Roy Orbison

Roy Orbisonトリビュート

【歴史に残る名演】ブラック&ホワイトナイトライブ|ロイオービソン&フレンズ

<歴史に残る名演ライブを知らない人のための入門編>上品で洗練されたお洒落な大人のロックの神髄、1.R.Orbisonの歌唱の素晴らしさ、2.音楽としての完成度の高さ、3.大物アーティストとの見事なチームワーク、4.Liveを盛り上げた音楽通の聴衆
Artist(English)

オー・プリティ・ウーマン|ロイ・オービソンの代表曲

この曲は64年に全米・全英で1位を獲得している。82年にカバーしたヴァン・ヘイレンのバージョンも全米12位。90年に映画「プリティ・ウーマン」主題歌として使われ再び脚光を浴びる。ロイの英米における存在感の大きさに比べ日本では大きな差があるのは業界の複雑な事情がある。
Artist(English)

ダンス天国|カバー曲12選+日本語カバー3選

ウィルソン・ピケット、ロイ・オービソン、オーティス・レッディング等錚々たる大物がカバーしている。日本ではザ・スパイダース等がカバーした。スコット・ウォーカー少年歌手時代の動画紹介あり。
スポンサーリンク
Artist(English)

【オリジナルは63年の曲】ダンス天国|ウォーカー・ブラザーズ

オリジナルは63年の曲。ウォーカー・ブラザーズとウィルソン・ピケットの他多数のカバーがあり、日本では特に前者の人気が沸騰。来日時は熱狂的に迎えられた。解散後に日本公演のためだけに再結成された。
Artist(English)

【反戦歌】花はどこへ行った|The Kingston Trio

はじめに 世界で最も有名な反戦歌とも言われる。アメリカンフォークの父と形容されるピート・シーガー作詞作曲で彼の代表曲である。「花はどこへ行ったの」と訳されることもある。原題は「Where Have All The Flowers Gone...
Artist(English)

愛しのラナ(Lana)~The Velvets

デビュー後は鳴かず飛ばず。ようやく61年に「夢のお月さま」が小ヒット(全米26位).。ロイ・オービソンから提供されたこの曲は本国ではB面で不発だったが、日本で63年にA面で発売され大ヒットとなった。その後の64年「夢のお月さま」も日本でヒット。
Roy Orbisonトリビュート

歴史に残る名演「A Black & White Night Live」(7)完

作曲家としてのロイ・オービソン、日本上陸は遅かったロイ・オービソン、ロイ・オービソンの声は甘く哀しい、プロデューサーとしてのフレッド・フォスターの功績、第14曲ドリーム・ユー、歌詞、第15曲クローデット、歌詞、第16曲イッツ・オーバー、歌詞、第17曲オー・プリティ・ウーマン、歌詞、
Roy Orbisonトリビュート

歴史に残る名演「A Black & White Night Live」(6)

エルヴィスと同時期デビューのロイ、第11曲キャンディ・マン、Bonnie Raitt、歌詞、第12曲ダウン・ザ・ライン、ジェリー・リー・ルイス、ホリーズ、リッキーネルソン、Buddy Holly、歌詞、第13曲ミーン・ウーマン・ブルース、エルヴィス 、ジェリー・リー・ルイス、Dion、Carl Perkins / Eric Clapton、ポール・マッカートニー、Cliff Richard、Sylvie Vartan、歌詞
Roy Orbisonトリビュート

歴史に残る名演「A Black & White Night Live」(5)

再び表舞台へと再評価の足音が聞こえてくる、1本の電話から動き出したオービソンの運命、第8曲アップタウン、Ian Crawford、第9曲イン・ドリームス、Raul Malo、第10曲クライング、Don Mclean、k.d.Lang、Del Shannon、Bobby Vinton、Jay and The Americans、Rebekah Del Rio、Dion、Dean Ray
Roy Orbisonトリビュート

歴史に残る名演「A Black & White Night Live」(4)

デビューから長い苦闘時代、ミステリアスな外見と伝説のスーパースター、ロイを襲った信じがたい悲劇の連続、再婚、第4曲ザ・コメディアンズ、エルヴィス・コステロのオリジナル、第5曲ウービィ・ドゥービー、サン・レコードのバージョン、CCR、John Fogerty、第6曲リーア、Chris Isaak、第7曲ランニング・スケアード、Jeff Lynne、デル・シャノン、Benny Mardones、The Fools、
スポンサーリンク