スポンサーリンク

朝日のあたる家(The House of the Rising Sun)~The Animals

Artist(English)
スポンサーリンク

はじめに

63年イギリスのニューキャッスルで5人で結成されたロックバンドがアニマルズ(The Animals)である。

バンド名の由来で有力なのはライブがあまりにもワイルドだったため観客から「animal!」という声が多くかかったことからメンバー自ら名乗るようになったというエピソード。

65年、68年、83年に来日公演を行っている。

66年には解散し、本拠地をサンフランシスコへ移し「エリック・バードン&ジ・アニマルズ」として再始動している。

数多いヒット曲の中でも最大のヒットがこの曲。アメリカの伝統的なフォークソングをブルース的な解釈でカバーしたもの。

この曲と並ぶアニマルズの代表曲

曲の起源

作者不詳であるが1930年代には原型とみられる録音がいくつか残されている。

現存最古のものはクラレンス・アシュレイ(Clarence “Tom” Ashley)らが1933年に録音しており、アシュレイはそれを祖父から教わったものだという。

その後1941年にウディ・ガスリー、1948年にレッド・ベリー、1960年にジョーン・バエズがレコーディングを残している。

元々はメジャー調だったものを、ジョシュ・ホワイトがマイナー調にアレンジした。アメリカ議会図書館の研究員であったアラン・ロネックスが収集した音源にデイヴ・ヴァン・ロンクがアレンジを加えて自分の重要なレパートリーとしていた。

アニマルズ・バージョン

1964年6月にシングルとしてリリース。同年9月には三週連続1位となった。

原曲の歌詞の女性を男性に変えており、”The House of the Rising Sun”を刑務所もしくは少年院を指すように解釈された。

アレンジはエレキギターのアルペジオが印象的なロック・アレンジを施し「最初のフォーク・ロック」であるとされている。

エリックによればベースになっているのはフォーク・シンガーのジョニー・ハンドルのバージョンという。

アニマルズバージョンのジャケット
日本発売盤ジャケット

The Animals(アニマルズ)

House Of The Rising Sun

スポンサーリンク



ディラン・バージョン

デビュー・アルバム『ボブ・ディラン』(1962年)の中で取り上げ高く評価された。

デビュー前にクラブなどで演奏していた時期からこの曲をレパートリーにしており、1961年9月のニューヨーク・タイムズ紙上コンサート・レビューでは、彼がうなったりすすり泣いたりしながら唄う様子が紹介されている。

ディランのドキュメンタリー映画『ノー・ディレクション・ホーム』(2005年)の中で、デイヴ・ヴァン・ロンクが、この曲をレコーディングする積りだったが、ディランがそのアレンジをコピーし、先にレコーディングされてしまったと発言している。

その後アニマルズのバージョンがヒットすると、聴衆はディランにもアニマルズのようなアレンジで演奏することを求めたため、ディランはコンサートでこの曲を取り上げなくなった。

しかしディラン本人はアニマルズのバージョンを大変気に入っており、彼がロックサウンドを導入するきっかけの一つになったといわれる。

Bob Dylan

Bob Dylan – House of the Risin' Sun (1962)

フリジット・ピンク・バージョン

デトロイトを拠点とするバンド。シングルとして全米7位、全英4位、カナダ3位、西ドイツ1位ノルウェー1位を記録した。1970年5月ゴールドディスクに認定された。サウンドはサイケデリックのスタイルだがメロディーはほぼアニマルズ・バージョンを採用している。

Frijid Pink(フリジット・ピンク)

Frijid Pink – House of the Rising Sun

その他のカバー

The Ventures(ベンチャーズ)

THE VENTURES – The House of The Rising Sun

Santa Esmeralda

Santa Esmeralda – House Of The Rising Sun

leadbelly

leadbelly – house of the rising sun

Joan Baez

Joan Baez – House of The Rising Sun, 1960

Sinead O’Connor

Sinead O'Connor The House Of The Rising Sun

オーディション番組American Idol2011から Haley Reinhart

Haley Reinhart – The House of the Rising Sun (Second Song) – Top 5 – American Idol 2011 – 05/04/11

スポンサーリンク



Nina Simone

NINA SIMONE – The House of The Rising Sun (Best Version) Lyrics

Bon Jovi

Bon Jovi House Of The Rising Sun (live)

Muse

Muse – House of The Rising Sun intro + Time is Running Out live @ Glastonbury 2010

Gregory Isaacs

Gregory Issacs – House of the Rising Sun

日本のカバー

淺川マキ 「 朝日楼 (歌詞付) 」

Maki Asakawa 浅川マキ 「 朝日楼 (歌詞付) 」

ザ・ピーナッツ

ザ・ピーナッツ「朝日のあたる家」



ちあきなおみ

ちあきなおみ 朝日のあたる家 Naomi Chiaki – House of The Rising Sun [Live] 1989

八代亜紀

八代亜紀「The House of the Rising Sun」(LIVE)

浜田真理子 朝日楼

朝日のあたる家(朝日楼) by 浜田真理子

山口百恵

山口百恵 朝日のあたる家

ダニー飯田とパラダイス・キング

ダニー飯田とパラダイス・キング 朝日のあたる家 1964 / The House Of The Rising

モップス

モップス 朝日のあたる家 1970 / House of the Rising Sun

内田裕也

内田裕也 朝日のあたる家(1) 1965 / The House Of Rising Sun

<歌詞>

There is a house in New Orleans
They call the Rising Sun
And it’s been the ruin of many a poor boy
And God, I know I’m one

My mother was a tailor
She sewed my new blue jeans
My father was a gamblin’ man
Down in New Orleans

Now the only thing a gambler needs
Is a suitcase and trunk
And the only time he’s satisfied
Is when he’s on a drunk

[Organ Solo]

Oh mother, tell your children
Not to do what I have done
Spend your lives in sin and misery
In the House of the Rising Sun

Well, I got one foot on the platform
The other foot on the train
I’m goin’ back to New Orleans
To wear that ball and chain

Well, there is a house in New Orleans
They call the Rising Sun
And it’s been the ruin of many a poor boy
And God, I know I’m one

スポンサーリンク

コメント