スポンサーリンク

ライオンは寝ている(The Lion Sleeps Tonight)~The Tokens

Artist(English)
スポンサーリンク

はじめに

関西人なら「それがどないしてん」と突っ込みたくなるようなタイトルだがトーケンズ(The Tokens)が1961年12月18日から3週連続で全米1位を獲得した大ヒット。しかしこの曲はカバー曲で、ここに至るまでかなりの変遷を経ている。

●オリジナルからトーケンズまでの変遷●

①1939年

元はズールー族に古くから歌い継がれてきた民謡であった。結婚式で歌われていた歌だったとかソロモン・リンダが若い頃にライオンの子供を殺した話が元になってるとか諸説があるものの定説はない。オリジナルは1920年代にソロモン・リンダ(Solomon Popoli Linda、男性)が書いたズールー語でライオンを意味する「Mbube(ムブーベ)」で、彼のグループEvening Birdsによる1939年演奏の録音が残っている。これが南アフリカで40年代に10万枚売れるヒットとなった。下記の音源を聞けばわかるように歌詞無しのアカペラ形式の曲であった。これ以後南アフリカでは「Mbube」がアカペラ形式の音楽スタイル全体を総称する言葉となった。なお左端の人物がソロモン・リンダ。

Evening Birds – Mbube

Solomon Linda&The Evening ( The First Version ) – Mbube

②1952年

アメリカの民俗音楽研究家アラン・ローマックス(Alan Lomax)が49年にピート・シーガー(Pete Seeger)に紹介した。シーガー自身のグループ「ウィーバーズ(The Weavers)」は、1年以上この曲をコンサートで演奏した後の1951年11月、原曲のコーラス「uyimbube」(ズールー語で「あなたはライオン」の意味)を聞き違えて曲名を「Wimoweh」としたバージョンを録音した。このSP盤シングルが52年に14位まで上がった。このヒットによりキングストン・トリオなど有名グループにもカバーされた。この段階ではまだ歌詞らしい歌詞はなくアカペラ形式のままである。

The Weavers(ウィーバース) – Wimoweh (前奏が1分10秒超と長い)

Wimoweh by the Weavers 1952

Kingston Trio – Wimoweh(ライブ)

Kingston Trio – Wimoweh (Mbube) LIVE

③トーケンズ前夜

60年代に入ると、イギリスでこの曲はもっとポップにロックンロールっぽく歌われる。まだ英語の歌詞がついていないため何だか訳のわからない言語で歌っている。この頃にはもう原曲の土臭さは消えている。

ダスティ・スプリングフィールドがソロになる前に兄と一緒にグループで活動していた時期のもの。左でコンガを叩いているのが兄。

The Springfields – Wimoweh(61年)

The Springfields – Wimoweh

Karl Denver – Wimoweh

Wimoweh – Karl Denver

スポンサーリンク



● トーケンズの大ヒット ●

こうしてついに1961年白人ドゥーワップ・グループ、トーケンズが「The Lion Sleeps Tonight(ライオンは寝ている)」とタイトルを変え英語詞を加え、洗練されたアメリカン・ポップス曲として大ヒットを飛ばすことになる。

①トーケンズの生い立ち

1955年ニューヨーク・ブロンクスの高校生の同級生で結成されたボーカル・グループ。結成時のメンバーはニール・セダカ(Neil Sedaka)、ハンク・メドレス(Hank Medress)、エディ・ラブキン(Eddie Rabkin)、シンシア・ゾリチン(Cynthia Zolitin).。
ニール・セダカがデビュー曲でリード・ボーカルを務めた後脱退し、ソロシンガー、ソングライターとして大ブレイクしたのは周知の通りである。
この曲が世界的大ヒットとなった61年までには数回メンバーの変遷があり、ハンク・メドレス以外はジェイ・シーゲル(Jay Siegel)、フィル・マーゴ(Phil Margo)ミッチ・マーゴ(Mitch Margo)兄弟の編成であった。
日本ではトーケンズは一発屋と見られているが、米国での実態もそれに近く、この大ヒットに続いて同年「Tonight I Fall In Love」が15位にランクインした以外これといったヒットはない。
むしろ他のアーティストのプロデューサーとしての活躍が有名である。例えばメンバーが作ったレーベルからはハプニングス(THe Happenings)が大量のヒットを放ち、ハンク・メドレスはプロデューサーとしてシフォンズやトニー・オーランド&ドーンの一連のヒットを手がけている。

②曲の洗練・進化

当時RCAのために働いていた作家チーム、ヒューゴ・ペレッティ(Hugo Peretti)、ルイージ・クレアトーレ(Luigi Creatore)、ジョージ・デビッド・ワイス(George David Weiss)によりトーケンズのカバーが企画された。このチームは他にも作詞作曲だけでなく、レコーディング・プロデュースで活躍している。英語の歌詞も完璧なプロの仕事で、アレンジは洗練されたアメリカン・ポップスとなった。またこの曲は新たなタイトルと歌詞がつけられたものの、最初はシングルのB面だった。
この曲の出来栄えにメンバーは最初満足せず、曲のリリースに反対していたといわれる。ところがニュージャージーのあるラジオ局のDJがこの曲を気に入り約一ヶ月間繰り返しオンエアすると、瞬く間にチャートを駆け上り1位になったという。ちなみにバックでソプラノ・ヴォイスを聴かせているのはオペラ歌手のアニタ・ダリアン(Anita Darian)である。

The Tokens – The Lion Sleeps Tonight

The Tokens – The Lion Sleeps Tonight

③繰り返し発売されるトーケンズ盤のカバー

トーケンズ盤が世界的にヒットしたことで、この曲は広く認知されその人気は今も静かに受け継がれているため、数々のアーティストがカバーを繰り返している。

Henri Salvador(1962年フランス語、全仏1位 Le lion est mort ce soir)

Henri Salvador – Le lion est mort ce soir

Robert John(72年全米3位)

トーケンズのメンバーがプロデュースし録音に立ち会っている。日本でもオリコン上位になった。

Robert John – The Lion Sleeps Tonight

Dave Newman(72年全英34位)

Dave Newman – The Lion Sleeps Tonight



Tight Fit(82年全英1位)

Tight Fit – The lion sleeps tonight 1982

Pow woW(83年 全仏1位)

Le Lion est mort ce soir – Solomon Linda/Version du groupe Pow Wow

朝倉紀幸&GANGーライオンは起きている(82年日本18位)

ビートたけし主演のTBS系ドラマ「刑事ヨロシク」のテーマ

ライオンは起きている

④映画の主題歌に使われる

1994年ディズニーのアニメ映画「ライオン・キング」ではトーケンズ版がほとんどそのまま使われた。この時トーケンズのシングルは再リリースされ、51位まで上昇した。

The Lion King – The Lion Sleeps Tonight ’94年

The Lion sleeps tonight




●アフリカで土臭さを残したMbubeとしてのカバー●

Mahotella Queens – Mbube

Mahotella Queens – Mbube

Miriam Makeba – Mbube

Miriam Makeba – Mbube

●印税紛争●

これら一連の曲はオリジナル作者のソロモン・リンダに殆ど印税が渡っていない。51年のウィーバーズでの発売時、彼らのマネージャー達がPaul Campbellという架空の作者名をでっち上げ、自作曲として勝手に著作権を登録したのだ。
そして曲の権利争いは赤貧のうちにソロモンが死んだ1962年以後も現在まで続いている。その後もこの曲のカバーは相次ぎディズニー映画「ライオン・キング」にも使用され莫大な印税が発生したものの、その内のわずかしか遺族にわたっていなかった。ピート・シーガーは最初に自分が十分チェックしなかったことを後悔し、生前のソロモンにいくらか送金していたという。2004年ソロモンの遺族はディズニーに対する訴えで莫大な金を手にした。同様に2006年にアメリカの出版社を訴え現在も継続中という。

●今もなお愛され続ける

ウィーヴァーズが再結成されてカーネギーホールでコンサートをしたり、トーケンズが2008年にライブを行った映像がある。60年代当時の映像と比べてみると面白い。

Weavers (Re-union) – Wimoweh

Weavers (Re-union) – Wimoweh

The Tokens – 2008

The Tokens – The lion sleeps tonight 2008

ビリー・ジョエル&ジミー・ファロン Billy Joel and Jimmy Fallon – The Lion Sleeps Tonight

TV番組「ザ・トゥナイト・ショー」でiPadアプリを使って二人でループさせ見事なハーモニーを聞かせている。

Billy Joel and Jimmy Fallon Form 2-Man Doo-Wop Group Using iPad App

<歌詞>

(A-weema-weh, a-weema-weh, a-weema-weh, a-weema-weh)
(A-weema-weh, a-weema-weh, a-weema-weh, a-weema-weh)

In the jungle, the mighty jungle
The lion sleeps tonight
In the jungle the quiet jungle
The lion sleeps tonight

Near the village the peaceful village
The lion sleeps tonight
Near the village the quiet village
The lion sleeps tonight

Hush my darling don’t fear my darling
The lion sleeps tonight
Hush my darling don’t fear my darling
The lion sleeps tonight

スポンサーリンク

コメント