スポンサーリンク

アラスカ魂(North to Alaska)~Johnny Horton

Artist(English)
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

 60年ジョン・ウェイン主演の映画「アラスカ魂(North to Alaska)」の主題歌。冒頭の非常に印象的な「ウェイアノー」としか聞き取れない部分だけ強烈に印象に残っていた。

 これを歌っているのがジョニー・ホートン(Johnny Horton)だということも知らなかった。印象的な歌い出しの部分はWay up northということだが当時の貧弱なヒアリング能力では理解できるわけも無く、前述のように意味不明の口真似で歌っていた。原題は映画と同じで「North to Alaska」60年全米4位のヒット曲。

ジョニー・ホートン(Johnny Horton)

 ジョニー・ホートンは29年生まれのウェスタン歌手だが59年に「ニューオリンズの戦い(The Battle Of New Orleans)」で6週連続ヒットチャート1位とミリオンセラーを記録している。

 日本でもヒットしたらしいが全く記憶に無い。その翌年の60年にこの曲がヒットチャート上昇中という人気絶頂のさなか、36歳の若さで自動車事故で急逝。レコーディング期間はたったの5年。

 彼の最初のヒットは56年「ホンキー・トンク・マン(Honky Tonk Man)」で、酒びたりのやくざな男が「金が尽きて家に戻ってもいいかい?」と電話をかける歌詞の曲。この50年代はカントリーミュージックがポップス化してヒットパレードを賑わしていた時代で、彼もカントリーだけでなくロカビリーも歌っておりクロスオーバーな歌手であったらしい。

 若きエルヴィス・プレスリーとも交流があったようで、ウエスタン・ロカビリー・ポップスのジャンル分けは今ほど厳密ではなかったようである。彼を取り巻く音楽業界の当時の状況について詳しく、参考にした数多いブログの中でもジョニー・ホートンに関する詳細な情報を求めるならここが秀逸である。

ジョニー・ホートン Johnny Horton
西部開拓史などにまつわる英雄を称えたバラード曲が1950年代中頃に流行しましたが、そのなかでも人気だったのがカントリー歌手のジョニー・ホートンが歌った"ニュー・オーリンズの戦い"や"アラスカ魂"で日本のヒットパレードでも上位に輝きました。

 彼は趣味の釣りの腕前もプロ並で「歌う漁師」と呼ばれていた。また友人であったハンク・ウィリアムスの未亡人と結婚していたため、彼の妻は彼の事故死により2度目の未亡人となった。

スポンサーリンク



オリジナル

Johnny Horton

North To Alaska ~ Johnny Horton

カバーセレクション

Frankie Laine

Frankie Laine – "North To Alaska"

Hank Williams Jr.

<削除された>

Declan Nerney

Declan Nerney – North To Alaska
スポンサーリンク

Ralf Bendix(ドイツ語)

Ralf Bendix – Weit von Alaska (Land der 1000 Abenteuer)

12 Jerry Lee Lewis

12 Jerry Lee Lewis – North to Alaska

Darl Enga

Darl Enga – North to Alaska

Claude King

Claude King – North To Alaska 1969 From; I Remember Johnny

スポンサーリンク



ジョニー・ホートンのこの他の代表曲

 参考のためにこの曲以外のジョニー・ホートンの代表曲。聞いたことがあるという程度だった。

The Battle Of New Orleans

Johnny Horton: The Battle of New Orleans

 「ヘイヘイ、ママさん、酒もってこい」なんて茶化して歌われていたようである。

Honky Tonk Man

Johnny Horton – Honky Tonk Man

<歌詞>

Way up north, north to Alaska, way up north, north to Alaska
North to Alaska, go north, the rush is on
North to Alaska, go north, the rush is on

Big Sam left Seattle in the year of ninety-two
With George Pratt, his partner, and brother Billy too
They crossed the Yukon River and they found the bonanza gold
Below that old white mountain, just a little south-east of Nome

Sam crossed the Majestic mountains to the valleys far below
He talked to his team of huskies as he mushed on through the snow
With the northern lights a-runnin’ wild in the Land of the Midnight Sun
Yes Sam McCord was a mighty man in the year of nineteen-one

 Where the river is windin’, big nuggets they’re findin’
North to Alaska, go north, the rush is on
Way up north, north to Alaska, way up north, north to Alaska
North to Alaska, go north, the rush is on
North to Alaska, go north, the rush is on

George turned to Sam with his gold in his hand
Said, “Sam, you’re lookin’ at a lonely, lonely man
I’d trade all the gold that’s buried in this land
For one small band of gold to place on sweet little Jenny’s hand”

“‘Cause a man needs a woman to love him all the time
Remember, Sam, a true love is so hard to find
I’d build for my Jenny, a honeymoon home
Below that old white mountain, just a little south-east of Nome”
Where the river is windin’ big nuggets they’re findin’
North to Alaska, go north, the rush is on
North to Alaska, go north, the rush is on
Way up north, north to Alaska, way up north, north to Alaska
Way up north, north to Alaska, way up north, north to Alaska

スポンサーリンク

コメント