スポンサーリンク

ラストダンスは私に(Save The Last Dance For Me)~The Drifters

Artist(English)
スポンサーリンク

はじめに

越路吹雪の大ヒットだったからフランス産のシャンソンだと思っている人が自分を含めて多いはず。実際ダリダがフランス語に翻案したものをヒットさせた。日本では越路のマネージャー岩谷時子が訳詩をした。

しかしながらこの曲はれっきとしたアメリカン・ポップスで、白人ブルース歌手出身のDoc Pomus(ドク・ポーマス)とピアニストのMort Shuman(モルト・シューマン)が一緒に作った。60年にこれが全米1位の大ヒットとなった。

なおJohn Lennonによると、「Hey Jude」はこの曲にインスパイアされて作ったという。しかし何度聞いてもつながりを感じられない。

この曲を語る場合、リード・ボーカルのベン・E・キングを抜きにして語れない。彼はグループを脱退してソロでもスタンド・バイ・ミーなどの大ヒットで知られている。そのバイオグラフィー詳細がここにある。

The Drifters

ニューヨーク出身のR&Bボーカルグループ。元々は1953年にClyde McPhatterを中心に結成され、「Money Honey」や「Honey Love」等をヒットさせるが、メンバーは入れ替わり、人気は低下。

ロックエラにヒットを飛ばしたDriftersは、58年に既にオリジナルメンバーは誰もいないDriftersとアポロシアターで共演したFive Clownsというグループのこと。

マネージャーのGeorge Treadwellがメンバーを全員クビにし、Five ClownsをDriftersにしてしまったのである。その時のリードテナーがBen E. King。

スポンサーリンク



足が不自由だったドク・ポーマスの思いが込められた曲

作詞のDoc Pomusは、小児麻痺の影響で下半身に障害を負い、この詞を書いた時には脚に金具を付け両手で松葉杖をついて歩くという状態だった。

更に後には車いす無しには生活できなくなった。彼の妻Willi Burkeは、ブロードウェイの女優兼ダンサーで、踊ることが大好き。Docの足では妻とダンスをすることができないし、かと言って、他の男と踊るなとも言えない。

立っているときは両手が松葉杖でふさがれているので、片手を女性の手に添え、もう片方の手は相手の肩か腰に当てて、ダンスを踊るということができなかった。

彼は自身の結婚式に車椅子で出席した。ブロードウェイで舞台女優の花嫁と来賓たちとが手を取り合い踊る姿を見て、この歌詞が浮かんだという。

こんなDocのやりきれない悲しい思いと、愛する妻への温かい思いやりが、この曲のメッセージである、「女性に手を取ってもらい肩に手を当ててもらいながら、自分は松葉杖をついてでも動くから、ラストダンスだけは私のために残して置いてくれ、そして一緒に踊ろう」に込められている。

こんな切ない願いが込められているのに、これっぽちも「影」が感じられない、明るく、弾むようなメロディには、Docがどれほどラストダンスを楽しみにしていたのかをうかがい知ることが出来る。

Doc Pomus

Doc Pomus(1925-1991)

アメリカの元々はブルース歌手であった。その後はロックンロールの作詞で知られる。

1925年にブルックリンにてユダヤ移民の息子として生まれた。子供時代のポリオのため松葉づえ生活を余儀なくされる。

10代でブルース歌手となり、ハンデのおかげで黒人聴衆の共感を得て、ニューヨークのクラブで鍛え、ミルト・ジャクソンやキング・カーティスと共演した。1940~50年代に40曲の録音を残している。

1950年代にブロードウェイの女優と結婚、家族を養うために歌詞のほか雑誌記事を書く。ハネムーン中に自身の作品”Young Blood”のザ・コースターズによるバージョンをジュークボックスで聴き、しばらくして1500ドルの印税小切手が来た。それで作詞も悪くないな、と思ったという。

1956年にはレイ・チャールズに曲を提供し、1957年には専業ライターになっていた。

自身のいとこと付き合っていたピアノ弾きのモルト・シューマンと、コンビを組むようになった。

シューマンを選んだのは、自分がロックンロールを知らなかったためだという。シューマンとの共作に「恋のティーンエイジャー (A Teenager in Love)」、「さよならはダンスの後に (Save The Last Dance For Me)」、後にビーチ・ボーイズがカバーした「ハッシャバイ」、「This Magic Moment」「Turn Me Loose」、「スウィーツ・フォー・マイ・スウィート」、 エルヴィス・プレスリーの「ラスベガス万才」、「リトル・シスター」、「サレンダー」、「マリーは恋人」などがある。

1960年代にはフィル・スペクター、リーバー=ストーラーとも共作。ほかにも共作者がいた。1991年65歳で肺がんのため死去。1992年ロックの殿堂、ソングライターの殿堂、2012年ブルースの殿堂入り。

このDoc Pomasが死の直前の90年代に入ってから、不遇のどん底にいたJimmy Scottをもう一度表舞台に送り出そうと、親身になって骨を折った。しかし、その労が実らないうちに肺がんでこの世を去ってしまった。

「俺が死んだら、ガーシュインの”Someone To Watch Over Me”を唄ってくれ」とJimmyに言い残した。教会のパイプオルガンの伴奏で、Jimmy Scottは一世一代の”Someone To Watch Over Me”をDocに唄った。

Warner Brothersのレコード会社、Sire Recordの社長、Seymour Steinがその場に居合わせ、感銘を受けた。そして、Jimmy Scottは60代半ばの歳でカムバックを果たすことが出来た。


岩谷の訳詞は翻案というべき

この曲は日本でも多くの歌手がカバーしたが、中でも越路吹雪が岩谷時子訳詞の歌詞で1961年にリリースしたものが最大のヒットとなり、今でも日本では越路の歌というイメージが定着している。

岩谷版日本語詞では、遠くで、別の女性と踊っている男性に、「私の事を忘れないでね」「いつか二人きりで旅に出ましょうね」と投げかけている歌詞なのだが、原詩はこんな呑気で薄っぺらな「色恋沙汰」を歌ってはいない。

因みに最初の邦題では「ラストダンスは私」であったものが、越路&岩谷版が日本で大ヒットとなったことにより、「ラストダンスは私」となって定着することとなった。

前者の方が原詩の「切なさ」があり、原詩のイメージに忠実である。岩谷の訳詞は他にも多数のヒットを量産しているが、いずれも原詩に忠実というより、日本で受け入れやすいシチュエーションを勝手に作り上げるケースが殆どで、翻訳というより翻案というべきである。

オリジナル大ヒットを飛ばしたザ・ドリフターズはメンバーが入れ替わっているが当時のリード・ボーカルは後にソロになってスタンド・バイ・ミーの大ヒットを飛ばすベン・E・キングだった。

オリジナル

The Drifters(ドリフターズ)

Save the last dance for me – The Drifters

ライブ映像

The Drifters – Save The Last Dance For Me

カバーセレクション

フランス語バージョン

1976年にAndré Michel Salvet と F. Llenasによってフランス語に翻案され、ダリダが歌った。

タイトルはGarde-moi la dernière danseとされた。

曲を作ったモール・シューマン自身が、フランス語で歌っているほか、ペトゥラ・クラークPetula Clarkもフランス語で歌っている。

日本人でこの曲をシャンソンだと思っている人が多い原因の一つが、ダリダのフランス語バージョンのフランスでのヒットがある。

仏題「Garde-moi la dernière danse

DALIDA

Dalida – Garde moi la dernière danse – Paroles (lyrics)

Danielle Darrieux(ダニエル・ダリュー)

Danielle Darrieux – Garde Moi La Derniere Danse ラスト・ダンスは私に

スポンサーリンク



Petula Clark – Garde la Dernière Danse Pour Moi

Petula Clark – Garde la Dernière Danse Pour Moi [Save the Last Dance for Me]

Carole Laure – Danse avant de tomber(1988年)

Carole Laure – Danse avant de tomber (1988)

フランスのトランペット奏者?

GARDE MOI LA DERNIERE DANSE

Mort Shuman

作曲者自身のセルフカバー、フランス語の歌詞で歌っている。

Mort Shuman – La dernier dance pour moi (Save the last dance for me)
スポンサーリンク

コメント