スポンサーリンク

哀しみのソレアード(Soleado)~Daniel Sentacruz Ensenble

A--E
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

 この曲はイタリアの音楽グループDaniel Sentacruz Ensenble(ダニエル・センタクルツ・アンサンブル)によって1972年に作曲され、1974年にヨーロッパ中に大ヒットした器楽曲。原題は「Soleado(ソレアード)」、スペイン語で日だまりとか日当たりの良い場所という意味というのが一般的な説となっているが、実際に辞書には出ていない。

 ダニエル・センタクルツ・アンサンブルのリーダーでこの曲を共作したチロ・ダッミッコが「森の中に降り注ぐ陽の光」をイメージした造語だと述べている。

 この曲が世界的な大ヒットとなって以来、世界中で競作ブームを巻き起こし、ポール・モーリア、パーシー・フェイス、フランク・プールセル等インストゥルメンタルの大御所たちが挙ってこの作品を採り上げていった。

ダニエル・センタクルツ・アンサンブル(Daniel Sentacruz Ensenble)

 永遠のスタンダード・ナンバーである「哀しみのソレアード」のヒットで有名なダニエル・センタクルツ・アンサンブルは、ドラマー出身のカンタウトーレ、チロ・ダッミッコ、チロのバック・アップでソロ活動もしたマーラ・クベッドゥ、そしてロザンナ・バルビエーリの女性2人を含む3人のユニットとして、74年にデビューした。

 結成のいきさつとしては、ソロ・アーティストとして十分な結果が出せなかったチロ・ダッミッコが、自作曲「LE ROSE BLU」をインストゥルメンタルで演奏し直し、「哀しみのソレアード(SOLEADO)」として発表したいとEMIに申し出たところから始まった。

 この曲には総勢5人もの作家が名前を連ねているが、その中にアレンジャーとして参加しているダリオ・バルダン・ベンボも入っている。

 本作は日本でもシングル・アルバムともに発売されており、当時はラヴ・サウンズと呼ばれたイージー・リスニングのジャンルで、しっかりと人気を獲得していた。

 内容は平たく言うとポール・モーリアや、イタリアのイル・グァルディアーノ・デル・ファーロのようなものだが、イタリアならではの叙情性も垣間見れる。

 ユニークなのが、イージー・リスニングらしいベートーベンの「エリーゼのために」やビートルズの「ア・ハード・デイズ・ナイト」の他に、ポール・マッカートニーの「ジャンク」やキャロル・キングの「コラソン」をカヴァーしていることであろう。思ったよりファンキーな音作りが楽しめる。

 「哀しみのソレアード」は最高2位にまで上がり、74年の年間チャートでも3位に入る大ヒットを記録し、アルバムも21位にまで上がっている。 

 彼等は76年に「LINDA BELLA LINDA」(ピンク・レディーがカヴァー)でサンレモ音楽祭の9位に入賞し、年間11位になる大ヒット、さらに78年のサンレモ音楽祭にも「MEZZANOTTE」で参加し、年間74位に入るヒットを出したが、79年に解散している。

日本発売盤

スポンサーリンク

原曲は14世紀イタリアの曲

 オリジナルの作品は14世紀後半にイタリアで活躍した作曲家、アントニオ・ザカーラ・ダ・テーラモ(Antonio Zaccara da Teramo)が作曲したとされているが、14世紀といえばヨーロッパでは中世にあたり、音楽的にはアルス・ノーヴァの代表的な作曲家ギョーム・ド・マショーらが活躍していた時代である。

 しかしこの作品のどこか感傷的で宗教的感情を持った美しいメロディーを聞けば、それも頷けるものがある。

 この作品の原題は「ソレアード “SOLEADO”」、タイトルが示すように、暗雲垂れ込めた雲間から射す陽の光の温かさを感じさせるようなこの曲の持つ魅力的なメロディーは歌手たちを魅了し、英語やフランス語の歌詞が付けられて多くの歌手によって歌われていった。

 Fred Jay による ”When A Child Is Born” の歌詞でアメリカの歌手ジョニー・R・マチス(Johnny R. Mathis)がクリスマス・ソングとして歌ったのをはじめ、フランスのミレイユ・マチュー、そして日本ではクミコがこの作品を採り上げている。

 日本ではポールモーリア楽団バージョンが定番になっている。

ポール・モーリア・ベスト・セレクション 哀しみのソレアード、他



Daniel Sentacruz Ensemble

SOLEADO Daniel Sentacruz Ens.

Paul Mauriat

Paul Mauriat – Soleado

歌詞をつけてクリスマスソングに

When A Child is Born「子供が生まれる時」

 今日に至るまで、世界中のアーティスト達により様々な歌詞がつけられて歌われている。中でもアメリカの歌手ジョニーマティス(John Royce Mathis)によるイエス・キリストの降誕をテーマとした「When A Child Is Born」の歌詞でマティス風にアレンジしてクリスマスソングとしたものが特に有名。

 これは今でも多くの歌手によって歌われている。語りの部分から察すれば、チャイルドは一般的な子供だと思われるが、クリスマスソングとして歌われればチャイルドはキリストを指すとも考えられ、「御子が生まれ給いし時」と訳す事も出来る。

 歌詞の中では明示的に「クリスマス」といった単語は使われていないが、ベツレヘムの星やイエス誕生が暗に描写されており、キリスト降誕祭であるクリスマスに相応しい楽曲として、年末シーズンに英米圏で耳にする機会がある。

Johnny Mathis – When a Child Is Born (from Home for Christmas)

Johnny Mathis(ジョニー・マティス)

Johnny Mathis – When A Child Is Born

Sarah Brightman (サラ・ブライトマン)

Sarah Brightman – When a child is born

Charlotte Church(シャルロット・チャーチ)

Charlotte Church – When A Child Is Born – Draw Tua Bethlehem – 2000




歌詞をつけてシャンソンに

On ne vit pas sans se dire adieu「さよならを言わずに生きることは無い」

 ミレイユ・マチュウはフランス語の歌詞をつけてシャンソン風に歌った。adieu(アデュー)とは最後の別れの言葉で、二度と会うことは無いという強い響きがある。

 またそれを自分に言い聞かすのか、互いに言い合うのかどちらかなのだが、いずれにしろ日本語の歌詞とは少し違う。(末尾の日本語歌詞参照)

Mireille Mathieu(ミレイユ・マチュウ)”On ne vit pas sans se dire adieu”

Mireille Mathieu On ne vit pas sans se dire adieu ミレイユ マチュウ
スポンサーリンク

コメント