chubby Checker

The Twist – Chubby Checker

TV映像はこちら

Chubby Checker – The Twist

90年から93年のツアーの映像だが当時より更に太った彼がちょっと悲しい。

Chubby Checker & The Wildcats – The Twist
スポンサーリンク

コメント