スポンサーリンク

(2/2ページ)ロック・アラウンド・ザ・クロック(Rock Around The Clock)~Bill Haley & His Comets

A--E

<この記事の最初に戻る>

スポンサーリンク

ビル・ヘイリーのデビューからその後

1925年7月6日ミシガン州ハイランドパーク生まれ。17歳の頃からヨーデル歌手として活動を始めた。

しかし音楽だけで生計を立てるまではいかず、地元ペンシルヴァニア州チェスターの小さなラジオ局でDJ兼管理人兼掃除人といった職に就いた。

1946年に「フォー・エイセズ・オブ・ウェスタン・スウィング(The Four Aces of Swing)」というカントリー系のバンドで活動を始めるが1年で解散。

1948年には自らのバンド「サドルメン」を結成。

DJをしていたビル・ヘイリーは50年代になるとリスナーのリクエストから時代の変わり目に気づく。

どうもリスナーが求めているのはリズム・アンド・ブルースと呼ばれていた黒人音楽らしいと気づいたビルはDJとしてそういったレコードをかけるだけでなく、自分のバンドでもやってみようと賢明な判断をした。

ヘイリーのR&B風録音第1号は黒人バリトンサックス奏者兼歌手ジャッキー・ブレンストンの「ロケット88」を、当時まだ物珍しい電気ギターをフィーチャーしたカバーであった。これが1万枚も売れた。

1951年から53年ころまでの活動

ビル・ヘイリーとサドルメンは、フィラデルフィアをベースにしたデイブ・ミラーのホリデイ・レーベルとエセックス・レーベルからレコードを発売し、名声を得ていた。

ヘイリーはハンク・ウィリアムス風のカントリー・バラードとボブ・ウィルス風のテキサス・スウィングが好きだったが、ミラーは「ロケット88」(10000枚)や「ロック・ザ・ジョイント(Rock The Joint)」(1952年75000枚)のようなR&Bをやるように勧めた。

どうすれば客に受けるか徹底的に研究しながら、ヒルビリー、ウェスタン・スイング、リズム&ブルース、ディキシーランド・ジャズなどをミックスしていき、全く独自の音楽を作り上げていった。


そのうち1952年の「ロック・ザ・ジョイント」がとうとう全米チャートに顔を出すところまでいった。ヘイリーはアップテンポでブルース風の音楽が有望であると悟った。

当時は人種差別が当たり前だった時代で音楽産業も「カントリー」と「R&B」とシロクロがはっきり分かれていた。ところがヘイリーのレコードは聴いただけではシロなのかクロなのかわからないというものだった。

1953年サドルメンがフィラデルフィアのクラブの専属バンドになると、カウボーイハットとブーツを脱いでタキシードを着るようになった。

このスタイルに合わせるために、バンドの名前も変えなきゃいけないと、地元のDJの推薦を受け入れ、ビル・ヘイリーとヘイリーズ・コメッツという名前でエセックス・レコードからシングルを発売した。

その後デッカからレコードを発売する際、ビル・ヘイリーと彼のコメッツへと名前を変えた。

発売前からクラブで「ロック・アラウンド・ザ・クロック」を歌っていた

1953年の「クレイジーマン・クレイジー(Crazy Man Crazy)」が突発的なヒット(15位)となったので、地元のクラブは少年たちでスシ詰めとなり、既にヒットメーカーだったマックス・フリードマンがヘイリーにアプローチしてきた。

しかしまだこの段階では「白人専用のダンス・バンド」という不本意な評判だった。そしてフリードマンがジミー・マイヤーズと共作した「ロック・アラウンド・ザ・クロック」は1953年夏にバンドのレパートリーに加わり人気の曲となっていた。

この頃の彼らの演奏は上の写真のように、ウッド・ベースをグルグル回したり、その上に馬に見立てて乗っかったり、その後ロカビリーバンドでは普通となったパフォーマンスを先取りして観客を楽しませる工夫をしていた。

スポンサーリンク



最大手デッカとの契約に成功

エセックス・レコード社長とこの曲の作者が不仲であるために、録音させてもらえなかったことは別項で述べた。そこでデイブ・マイヤーズはヘイリーをニューヨークに連れて行き、ちっぽけなフィラデルフィアのエセックスレコードをやめさせ、最大手のデッカと契約させようとした。

運のいいことにヘイリーと面談したのが大物プロデューサーのミルト・ゲイブラー。早速契約となった。当時ド田舎で得体の知れないヒルビリー野郎といきなり契約する大手なんて無かったので、世間は度肝を抜かれたという。

こうして「ロック・アラウンド・ザ・クロック」を含む3曲が1954年にレコーディングされた。

スポンサーリンク

コメント