スポンサーリンク

花のサンフランシスコ(San Francisco)~Scott McKenzie

Artist(English)
スポンサーリンク

カバーセレクション

PH Electro

PH Electro – San Francisco (Official Video HD)

Johnny Hallyday(フランス語)

Johnny Hallyday San Francisco

Bobby Solo

San Francisco (Italian Version) – Bobby Solo



ポール・モーリア

花のサンフランシスコ (ポール・モーリア)

テレサ・テン(中国語)アルバムの1曲目

Teresa Teng Chinese Cutie Pop Collection vol II

日本のカバー

石嶺聡子

石嶺聡子 花のサンフランシスコ

中村晃子

中村晃子 – 花のサンフランシスコ

スポンサーリンク



高橋真梨子(ペドロ&カプリシャス)

ペドロ&カプリシャス/朱里エイコに収録されているはずだが、ネットではすぐに削除される。

花のサンフランシスコ

夢の終わり

アメリカ全土を覆った若者たちのカウンター・カルチャーのムーヴメントは1969年夏のウッドストック・フェスティバルでその頂点を迎えるが、けっきょくコンサート会場は混乱とドラッグと犯罪と泥にまみれ、終わった跡にはゴミが散乱するばかりだった。

同じ年の暮れ、サンフランシスコ郊外のオルタモント・スピードウェイで行われたローリング・ストーンズのコンサートで、警備に雇われたヘルズ・エンジェルスのメンバーが観客のひとりを刺殺するという事件が起こる。世に言う「オルタモントの悲劇」である。

1970年10月、ジャニス・ジョプリンがヘロインのオーヴァードーズで世を去る。享年27歳という若さだった。

そうして夢は醒め、1960年代は終わりを告げる。

「優しい人たちに出会うだろう」と歌われたサンフランシスコ、今になって「San Francisco (Be Sure To Wear Some Flowers In Your Hair)」を聴けば、「サンフランシスコ」は単なる街の名でなく、アメリカの若者たちが新しい価値観のもとに新しい時代の創造を夢見ていた、あの時代そのものの象徴のように聞こえる。

<歌詞>

If you’re going to San Francisco
Be sure to wear some flowers in your hair
If you’re going to San Francisco
You’re gonna meet some gentle people there

For those who come to San Francisco
Summertime will be a love-in there
In the streets of San Francisco
Gentle people with flowers in their hair

All across the nation
Such a strange vibration
People in motion
There’s a whole generation
With a new explanation
People in motion
People in motion

For those who come to San Francisco
Be sure to wear some flowers in your hair
If you come to San Francisco
Summertime will be a love-in there

スポンサーリンク

コメント