スポンサーリンク

男が女を愛する時(When A Man Loves A Woman)~Percy Sledge,Michael Bolton

Artist(English)
スポンサーリンク

はじめに

スポンサーリンク

 ソウルシンガーの一発屋パーシー・スレッジ(Percy Sledge)がデビューシングルとして放った66年ポップスチャート1位の曲。原題は「When A Man Loves A Woman」

 1966年4月にシングルリリースされ、5月28日に全米1位を獲得し、2週連続で1位にとどまった。イギリスでは同年6月4位を獲得した。

 

 

 

 発売元のアトランティック・レコードでは初のゴールドディスクとなった伝説のヒットソングである。

 この曲は様々なアーティストによってカバーされ続け、91年にはマイケル・ボルトンがシングル・チャート1位を獲得している。

 パーシー・スレッジのバージョンは94年の映画「男が女を愛する時」ではタイトル・ソングとして使われ、CMでも度々使われている。

映画 男が女を愛する時 When A Man Loves A Woman (1994) | That's Movie Talk!
噛み合わない気持ちに苦悩しながら家族の幸せを模索する夫婦を描く、監督ルイス・マンドーキ、主演アンディ・ガルシア、メグ・ライアン、エレン・バースティン他共演による感動のドラマ。

 実はこれ以前にパーシー・スレッジのバージョンは映画「クライング・ゲーム」にも使われていたことは、あまり知られていない。この映画は好きになった女が実は男だったという話。



Percy Sledge(パーシー・スレッジ)

 1940年11月25日(長らく1941年生まれとされてきたが訂正された)アラバマ州レイトンで生まれた。幼い頃からラジオでカントリーミュージックを聴きながら育ち、21歳になるまでプロの黒人歌手がいる事を知らなかったという。

 高校時代には野球の才能を開花させ、選手として活躍していた野球少年であった。しかし卒業後はブルーカラーの仕事をしていた。

 そして1965年の終わり頃、彼に二つの不幸が訪れる。ある日突然、働いていた職場から解雇を言い渡され彼は職を失ってしまう。さらに、当時交際していた女性がモデルを夢見てカリフォルニアに旅立ってしまい、彼は捨てられた格好となった。

デビューまで

 職も恋人も失ってしまった彼は、悲しみに暮れながらも”溢れる気持ち”をノートに書き留めて、浮かんできたメロディに乗せてみたという。曲の原型が出来た時のタイトルは「Why Did You Leave Me,Baby?」だったという。

 その後アラバマ州シェフィールドの病院で雑用の仕事をするようになった彼は、患者を慰めるために歌うようになる。そして週末にはThe Esquires Comboという地元のグループと共に小さなクラブでも歌い始めた。

 やがて25歳になった彼に転機が訪れた。病院で歌っている彼の評判を地元の音楽プロデューサー、クイン・アイヴィー(Quin Ivy)が聞き、彼に声をかけてきたのだ。

 クインはメンフィスでDJの仕事をしながら、マッスル・ショールズ・スタジオ(ローリング・ストーンズやボブ・ディランなど一流ミュージシャンを虜にし、数々の名盤を生み出した伝説的スタジオ)の創設者であるリック・ホール(Rick Hall)に雇われてソングライターの仕事もしていた多才な男であった。

スポンサーリンク




 クインの紹介で、彼は大手レコード会社アトランティックのオーディションを受けるチャンスを掴み、その誠実な人柄が認められ契約を交わすこととなった。レコーディングの選曲された歌が、あの失意の時期に紡いだ「Why Did You Leave Me,Baby?」だった。

 実体験に基づいて書かれた失恋の歌は、クイン・アイヴィーが歌詞を推敲するよう指示して、新たに「When A Man Loves A Woman」というタイトルに生まれ変わり、たった数週間でレコーディングの準備が整えられた。

 そして1966年2月、いよいよ録音のために、リック・ホールからプロデューサーでギタリストでもあるマーリン・グリーンを紹介してもらい、マッスル・ショールズ系の優れたミュージシャンが集められた。
スプーナー・オールダム(Spooner Oldham)  Organ
マーリン・グリーン(Marlin Greene)  Guitar
アルバート・ジュニア・ロゥ(Albert Junior Lowe)  Bass
ロジャー・ホーキンス(Roger Hawkins)  Drums

 実はレコーディング当日ギリギリまで、この曲の歌詞は完成しておらず、パーシーがアドリブで言葉を乗せながら歌っていたという。

 手練れの演奏者たちによって誕生した入魂の一曲は、完成と同時に関係者の誰もがヒットを確信したという。

 作詞・作曲者としてクレジットされているカルヴィン・ルイスとアンドリュー・ライトは、スレッジがソロ・デビュー前に在籍していたグループ、The Esquiresのメンバーであり、律儀で誠実なスレッジはアレンジに手を貸してくれた2名にクレジットを譲ったという。本当の作詞作曲者である彼の名前がクレジットされていないのは、そういった経緯からであった。

パーシーの無欲な人柄

 こうして彼は、億単位の印税収入を手にすることなく、有名になっても南部人らしい地に足のついた生活を送っていたという。

 楽曲の著作権について、彼は後日談でこんなことを語っている。

「本当はちょっと後悔しているよ」
「あの曲の権利を持っていたら、子供にもう少しいい暮らしをさせてやれたと思うから・・・」

 彼はいつも和やかに微笑んでいたという。

 2015年肝臓がんのため74歳で永眠。

スポンサーリンク

パーシーの歌声と映像

Percy Sledge(パーシー・スレッジ) オリジナル音源

Percy Sledge – When a Man Loves a Woman (1966)

TV番組のスタジオライブ

Percy Sledge – When A Man Loves A Woman (Live)




CMに使われている

Levi’s 1987 Parting(Percy Sledge – When a man loves a woman)

約20年の歳月を経て、イギリスで1987年にジーンズブランド”Levi’s(リーバイス)”のCMソングに起用され全英2位を記録した。

Andrew Castell in Levi's 1987 Parting Percy Sledge When a man loves a women

コスモ石油のCM 1986年

1986年 コスモ石油 CM(誕生篇・30秒)

スポンサーリンク



<歌詞>

When a man loves a woman
Can’t keep his mind on nothing else
He’ll trade the world
For the good thing he’s found
If she’s bad he can’t see it
She can do no wrong
Turn his back on his best friend
If he put her down

When a man loves a woman
Spend his very last dime
Trying to hold on to what he needs
He’d give up all his comfort
Sleep out in the rain
If she said that’s the way it ought to be

Well, this man loves a woman
I gave you everything I had
Trying to hold on to your precious love
Baby, please don’t treat me bad

When a man loves a woman
Down deep in his soul
She can bring him such misery
If she plays him for a fool
He’s the last one to know
Loving eyes can’t ever see

When a man loves a woman
He can do no wrong
He can never own some other girl
Yes when a man loves a woman
I know exactly how he feels
‘Cause baby, baby, baby, you’re my world

When a man loves a woman

(2/2ページに続く)

(2/2ページ)男が女を愛する時(When A Man Loves A Woman)~Percy Sledge,Michael Bolton
マイケル・ボルトン91年全米1位グラミー賞、ベット・ミドラー80年全米35位、Esther Phillips、Eddie Harris、Karen Dalton、オーティス・レディング、David Foster、レイモン・ルフェーブル、西城秀樹、RCサクセション、歌詞
スポンサーリンク

コメント