スポンサーリンク

ブルーレディに紅いバラ(Red Roses For A Blue Lady)~Vaughn Monroe,Bert Kaempfert

A--E
スポンサーリンク

名曲の系譜

1948年ー49年

この曲が作られたのは48年作曲スィド・テッパー作詞ロイ・C・ベネットであった。。49年にはガイ・ロンバード(Guy Lombardo)の演奏や、ヴォーン・モンロー(Vaughn Monroe)の歌でヒットした。

もともとは、1948年12月15日ヴォーン・モンローがレコード化し、1949年1月14日にビルボード誌のチャートを突破した。

別のレコード化は、1948年12月22日にガイ・ロンバードと彼のロイヤル・カナディアンズによって作られ1949年の間にトップの売り上げでランクインしている。

1964年

それから数年たってドイツのベルト・ケンプフェルト(Bert Kaempfert)が64年にこの曲をリバイバル・ヒットさせ、その後アンディ・ウィリアムス(Andy Williams)やパット・ブーン(Pat Boone)など多くのカバーが出ている。

1965年

65年にはいくつも競作となり、その中でチャートインしたのが3つある。10位がヴィック・ダナ(Vic Dana)、11位がベルト・ケンプフェルト、そして23位にウェイン・ニュートン(Wayne Newton)の曲がそれぞれランクされた。

スポンサーリンク



歌詞の内容

原題は「Red Roses For A Blue Lady」が意味する“青色”のレディ、つまり「憂鬱な彼女」のことを歌っている。

すなわち“僕たちは些細なことで喧嘩してしまった。紅いバラの花が彼女の悲しみを消してくれるといいな”“結婚に持ち込めたら(白い)蘭の花を買いに来るよ”という内容の歌である。

歌詞の中に3つの色を見事に盛り込んで、心の色を表現している。

なおこの曲を作った作詞・作曲コンビのシド・テッパー、ロイ・C・ベネットは同じコンビでジョー・スタッフォードに特に日本で大ヒットとなった「霧のロンドンブリッジ」を提供した。

この曲の系譜の中で重要なバージョン紹介

49年の最高3位になったヒット

Vaughn Monroe

Vaughn Monroe and His Orchestra – Red Roses for a Blue Lady (1948)

65年にこの曲を見事にリバイバルヒットさせた

ハンブルグ生まれのドイツのミュージシャン、ベルト・ケンプフェルトによって1965年にレコーディングされブラジルで大きな成功を収めた。 音楽関係の経歴は14歳で個人教師のレッスンを受けはじめ、そしてハンブルグで音楽の学校に入学し、そこで彼は2年後に名誉賞を受け卒業した。 ピアノのほかに、彼はクラリネット、サクソホンとアコーディオンのような楽器演奏を習った。

Bert Kaempfert

Bert Kaempfert: ♫ Red roses for a blue lady ♫



この曲で最高23位「ラスベガスの帝王」ウェイン・ニュートン

アメリカ合衆国のポピュラー音楽の歌手兼俳優。バージニア州ロアノーク出身で、ポウハタン族やチェロキー族など、複数のインディアン部族を祖先に持つ。

40年以上にもわたって、ラスベガスで3万回以上ものソロ・ショーを行い、「ラスベガスの帝王」または「ミスター・ラスベガス」と称されるエンターテイナーで、エルヴィス・プレスリーやフランク・シナトラをしのぐ観客動員力を誇った。

ニュートンは、10代のころ兄と「ニュートン・ブラザーズ」というコンビを結成し活動していたが、歌手兼音楽プロデューサーのボビー・ダーリン(Bobby Darin)に見出され、ソロ歌手として飛躍した。「ダンケ・シェーン(Danke Schoen)」や「ブルー・レディに紅いバラ(Red Roses for a Blue Lady)」などがヒット、190センチ近い長身でありながら、そばかす顔の童顔で少女のようなユニークな歌声の持ち主というギャップが人気を呼んだ。

Wayne Newton 65年競作の一つ

Wayne Newton – Red Roses For A Blue Lady

さらにもう一つ65年競作で10位を獲得

Vic Dana 65年競作の一つ

Vic Dana Red Roses For A Blue Lady




この他のカバーにも大物が勢揃い

Paul Anka

Paul Anka * Red Roses for a blue lady *

Andy Williams

Andy Williams – Red Roses For A Blue Lady ♪ブルーレディに紅いバラ

Dean Martin

Dean Martin – Red Roses for a Blue Lady

Al Martino

Al Martino – Red roses for a blue lady
スポンサーリンク

コメント