スポンサーリンク

真珠貝の歌(Pearly Shells)~Billy Vaughn

A--E
スポンサーリンク

はじめに

ハワイのラジオ番組元司会者ウェブリー・エドワーズがオアフ島に伝わる古い歌「Popo O Ewa」に英語の歌詞をつけたとされている。

歌詞の内容は「きらめく真珠貝よりも君を愛しているよ」といったラブソング仕立てになっているようで、フラダンスの振り付けも貝を拾い上げるポーズ、波のポーズ、お日様のポーズ、愛してますのポーズとなっているようだ。

日本ではビリー・ボーン楽団の演奏で有名になった。原題は「Pearly Shells」

日本発売盤ジャケット

ビリー・ヴォーン/Billy Vaughn



アメリカの歌手、マルチプレイヤー、指揮者。1919年、ケンタッキー州生まれ。3歳の時からマンドリンを学び初め、以降も様々な楽器の演奏を習得したという。

1954年、テネシー州の「ドット・レコード/Dot Records」に音楽監督/A&R担当として起用され、同時に自身の楽団を結成。

シングル「愛のメロディー/Melody of Love」をリリースし、ビルボードのシングル・チャートに27週間ランキングされるヒットとなった。(最高位は2位)。

その後10数年に渡って数々のヒット曲を生み出した。1991年、カリフォルニア州パロマーにて癌で死去

オリジナルのPupu A’o Ewa(ププ・アオ・エヴァ)

「真珠貝の歌」のベースは古いハワイ民謡「Pupu A ‘o Ewa」という曲で、18世紀後半に作られたのではないかと言われている。

タイトルを直訳すると「エヴァの貝」という意味になる。

エヴァは、オアフ島の南側に位置するパールハーバーの入り口付近の地域の地名。米軍基地のあるパールハーバーは、かつてハワイ語で「ワイモミ(Wai Momi・真珠の水域)」とか「プウロア(Pu’uloa・長い丘)」と呼ばれていた。

パールハーバーという英語の地名は、ワイモミを英訳したようだ。

歌詞には、エヴァで真珠貝が見つかって大騒ぎになったことや、プウロアがカアアフパーハウというサメの女神に守られた土地だったこと、この地域の自然の美しさなどが表現されている。

スポンサーリンク



英語版のPearly Shells

1962年に、ウェブリー・エドワーズとレオン・ポーバーによって、英語版{Pearly Shells(真珠貝の歌)」が制作された。歌詞を英訳したのではなく、全く新たな歌詞がつけられた。

英語版「Pearly Shells(真珠貝の歌)」の歌詞は、「小さくてかわいい真珠貝よりもあなたを愛しています」というラブソングである。

パット・ブーン、コニー・フランシス、アンディ・ウィリアムズ、日本では日野てる子など、多くのミュージシャンにカバーされている。

アメリカ本土のビリー・ボーン・オーケストラの演奏は、日本で大人気となった。FMラジオや喫茶店で流れていたので、「聞いたことがある!」という方も多いはず。

日本では65年に大ヒットとなったが、本国アメリカでは、アルバムこそ18位になったものの、シングル版の方は100位以下だった。

NHK-FMの洋楽リクエスト番組に使われた話は有名だが、そのずっと前にはNHK第二放送で同じ番組を既にやっていたことを知る人は少ないだろう。

まだFMがNHKしかなく、民放は試験放送の段階から同じ番組を聴いてこの「真珠貝の歌」のテーマを知っていた人が今ではどれだけいるのだろう。

大学に入学した頃はよくダンスパーティが開催されていたので、先輩や友人同士で練習をしたものであるが、この曲はボックスルンバの練習で繰り返し使った思い出があり、とても懐かしい。現在ラテンの種目にあるルンバとは全く違うボックスルンバってわかる人はいるのだろうか。

この曲の定番 Billy Vaughn(ビリー・ボーン)

真珠貝の歌   ビリー・ヴォーン楽団

Ray Conniff(レイ・コニフ)

Pearly Shells – Ray Conniff and the Singers
スポンサーリンク

コメント