Ray Charles

Artist(English)

ホワッド・アイ・セイ(What’d I Say)|レイ・チャールズ

ダンスパーティで余った時間を埋めるために演奏したのが始まり。ほぼ一つのリフだけが繰り返され、それをレイが艶やかに装飾し、喘ぎ声のやり取りが繰り返されるクライマックスで、女性コーラスがオーガズムへと導く。これはゴスペルの手法を導入したもの。
Artist(English)

アイ・ガット・ア・ウーマン(I Got A Woman)|レイ・チャールズ

レイ・チャールズが神聖なゴスペルを俗世の恍惚の叫びへと変貌させた当初、彼は聖職者から激しい批判を受けた。だが、いったん表舞台に出た音楽は、公民権運動と歩調をあわせ、その成功は人種差別撤廃に向けて大いなる歩みを反映し、その人気は社会変化のイメージをそのまま写しだすまでになった。
P--S

レイ・チャールズ(Ray Charles)|音楽人生のあゆみ

6歳で盲目になり、盲学校で点字を使った楽譜の読み書きを学ぶ。作曲や楽器の演奏にその才能を開花させ、15歳で母親死亡を機に学校を中退しプロとして音楽の道に進む。アトランティックレコードのドル箱から画期的な好条件を提示したABCに移籍。ビートルズは彼に大きな影響を受けた。
スポンサーリンク