Paul McCartney

Artist(English)

【蘇る初期の熱気】プリーズ・プリーズ・ミー|ポール・マッカートニー

ビートルズのセカンドシングル「プリーズ・プリーズ・ミー」(1963年1月11日発売)であることは言うまでもない。メンバー4人のうち二人はもう鬼籍に入った現在、活発な音楽活動を続けているのはポールだけになった。中でも2005年全米ツアーは全盛期に匹敵する力強さで必聴に値する。
Artist(English)

【原点はRネルソン】ロンサム・タウン|ポール・マッカートニー

98年亡くなったポールの妻リンダの生前の提案により作られたロックのカバーアルバム「Run Devil Run」に収録された曲。デヴィッド・ギルモア、ミック・グリーン、デイヴ・マタックス、イアン・ペイスなど実力派がバック,を務め、迫力ある演奏とポールの力強いヴォーカルが魅力。キャバーンクラブ(The Cavern Club)
Artist(English)

【名曲】アイソーハースタンディングゼア|ポール・マッカートニー

アイソーハースタンディングゼア。CAVERNクラブ。米国では「抱きしめたい」のB面、全米で14位を獲得。日本では「フロム・ミー・トゥー・ユー」のB面。ビートルズ解散後、各メンバーもライブでこの曲を歌っている。しかし実質的に作者ポールの演奏が素晴らしい。なかでも99年12月英国CAVERNクラブでの演奏はDVDで残されているし、永遠に後世に残されるべき。
A--E(T)

愛なき世界(A World Without Love)|ピーター&ゴードン

当時のビートルズは飛ぶ鳥を落とす勢いで、ボツの曲は気前よく他のアーティストに提供していた。「愛なき世界」も他の人に歌わせることになり1番目に断られ、デビューを控えていた彼らの所へ転がり込んだ。無かったサビの部分もポールに作ってもらい彼らはデビューし全米全英共No.1に
スポンサーリンク