スポンサーリンク

サークル・ゲーム(The Circle Game)~Buffy Saint-Marie

A--E
スポンサーリンク

はじめに

 学園紛争を舞台にした70年カンヌ映画祭審査員賞を受賞した映画のテーマ曲。

 この歌を作ったのは「青春の光と影」のジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)。

 カナダのマニトバ大学のフォーククラブを不文律で21歳で「卒業」するニール・ヤングのためにミッチェルがプレゼントしたのがこの「サークル・ゲーム」。

 そして映画「いちご白書」の挿入歌を歌ったバフィー・セントメリーもアメリカ原住民(インディアン)の血を引くカナダ人。即ちカナダのフォーク歌手の彼らは「サークル・ゲーム」でつながっている。

 バフィー・セントメリーは41年カナダのインディアン居留地に生まれる。

 小さい頃からピアノとギターを独学で学び、マサチューセッツ大学卒業後、フォーク歌手活動をし64年にアルバムIt’s My Wayでデビューした。

 また彼女はソングライターとしてもエルヴィス・プレスリー、バーブラ・ストライサンド、ジャニス・ジョプリンなどが歌った「別れの時まで(Until It’s Time For You To Go)」やベトナム戦争帰還兵の傷ついた心を歌ったドノバンの「ユニバーサル・ソルジャ(Universal Soldier)」などを作った。

 一方ベトナム反戦運動やアメリカ原住民解放運動に熱心だったためアメリカ政府の危険人物リストに載り、彼女のレコードは発禁処分を受けた。

 音楽、アート、教育を通してネイティブ・インディアンへの理解を深める社会活動行ってきたことに対してカナダだけでなく、フランスやイギリスからも数々の賞を贈られている。

 この曲はテンポの良いポップソングだが、どことなく切ないメロディである。歌詞の内容を吟味すると死生観が背景にあるのが原因かもしれない。ここの対訳が参考になる。

<削除された>

スポンサーリンク

 今回この曲を取り上げた理由は「サークル・ゲーム」の音楽としての魅力だけではない。映画「いちご白書」のオープニングと悲劇的なエンディングにこの曲が流れた。

 映画そのものも手放しで面白いというものでもなかった。だがラスト近く学生達が封鎖占拠した体育館の床を手で叩きながらジョン・レノンの「平和を我等に」を全員で歌うシーンはそれ以来忘れることは無かった。

 その後警官隊と州兵が学生をごぼう抜きにする悲劇的なラストシーンでもこの曲が静かに流れる。

 この映画はそれほど大きなヒットではなかったから時間と共に忘れられる作品だと思っていたら、ユーミンの「いちご白書をもう一度」という曲が我々世代のノスタルジック感をくすぐってヒットし、もう一度僕たちの前に再登場することとなった。

 しかしユーミンの曲を歌ってる人も「いちご白書」が映画の題名であることや、その背景なんて全く知らないというのが普通の姿になってしまった。

 フランスでは五月革命のカルチェ・ラタン、中国の文化大革命、ベトナム反戦運動、70年安保などが世界で複雑に絡みお互いに影響を与えながら動いていた世相の真っ只中にいた者にとっては決して捨て去ることの出来ない大切なほろ苦い思い出である。

当時の世相を象徴する曲を聞いてみる

オリジナル

Buffy Saint-Marie

サークル・ゲームThe Circle Game/バフィー・セントメリーBuffy Sainte-marie

スポンサーリンク



映画のテーマとして使われてこの曲の重みが一変

「いちご白書」のテーマとして使われた

西田ひかる

YouTube

アグネス・チャン(陳美齢/Agnes Chan)

Agnes Chan 陳美齡 アグネス・チャン The Circle Game
スポンサーリンク

映画「いちご白書」The Strawberry Statement

いちご白書

バンバン 「いちご白書」をもう一度

ばんばひろふみ「いちご白書をもう一度」

TVライブ

https://www.youtube.com/watch?v=rOpUSGjra2I
スポンサーリンク



<歌詞>

Yesterday a child came out to wonder
Caught a dragonfly inside a jar
Fearful when the sky was full of thunder
And tearful at the falling of a star
Then the child moved ten times round the seasons
Skated over ten clear frozen streams
Words like, when you’re older, must appease him
And promises of someday make his dreams
And the seasons they go round and round
And the painted ponies go up and down
We’re captive on the carousel of time
We can’t return we can only look behind
From where we came
And go round and round and round
In the circle game

Sixteen springs and sixteen summers gone now
Cartwheels turn to car wheels thru the town
And they tell him,
Take your time, it won’t be long now
Till you drag your feet to slow the circles down
And the seasons they go round and round
And the painted ponies go up and down
We’re captive on the carousel of time
We can’t return we can only look behind
From where we came
And go round and round and round
In the circle game

So the years spin by and now the boy is twenty
Though his dreams have lost some grandeur coming true
There’ll be new dreams, maybe better dreams and plenty
Before the last revolving year is through
And the seasons they go round and round
And the painted ponies go up and down
We’re captive on the carousel of time
We can’t return, we can only look behind
From where we came
And go round and round and round
In the circle game

スポンサーリンク

コメント