スポンサーリンク

エーゲ海の真珠(Penelope)~Joan Manuel Serrat,Paul Mauriat

Artist(English)
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

 スペインのアウグスト・アルグエロ(Augusto Alguero)作曲

 スペイン・カタルーニャの大物シンガー・ソングライター、ジョアン・マヌエル・セラート(Joan Manuel Serrat)が作詞作曲(共作)して69年に歌って大ヒットしたバラード曲。

 原題は「Penelope」日本ではポール・モーリアのアレンジした演奏で大ヒットした。

 今回調査するまでポール・モーリアのバージョンしか知らなかったが、ネットで検索してヒットした数ではむしろオリジナルの方が数が多いくらいでしかも69年当時から最近に至るまで脈々と歌い継がれてきたことが想像できた。多くのファイルを聞いたおかげで「ペネ~ロペ~♪」という部分が今も頭の中でリフレインしている。

 スペイン語圏ではオリジナルの歌詞付バージョンが世界的ヒットのポール・モーリアのバージョンよりもむしろ一般的に親しまれていると思わせるほどである。

ペネロペはギリシャ神話が原典

 原題のペネロペはギリシャ神話に出てくる英雄オデュッセウスの貞淑な妻の名前だという。

 歌詞の内容はオデュッセウスの帰りを待ち続けたペネロペをモチーフにして、愛した旅の男を列車のホームで毎日待ち続ける女を歌っている。

 バチカンにあるペネロペ像の写真を含めここにペネロペに関する詳細がある

ペーネロペー - Wikipedia

スポンサーリンク



オリジナル Joan Manuel Serrat

ライブ映像とイメージ映像を組み合わせている

Penelope – Joan Manuel Serrat

再現ドラマ風映像

Penelope – Joan Manuel Serrat

69年バージョン

Joan Manuel Serrat – Penélope i Tiempo de lluvia.
スポンサーリンク

87年メキシコライブ

YouTube

93年ライブ

JOAN MANUEL SERRAT. PENELOPE.PARTE 3.-.FESTIVAL DE VIÑA 1993

09年ライブ

Joan Manuel Serrat, Penélope, Festival de Viña 2009

スポンサーリンク



世界的にはポール・モーリア版

 スペイン語圏以外ではむしろカバーであるこちらが有名である。

 「ふたりの天使」で登場したダニエル・リカーリは初回録音版のみ中間部のスキャットに参加している。

 その後ポール・モーリアは76年のディスコ・バージョン、88年再びダニエル・リカーリをフューチャーしたバージョンといくつものバージョンを発売している。

Paul Mauriat 日本で最も親しまれたバージョン

エーゲ海の真珠  ポール・モーリア Paul Mauriat Penelope

71年初回録音版

PAUL MAURIAT PENELOPE Original

98年ライブ

Paul Mauriat & Orchestra (Live, 1998) – Penelope (HQ)
スポンサーリンク

99年TVスタジオライブ(日本のTV)

Paul Mauriat & Orchestra (Live Tv, 1999) – Penelope w Gilles Gambus (HQ)

96年ライブ

Paul Mauriat Penelope

ディスコ・バージョン

Paul Mauriat – Penelope (Disco Version)

スポンサーリンク



ポール・モーリア以外のカバー

インストゥルメンタルのカバー

Nini Rosso(トランペット)

Nini Rosso The jewels of the Madonna a2 Penelope (A Alguero)

Diego Torres ミュージック・ビデオ

Diego Torres – Penelope

スタジオライブ

penelope

Miguel Rios

YouTube
スポンサーリンク

<歌詞>

Penélope
Con su bolso de piel marrón
Sus zapatos de tacón
Y su vestido de domingo

Penélope
Se sienta en un banco en el andén
Y espera a que llegue el primer tren
Meneando el abanico

Dicen en el pueblo
Que un caminante paró
Su reloj una tarde de primavera

Adiós, amor mio
No me llores, volveré
Antes que de los sauces
Caigan las hojas

Piensa en mi, volveré por ti

Pobre infeliz
Se paró tu reloj infantil
Una tarde plomiza de abril
Cuando se fue tu amante

 

Se marchitó
En tu huerto hasta la ultima flor
No hay un sauce en la Calle Mayor
Para Penélope

Penélope
Tristes a fuerza de esperar
Sus ojos parecen brillar
Si un tren silba a lo lejos

Penélope
Uno tras otro los ve pasar
Mira sus caras, los oye hablar
Para ella son muñecos

Dicen en el pueblo
Que el caminante volvió
La encontró
En su banco de pino verde

La llamó
“Penélope, mi amante fiel, mi paz
Deja ya de tejer sueños en tu mente

Mirame, soy tu amor
Regresé.”

 

Le sonrió
Con los ojos llenitos de ayer
No era asi su cara ni su piel
“Tu no eres quien yo espero.”

Y se quedó
Con su bolso de piel marrón
Y sus zapatitos de tacón
Sentada en la estación

スポンサーリンク

コメント