スポンサーリンク

ゲーム・オブ・ラブ(The Game Of Love)~Wayne Fontana & The Mindbenders

Artist(English)
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

 ウェイン・フォンタナ&ザ・マインドベンダーズはリーダーでヴォーカリストのウェイン・フォンタナ(Wayne Fontana)が61年にイギリスのマンチェスターで結成したザ・ジェッツというバンドが始まりでメンバーチェンジを繰り返しながら63年にエリック・スチュワート(Eric Stewart)が加わりマインドベンダーズと名乗ってマンチェスターを中心に活動していた。

 同年にフォンタナからHello Josephineという曲でデビューを果たしている。

 ちなみにウェイン・フォンタナのフォンタナはエルヴィス・プレスリー初期のバックバンドのドラマーD.J.Fontanaからとったもので、レコード会社の名前とは無関係である。

アメリカ盤、一番右がウェイン・フォンタナで、一番左がエリック・スチュワート
日本発売盤ジャケット

スポンサーリンク



グループの生い立ち

 ウェイン・フォンタナのステージネームでバックバンド「ジェッツ」を従えて英国各地のクラブに出演していた。このジェッツからベーシストのボブ・ラングのみが加わり、他のグループからエリック・スチュワートとリック・ロズウェルを加えた「ウェイン・フォンタナとマインドベンダーズ」として音楽シーンに登場した。

 この時のメンバーはリーダーでボーカルのウェイン・フォンタナの他にギターのエリック・スチュワート(当時19歳)、ボブ・ラングとリック・ロズウェルの4人であった。

 1963年7月にはフィリップス・レコード傘下のフォンタナ・レコードから

1stシングル Hello Josephine 全英46位 ファッツ・ドミノのカバー
2ndシングル For You,For You チャートインせず
3rdシングル Little Darlin’ チャートインせず
4thシングル Stop,Look And Listen 全英37位 ベン・E・キングのカバー

 という鳴かず飛ばずの状態が続くものの、ビートブーム最高潮にあった64年後半にリリースしたカーティス・メイフィールド作でメジャー・ランスのカバー
「Um,Um, Um,Um, Um,Um(恋のウムウム)」(全英5位)

 に続き、アメリカのソングライター、クリント・バラード・Jの作品
「The Game Of Love」(65年全米1位、全英2位)

でようやくブレイクする。

大ヒットの後が続かなかった

 しかしその後出した2枚のシングル

1965年6月 7thシングル It’s Just A Little Bit Too Late 全米45位全英20位
1965年9月 8thシングル She Needs Love 全英32位

が振るわず、ルックスもよくスター性もあったウェイン・フォンタナは脱退してソロ活動し、マインドベンダーズはメンバーを変えて活動をすることになる。

 ソロシンガーとして独立したウェイン・フォンタナはそのままフォンタナ・レコードに残り、

It Was Easier To Hurt Her 1965年12月 全英35位 ダスティ・スプリングフィールドのカバー
Come On Home 1966年 全英16位 ジャッキー・エドワーズ作
Pamela,Pamela   全英11位 グレアム・グールドマン作

 とそこそこのヒットは出すものの、期待されたほどの活躍ではなかった。それでも売れないながらも70年代まではしぶとくシングルを出し続けた。

 なお彼は現在オールディーズ系のプロダクションを構え、当時活躍したアーティスト達と契約して興行をうっている。




一方のマインドベンダーズは大活躍

 残された地味なメンバーのマインドベンダーズもフォンタナ・レコードに残り、エリック・スチュワートをリード・ボーカルとし、1965年12月トニー・ワイン&キャロル・ベイヤー・セイガー作でパティ・ラベル&ザ・ブルーベルズのカバーとなる

A Groovy Kind Of Love(恋はごきげん) 全米2位全英2位

の大ヒットを出した。しかもこの曲は1980年代にフィル・コリンズもカバーして大ヒットとなった(後述)

 続いて1966年にリリースした同じくトニー・ワイン&キャロル・ベイヤー・セイガー作の2枚のシングル

Can’t Live Without You 全英28位
Ashes To Ashes 全米55位全英14位

がそれなりのヒットとなるものの、その後しばらくはヒットが出なくなった。

 1967年8月リック・ロスウェルが脱退し、ポール・ハンコックが加入。

 1967年9月リリースしたボックス・トップスのカバーシングル「The Letter」(全英42位)ではグレアム・グールドマンをプロデューサーとして迎えた(ジョン・ポール・ジョーンズもアレンジャーとして参加)ことから久々のヒットとなった。

 これがきっかけでグレアム・グールドマンはマインドベンダーズに加入するが、1968年8月にリリースしたグレアム・グールドマン作のシングル「Uncle Joe,The Ice Cream Man」を最後に解散する。

 なお1967年にはLuluの主題歌がNo1になったシドニー・ポワチエ主演の映画「To Sir With Love(いつも心に太陽を)」にダンスバンド役で出演している。

映画「To Sir With Love」予告編

To Sir With Love – Movie Trailer



Wayne Fontana & The Mindbendersの歌声と映像

 さて本題に戻ってこの曲は日本ではそれほどのヒットとはならず、カバーも作られなかったように記憶している。

 ただラジオからは良く流れていたのを聞いていたので覚えている。

Wayne Fontana & The Mindbenders

1965年4月全米1位

Wayne Fontana & The Mindbenders – Game Of Love / Original 45Single 1965 / HD 720p

ライブ映像

Wayne Fontana & the Mindbenders

TV映像

スポンサーリンク

コメント