スポンサーリンク

ドック・オブ・ザ・ベイ(Sitting On The Dock Of The Bay)~Otis Redding

Artist(English)

 オーティス・レディングは41年生まれのアメリカのシンガーソングライター。正確にはオーティス・レイ・レディング・ジュニア(Otis Ray Redding Jr.)「ソウルの王」と呼ばれ熱狂的な信奉者が多くその後のアーティストにも彼の精神は脈々と受け継がれている。  
 60年代初めに音楽活動を開始して62年には初のシングル「These Arms Of Mine」がR&Bチャートで20位を獲得し、その後の活躍はソウル界に大きな影響を与えたがこの「ドック・オブ・ザ・ベイ」を録音した3日後の67年12月10日に飛行機事故で26歳という若さで亡くなった。  
 翌68年にこの曲は発売されオーティスにとって唯一のビルボード1位獲得曲となった。作詞・作曲は、オーティス・レディングとスティーヴ・クロッパー。原題は「Sitting On The Dock Of The Bay」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オーティス・レディングが登場した時代

 60年代。それは、アメリカにおけるマイノリティの権利獲得運動(公民権運動)が激しさを増した時代でもあるが、中でも黒人の意識の高まりがある頂点に達した時、「SOUL」という、もともとは教会をイメージさせる言葉が、業界用語であった「リズム&ブルース」と入れ替わるように使われ始めたのである。  
 「我々は、魂を持った、人間である」という主張。その人間が魂の歌を歌う。それが「ソウル・ミュージック」だった。  サム・クック、レイ・チャールズ、ジャッキー・ウィルソン、リトル・リチャードほか、ソウルの時代の幕開けを飾った名シンガーのあとに続き登場したのが、のちに「ビッグ・オー」の愛称でも知られることとなるオーティス・レディングだった。

オーティス・レディングの登場

 オーティス・レディングは、1941年9月9日、南部のジョージア州ドーソンに生まれている。オーティスの父は日曜牧師として、町でゴスペルを教える偉大な指導者だった。貧しいながらも長男であるオーティスは、町の聖歌隊に入り、歌う喜びを知る。

 1950年代、彼はメイコンで育ったが、そこはR&Bの盛んな街で、ジョージア州は、レイ・チャールズやリトル・リチャードが生まれ、ジェイムズ・ブラウンが育った場所である。

 オーティスは、ロックンローラーとして凄まじいステージをこなしたリトル・リチャードや、サム・クックら先輩たちの歌を聞き、影響されながら腕を磨いた人物だった。

 神への感謝を歌うゴスペルよりも、身近な人生の喜びをエネルギッシュに歌うソウルミュージックを、オーティスは好んで歌うようになるが、父はソウルを「悪魔の歌」として忌み嫌った。勉強はそっちのけで、ライブハウスに通いづめて歌うオーティスは、町ののど自慢コンテストの常連になり、出れば必ず優勝した。

スポンサーリンク




 17歳で高校を中退してガソリンスタンドでバイトをしながら、朝から晩まで歌うオーティス。10セントのケチャップパンをほおばりながら、スターシンガーを夢見ていた。

 そのころ、意外なファンがオーティスの前に現れる。白人の兄フィルと弟アランのウォルデン兄弟だ。ウォルデン兄弟は、オーティスのライブを見て衝撃を受け、とうとうマネージメントを買って出た。

「オーティスのパワフルな歌を、初めて聴いたときから魅了されてしまった。そう、ほんとうに腰が抜けたんだ」

 白人と黒人がいっしょに働くなんてありえなかった時代に、3人は意気投合した。大人たちが越えることができなかった人種の壁を、彼らは歌を通していとも簡単に乗り越えてしまった。  だが3人の共同作業は、なかなか理解されなかった。行く先々で白人からは白い目で見られ、旅先でも、白人のホテルではオーティスは入れず、黒人のホテルではウォルデン兄弟が泊まれず、結局3人は車で寝泊りしたこともあった。

 地元のタレント・コンテストなどに出場した後、彼は宗教活動のために突如引退してしまったリトル・リチャードの代わりとしてアップセッターズのヴォーカルに選ばれた。当時、彼はソウル界の大御所サム・クックやソロモン・バークを目標にヴォーカリストとしての実力をつけつつあった。

 1960年、彼は姉が住んでいたロサンゼルスで初めてレコーディングを行うが、この時録音した「She’s Alright」は発売されずに終わる。故郷ジョージア州に戻った彼はアセンズの街にあったコンフェデレイト・レコードから「シャウト・バマラマ」という曲を発表し、南部限定ながら小ヒットとなった。  その後、彼はジェニー・ジェンキンス率いるパイントッパーズと共にライブ活動を行いメイコン周辺を回る生活を続けた。そんな中、彼の人生を変える大きなチャンスが巡ってきた。

 彼に大きな転機が訪れるのは1962年10月、メンフィスでのことである。それまで小さなレコード会社から若干のレコードを発売したこともあったオーティスだが、この時、新たなレコーディングのチャンスをつかむ。  同郷のミュージシャン、ジョニー・ジェンキンズのレコーディングに運転手として同行した設立2年目の新しい会社スタックス・レコードで、彼は空き時間に歌わせて欲しいと申し出たのである。ここで彼は2曲吹込みを行う。その2曲のうちの1曲が、彼の記念すべきデビュー曲「These Arms of Mine」であった。

 社員のディニー・パーカー女史は、当時のことをこう振り返る。

「最初の印象は、とにかく地味。物静かだし。ところがひとたび、彼が歌いだすと、みんなびっくりした。その場でレコーディングが決定した」

 のちにバックバンドでギターを弾くことになるスティーブ・クロッパーは、そのときを鮮明に記憶している。

「オーティスはスタジオに歌いながら入ってきたんだ。それだけで釘付けだったね。 せつない思いがした。ずっと彼の歌を聴いていたいと思った。時間が止まった」

スポンサーリンク


 この時の録音を聴いたスタックスの共同オーナーだったジム・スチュワートはオーティスの歌に感動。さっそく彼と契約を結び、「These Arms of Mine」をヴォルト・レーベルからデビュー・シングルとして発売。すると、すぐにこの曲はR&Bチャートを上昇し始めて、最高20位に達するヒットとなった。  オーティスのこの行動が、スタジオ中を驚かせるどころか、80万枚も売れるヒットを生み出し、ひいては、まだまだ小さかったスタックスを世界にとどろく名門レーベルへと急上昇させる一因となったのである。  その歌とは、「These Arms of Mine」。彼の自作である。

この私の腕が、君を求めている。この腕が寂しい。この腕が燃えている。

 二十歳そこいらの青年が歌った作品とは思えない成熟の向こうから聞こえてくるのは、「誠実」というメッセージだった。  ソウル・ミュージックは娯楽音楽には違いないが、娯楽の中にも、一つや二つ、マジに、正面を向いて語りかける姿勢があってもいいはずだ…オーティスの歌い口には、まさにそう感じさせる情熱があった。そしてそれこそが、ソウル時代のブラック・ミュージックだったのである。

スポンサーリンク

コメント