スポンサーリンク

愛はどこへ行ったの(Where Did Our Love Go)~ザ・スプリームス(The Supremes)

Artist(English)
スポンサーリンク

はじめに

原題は「Where Did Our Love Go」で64年にThe Supremesが初めて全米1位を獲得した曲である。

The Supremesはこれ以後「ストップ・イン・ザ・ネイム・オブ・ラブ」等続々と全米1位の曲を送り出し、ザ・ビートルズに対抗出来る唯一のグループとまで言われた。

 

グループ名の表記

日本では当初”シュープリームス”と表記されていたが、近年は米音に近づけて”スプリームス”と表記されることが多い。しかし正確には”ザ・スプリームズ”である。本文では”ザ・スプリームス”を使用する。

グループの結成とデビュー

1959年ザ・プライメッツ(The Primettes)として結成された。その時のオリジナルメンバーは、
ダイアナ・ロス、
メアリー・ウィルソン、
フローレンス・バラード、
ベティ・マグロウン
の4人。

まもなくベティが抜けて、バーバラ・マーティンに替わり、さらにそのバーバラもデビュー目前に結婚の為やめた。こうして、オリジナルの3人になった。

結成当時連日モータウン・レコードに通い詰めて毎度断られても諦めずに通ったおかげで、少しずつ仕事が貰えるようになった。

その結果マービン・ゲイのレコーディングに参加できるようになった。仕事といっても「手拍子」するだけの仕事だったが、レコーディングに参加できるだけで満足していた。

やがて1960年ザ・プライメッツ名義で「Tears Of Sorrow/Pretty Baby」 のデビュー・シングルを出したがヒットはしなかった。A面はダイアナ、B面はメアリーがリード・ボーカルであった。

1961年グループ名を”ザ・スプリームス”と変更してモータウン・レコードと契約する。ところが変更してもなんら変化はなく、一番ヒットしたのは1963年に発売した「When The Lovelight Stars Shining Through His Eyes(恋のキラキラ星)」(全米23位)だった。この頃は大したヒットも無かったので”No Hit Supremes”と呼ばれていたという。



突然の大ブレイク

彼女らの下積み生活も1964年になって事態が一変することになる。

それはモータウン・レコードの社長ベリー・ゴーディ・ジュニアの強力なプッシュを受け、売れっ子最強ヒットメーカーH-D-Hチーム(エディ・ホーランド、ラモンド・ドジャー、ブライアン・ホーランド)の作曲・プロデュースを受けることになって始まった。

1964年に吹き込んだ「Where Did Our Love Go(愛はどこへ行ったの)」が1964年8月1日付で5位にランクされ、その3週間後になんと全米1位になってしまった。

この大ヒットをきっかけに5曲連続全米1位の前代未聞の大進撃が始まった。これがこの年にアメリカ・デビューしたザ・ビートルズと対抗できるのは彼女らしかいなかったと言われる所以である。

この曲は足拍子(手拍子ではない)のアンサンブルで始まるといった意外性のアイデアも秀逸である。

この曲のメロディは出だしの「ベイビー、ベイビー」以下下降して上昇するというパターンで出来ている。メロディの原型は「ベイビー」という一つの単語を二度繰り返すところに出ている。驚くべき単純さをダイアナ・ロスが万感を込めて発声し歌いだすことで、冒頭数小節で勝負を決める狙いが当たった。

この曲はザ・マーベレッツが歌うはずだった

この曲は当初ザ・マーベレッツが歌う予定であった。しかしメンバーの一人がこんな屑歌は歌えないということで、スプリームスにお鉢が回って来た。

断られた歌を歌うというのは抵抗があったものの、デビューしたてのグループだから断れるはずもなく、嫌々歌ったら大ヒットという思いがけない結果になった。

スポンサーリンク



ザ・スプリームスの歌声と映像

The Supremes(ザ・スプリームス)のスライドショーが充実

The Supremes Where Did Our Love Go

パリのシャンゼリゼ通りの車道で歌いながら歩いてる

The Supremes – Where Did our Love Go

Ready Steady Go – 1965

当時のファンの熱狂ぶりがよくわかる

The Supremes – Where Did Our Love Go (Ready Steady Go – 1965)

カバー・セレクション

The Lettermen(レターメン)

The Lettermen – Where Did Our Love Go (1971)

Sinitta

Sinitta – Where Did Our Love Go (Video)

スポンサーリンク



Soft Cell

Soft Cell – Where Did Our Love Go

Peggy March 1985

あのペギー・マーチと同一人物なのだろうか?

Peggy March – Where did our Love go – Na sowas extra – 1985

Manhattan Transfer 1978

Manhattan Transfer: "Where Did Our Love Go?" (UK, 1978)

J.Geils Band

J. Geils Band – Where Did Our Love Go (Studio Version)
スポンサーリンク

コメント