スポンサーリンク

秘密諜報員(Secret Agent Man)~Johnny Rivers,The Ventures

Artist(English)
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

P.F.スローンは「明日なき世界」で全米1位を獲得した翌年にもスティーヴ・バリと組んでジョニー・リバースの「秘密諜報員(Secret Agent Man)」を作り、1966年4月には全米3位を獲得しダンヒル・レコードの発展に大きく貢献した。

オリジナル(ジョニー・リバース)のジャケット
日本発売盤ジャケット
 
日本発売盤
カバーしたベンチャーズのジャケット

直後にベンチャーズがカバーしたインストゥルメンタルも53位に入り、日本ではこちらの「秘密諜報員」のほうがヒットして有名になった。

 

日本発売盤



スパイTVドラマのテーマソングだった

1965年10月4日からフジテレビで放送された「秘密諜報員ジョン・ドレイク」のテーマソング。パトリック・マッグーハン主演のイギリス製の連続人気TV映画で、原題は「Danger Man」。

この曲は、アメリカのCBS系列のTVで放送された際に、新たに付けられたテーマソング。ドラマの主人公の身分としては、NATO(北大西洋条約機構)の諜報員、という設定であった。

PFスローン=ステョーヴ・バリのペンになるジョニー・リバーズのこの歌が主題歌としてフィーチャーされていたのはアメリカ放映版のみで、イギリスや、その他の国(日本では「秘密諜報員ジョン・ドレイク」の邦題で放映された)では冒頭に流れるハープシコードをフィーチャーした小気味よい器楽曲がそのままテーマとして使われていただけである。

また、主演のパトリック・マッグーハンは、その後、1967年にこの人気シリーズの放映延長を望まず、自らのコンセプトで制作した「プリズナーNo.6」という(辞職したスパイが秘密管理のために当局に拉致され、正体不明のユートピア風の村に隔離幽閉されるという)TV史上もっとも難解で形而上学的と言われる人気TVシリーズに出演した。

孤独の世界(From A Distance)~P.F.Sloan
P.F.スローンは米国のシンガー・ソングライターで「明日なき世界」等のヒットを連発し、自らもシンガーとしての活動を模索したが週給数ドルで雇われた地位から脱出できなかった悲運の人。この作品は日本で66年に一度発売された後、69年に配給権が移って再発売されて日本でのロングヒットとなった。

スポンサーリンク



この頃はスパイ映画ブーム

1960年代半ばから後半にかけてイギリスやアメリカ、イタリア、フランス、西ドイツ、日本などで、秘密諜報員や工作員を描いた数多くのスパイ映画が公開された。

そのさきがけとなったのが1962年イギリスで映画化された『007ドクター・ノオ(007は殺しの番号)』で、これが世界中で大ヒットしたことから、主人公のジェームズ・ボンドを演じたショーン・コネリーによって『007ロシアより愛をこめて』、『007ゴールドフィンガー』の続編が作られた。

007シリーズは回を追って制作規模が大きくなり、世界中で大ヒットを続けた。当然のようにスパイ映画人気はテレビに波及していく。

最初にその動きは007を生んだ国イギリスで、1962年に秘密諜報員ジョン・ドレイクを主人公とする連続ドラマ『Danger Man』が誕生した。

これはアメリカでは『Secret Agent』と改題されて放映されたが、シリーズの途中からジョニー・リバースが歌うオープニングテーマ、「Secret Agent Man(秘密諜報員)」がつくようになった。

相前後して、国際機関アンクル(U.N.C.L.E.)の「0011」などのスパイものが多く作られたのは、冷戦という、当時の世界状況を背景にしている。また「スパイ大作戦」”Mission: Impossible”というTV番組も、人気があった。

ジョニー・リバースに関する詳しいことは本記事末尾の歌詞直前に記述している

ギターを弾いたりする人間なら誰でもちょっと弾いてみたくなるイントロというのがあって、このスローン=バリのソングライター・チームが生んだ名作もまた、(なるほどヴェンチャーズがそのレパートリーに入れているのも頷ける)そういうギター・イントロ傑作選に入るようなサスペンスに富んだ忘れられないイントロのひとつとなっている。

スポンサーリンク



Johnny Riversの歌声と映像

Johnny Rivers

JOHNNY RIVERS – Secret Agent Man 1966

TV映像

このTV番組ではジュディ・ガーランドの紹介でJohnny Riversが登場している

Johnny Rivers – Secret Agent Man (1966)




カバー・セレクション

P.F. Sloan

作者のセルフカバー

P. F. Sloan : Secret Agent Man
スポンサーリンク

コメント