坂本九

スポンサーリンク
A--E

悲しき60才(Ya Mustafa)~Dario Moreno、坂本九

原曲の歌詞はアラビア語、フランス語、イタリア語の3か国語が入り混じった多国籍なもの。「ムスタファ)」の意味は、恐らく一人の男性の名前を表しているものと思われる。世界各国で『Ya Mustafa』はカバーされ、様々な言語のバージョンが存在する。日本では60年の坂本九盤がヒット。
A--E(T)

カレンダーガール(Calendar Girl)~Neil Sedaka

カレンダーのピンナップ・ガールのようなセクシーな恋人との明るい恋愛を歌ったもの。あるいは単純に空想の世界での願望としての恋愛感。50年代後半から60年代初めの時代の気分を作品にしたニール・セダカの豊かな感性が素晴らしい作品。
Artist(English)

ステキなタイミング(Good Timin’)~Jimmy Jones

米国ジミー・ジョーンズがソロとして60年2枚目シングル「Good Timin’」が全米3位の大ヒット。当時の日本は坂本九達若者がポップスを日本語で歌うブームの勃興期。TV各局は競って同種番組を作りお茶の間の若者を夢中にさせていた。この曲もオリジナルは知らなくても坂本九で知った者が殆ど。
Artist(English)

花咲く街角(Hats Off to Larry)前編~Kyu Sakamoto

街角男デル・シャノンが「悲しき街角」の大ヒットの余勢で類似のノリノリな曲「花咲く街角」を出し、日本でも坂本九に代表される若き歌手が登場してラジオ・TVで活躍した。米国のヒット曲がすぐに日本語歌詞をつけられてお茶の間で楽しめた時代の幕開けであった。
スポンサーリンク