/** * GoogleMaps jsを追加 footer * * License: GPLv2 or later */ function add_footer_enqueue_scripts_googlemaps_js() { wp_enqueue_script( 'googlemapapi', 'https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=AIzaSyAeiwYAm_GDfPBjidr2ZVz7IF6SuqNZGJs', array(), '', true ); } add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'add_footer_enqueue_scripts_googlemaps_js', 99 );
スポンサーリンク

間抜けなキューピッド(Stupid Cupid)~Connie Francis

A--E
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

 58年にニールセダカがコニー・フランシスのために作った「Stupid Cupid」がヒットし、彼が注目されるきっかけになった曲。ヒーカップ唱法が効果的に使われている。58年にハワード・グリーンフィールドの作詞、ニール・セダカ作曲の名コンビによる軽快なポップス。

 彼女のデビューは55年で、しばらくはヒット曲に恵まれず低迷を続けていたが、58年にリリースした11枚目のシングル「Who’s Sorry Now」でとうとう火が付き、みるみるヒットチャートを駆け上って、あっという間にミリオンセラーを記録した。

 そして、この58年には「アイム・ソリー」、「間抜けなキューピット」、「フォーリン」、「マイ・ハピネス」と立て続けにヒットを飛ばし、そして翌年の59年にも「カラーに口紅」、「フランキー」、「想い出の中に」などをヒットさせたが、どれもその時代を代表する忘れられない名曲ばかり。

 それ以降、’60年代まで数多くのヒット曲を量産しており、この時代を代表するNo.1女性シンガーの地位を獲得した。

米国発売盤ジャケット

 この曲は58年2月発売の『フーズ・ソリー・ナウ (Who’s Sorry Now?) 』で全米4位の大ヒットを飛ばした後の7月にリリースされ、恋する女子生徒の悩みをポップに描いたいかにもニール・セダカらしい音符運びである。ティーン・エイジャーに受けて全米14位のヒットとなったが、日本ではコニー・フランシスはまだ無名で殆ど注目されていなかった。

 また日本での発売時は『間抜けなキューピッド』ではなく原題のまま『ステューピッド・キューピッド』となっており邦題の命名にも力が入っていなかったようだ。

 全米では『フーズ・ソリー・ナウ』『間抜けなキューピッド』そして次作の『マイ・ハピネス』などで人気上昇中のコニー・フランシスだったが、日本ではまだ無名で彼女が受け入れられたのは59年末の『カラーに口紅』であった。

日本発売盤ジャケット
カラーに口紅(Lipstick On Your Collar)~Connie Francis
コニーにとり4枚目のゴールド・ディスク。日本ではカテリーナ・ヴァレンテ「情熱の花」と並ぶこの年の女性歌手ビッグヒット。 この曲が日本でのコニー最初のビッグ・ヒットとなり、続く日本語の「ボーイ・ハント」も大ヒットとなり、一気に日本でのアメリカンポップス女王の地位を獲得。



コニー・フランシスの歌声と映像

Connie Francis(コニー・フランシス) 1958

Stupid Cupid by Connie Francis 1958
コニー・フランシスConnie Francis/間抜けなキューピッドStupid Cupid(1958年)

Neil Sedaka(ニール・セダカ) 作曲家自身のセルフカバー

NEIL SEDAKA – STUPID CUPID

スポンサーリンク



不遇時代からガールズポップスの大御所へ

 イタリア系アメリカン人として生まれたコニー・フランシスは、不遇時代を経験した歌手だった。デビューは、11歳。貧しい家計を支えるためだったとか。17歳で本格的なプロ歌手として歩み始める。だが、世間は甘くなかった。デビュー盤にも恵まれず、場末のバーやライヴ・スポットで何とか生計を立てる。コニーに温かい手を差し伸べたのが、「匕首マック」のヒッでお馴染みのボビー・ダーリンだった。ところがコニーとボビーは、ちょっとした意見の食い違いで別れてしまった。スキャンダラス記事を扱う新聞は、二人は恋人関係にあると報じた。だが、これもご破算になってしまう。

 心機一転、コニーは成功を夢見てレコード会社のオーディションを積極的に受けるようになるデモ・テープ作りもこなした。MGMレコードから色よい返事がきた。1920年代に流行った古いポップス・ソングのカバーが気に入ってもらった。念願のレコード・デビューは、こうした背景からMGMに決定。残念にもスウィング感あふれる本作は、ヒットに結び付かなかった。それにもめげず、ラジオやTV出演をこなす。ディック・クラークのTV音楽番組『アメリカン・バンドスタンド』に出演、少しずつ人気が出始めた。友人のロッカバラード歌手、ニール・セダカが曲作りに好意を示してくれた。こうしてセダカが書いた「フーズ・ソリー・ナウ」を、1958年2月に発売。これが米音楽雑誌『ビルボード』で堂々の第4位を記録。フランシス初のミリオンセラーとなる。勢いを得たコニーは、次に同年の7月「間抜けなキューピッド」を発売。これはビルボード第4位を記録した。11月「マイ・ハピネス」が発売され、これがビルボード第2位という快挙を成し遂げる。1961年1月発売の「ボーイ・ハント」は第4位、62年1月発売の「泣かせないでね」は、堂々第1位の大ヒットとなった。その後「可愛いベイビー」、「ヴァケイション」と立て続けにヒットさせ、元祖“ガールズ・ポップス”の大御所として語られることになった。

ボーイ・ハント(Where the Boys Are)~Connie Francis
「間抜けなキューピッド」同様ニール・セダカから提供された曲。コニーFは同名映画に出演している。当初映画のサウンドトラックで使うオリジナル曲の予定で作られたが採用されず、別途レコーディングされリリースされたものである。営業戦略として6か国語でレコーディングされた。
可愛いベイビー(Pretty little Baby)~Connie Francis
米国ではシングルカットもされなかった曲が日本で空前の大ヒット。最初から日本語盤を投入するという戦略が功を奏した。日本ではレコード各社揃っての競作となった。結果は中尾ミエ盤が定番に。日本語カバー(中尾ミエ、伊東ゆかり、森山加代子、沢リリ子、後藤久美子、山口百恵、テレサテン)
ヴァケイション(VACATION)~Connie Francis
歌詞の中には「砂に書いたラブレター」の歌詞の一部や当時流行していたダンス「マッシュポテト」がちりばめられて、若者に受け入れられやすくなっている。日本では弘田三枝子、青山ミチ、伊東ゆかり、金井克子等多くのカバーが作られたが弘田三枝子盤が20万枚と大ヒット、青山ミチ盤が3万枚であった。
スポンサーリンク

カバーセレクション

Patsy Cline

Patsy Cline Stupid Cupid Live Version 1 1960!!

モーリーン・エヴァンス(Maureen Evans) 英国ウェールズの歌手

Maureen Evans – Stupid Cupid

マンディ・ムーア(Mandy Moore)アメリカの歌手・女優

Stupid Cupid – Mandy Moore



Wanda Jackson

YouTube

パッツィー・クライン(Patsy Cline)

Patsy Cline Stupid Cupid

セリー・キャンペロ(Celly Campello) ブラジルの歌手

ESTUPIDO CUPIDO (STUPID CUPID) CELLY CAMPELLO

テレサテン

(間抜けなキューピット) Stupid Cupid / Teresa Teng

スポンサーリンク



日本のカバー

 日本語カバーはアップされておらず、かなり後になってからのものと思われるキャンディーズ。しかしこれもテープが投げられるという古い時代のもの。どれだけオリジナルは古いか!追記:森山加代子がアップされた。

森山加代子

森山加代子 間抜けなキューピット 1960 / Stupid Cupid

キャンディーズ

キャンディーズ まぬけなキューピット
まぬけなキューピット

あいざき進也

あいざき進也『間抜けなキューピット』




<歌詞>

Stupid Cupid you’re a real mean guy
I’d like to clip your wings so you can’t fly
I’m in love and it’s a crying shame
And I know that you’re the one to blame
Hey hey, set me free
Stupid Cupid stop picking on me

I can’t do my homework and I can’t think straight
I meet her every morning ‘bout half past eight
I’m acting like a lovesick fool
You’ve even got me carrying your books to school
Hey hey, set me free
Stupid Cupid stop picking on me

You mixed me up for good right from the very start
Hey now, go play Robin Hood with somebody else’s heart

You got me jumping like a crazy clown
And I don’t feature what you’re putting down
Well since I kissed her loving lips of wine
The thing that bothers me is that I like it fine
Hey hey, set me free
Stupid Cupid stop picking on me

You got me jumping like a crazy clown
And I don’t feature what you’re putting down
Well since I kissed his loving lips of wine
The thing that bothers me is that I like it fine
Hey hey, set me free
Stupid Cupid stop picking on me

Hey hey, set me free
Stupid Cupid stop picking on me

スポンサーリンク

コメント